シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • FOOD
  • フランスの母の味!お肉とじゃがいものアッシュ・パルマンティエ

FOOD

フランスの母の味!お肉とじゃがいものアッシュ・パルマンティエ

Pocket

フランスの母の味!お肉とじゃがいものアッシュ・パルマンティエ

先日、ポトフのレシピをご紹介いたしましたが、大きなお鍋にまとめて作っておけば数日楽しめるポトフは忙しいときにもおすすめのメニューです。とはいえ、何日も食べていると飽きてしまうのも正直なところ。

今回は、ポトフの残ったお肉を利用して作るアッシュ・パルマンティエを紹介したいと思います。

アッシュ・パルマンティエとは、細かく切ったお肉をじゃがいもと一緒にオーブンで焼き上げた料理です。

アッシェとは、細かく切る(みじん切り)の意味。パルマンティエはフランスの農学者の名前です。フランスで一般の人にじゃがいもを広めた人物で、じゃがいもを使った料理をパルマンティエ風と言うそう。

フランスのお母さんの知恵が詰まった心もあたたまるお袋の味です。

 

ポトフを翌日アレンジ!アッシェ・パルマンティエ

【材料】(4人分)

SONY DSC

  • ポトフの残りの肉:300~400g ※牛ひき肉(赤身)でもOKです。
  • 玉ねぎ:1/2個
  • にんじん:1/2本
  • セロリ:1/3本

 

  • <a>
  • トマトペースト:大さじ2
  • ナツメグ:少々
  • 塩:小さじ1~2
  • こしょう:適量

 

  • オリーブオイル:大さじ または、バター:大さじ1

 

  • <じゃがいものピューレ> ※以前紹介したマッシュポテトでもOKです。
  • じゃがいも:4個
  • 牛乳:1カップ
  • バター:大さじ1
  • 塩:小さじ1

 

  • グルエールチーズ:大さじ1~2 ※パルメザンチーズやピザ用チーズでも可。

 

【作り方】

1.野菜を切ります。

_02

野菜をみじん切りにします。

 

2.肉をほぐします。

SONY DSC

ポトフの残りの肉は手でほぐしておきましょう。牛ひき肉を使用する場合は、そのままでOKです。

 

3.野菜を炒めます。

SONY DSC

フライパンにオリーブオイル(またはバター)を入れ、[1]の野菜を炒めます。

_05

おいしそうな匂いがしてきたら<a>を入れ、肉を入れさらに炒めましょう。全体になじんだところで火を止めます。途中、水分が足りないようなら水を入れてもよいです。

 

4.じゃがいものピューレを作ります。

じゃがいもを洗い、皮ごと茹でます。

SONY DSC

茹で上がったら皮をむき、つぶします。今回はマッシャーを使用しましたが、フォークを使用しても作れます。

_07

鍋に戻し、バター、牛乳、塩を入れ混ぜ合わせ、弱火に。あたたまったら火を止めます。

SONY DSC

お好みでグリエールチーズを混ぜてもよいです。

 

5.耐熱容器に入れます。

SONY DSC

耐熱容器に[2]の具材、その上に[3]のじゃがいものピューレを敷きます。

SONY DSC

グリエールチーズを上から振ります。

 

6.オーブンで焼きます。

[5]を200℃のオープンで10~15分くらい焼き色がつくまで焼き、焼き上がったら完成です。

SONY DSC

味のついたひき肉は多めに作って冷凍保存しておくと便利です。オムレツの具にしても◎。じゃがいものピューレをかぼちゃに変えたりして、アレンジするとバリエーションが増えますよ。

SONY DSC

大人の方は赤ワインなどのお酒といただいてもおいしくいただけますし、じゃがいものピューレがマイルドな味わいなのでお子様にもおすすめです。

簡単でおいしいフランスのお袋の味、アッシュ・パルマンティエ。ぜひ、お試しください。

 

■一緒に読みたい記事

分量は適当でOK!?キッシュはフランスマダムの味:【とのまりこのパリライフ!】

フレンチの定番&万能付け合せ!マッシュポテトとキャロットラペのレシピ

夏野菜をまだ楽しもう!フランスの常備菜ラタトゥイユのレシピ

フランスの母の味!お肉とじゃがいものアッシュ・パルマンティエ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP