シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • 魅惑の赤いソール!クリスチャン・ルブタンのフランス初個展

PARIS

魅惑の赤いソール!クリスチャン・ルブタンのフランス初個展

Pocket

魅惑の赤いソール!クリスチャン・ルブタンのフランス初個展

クリスチャン・ルブタン氏といえば、赤いソールが印象的なフランスの靴デザイナー。そんな彼の30年に渡るキャリアを紐解く個展がパリで開催されました。

ルブタンにとってフランス初となる個展。楽しみにしていた記念となる個展だったので、ロックダウン前に行ってきました。前回の『Harper’s Bazaar展』に引き続き、会場の様子をレポートします。

 

会場はルブタン縁の宮殿

展覧会が開催されている場所は、パリ東部・ヴァンセンヌの森に接するポルト・ドレ宮。1931年に建造され、その後アフリカ&オセアニア博物館だったアール・デコ様式が魅力的な建物です。この近くに住んでいたルブタン少年は、ここによく通っては多民族文化に触れたり、水族館によく足を運んでいたそう。彼はこの宮殿を自身初の個展の場として選びました。

展覧会場に入るとまず展覧会タイトルが目に飛び込んできます。それは2つの言葉を掛け合わせたユニークなもの。「ただの展覧会(Exhibition)ではなく、もっと(Niste)!」というクリスチャン・ルブタン氏の想いが詰まったタイトルに期待が高まります!

プロローグ部分では、部屋中を埋め尽くす真っ赤な木型がお出迎え。すごい迫力です!その後「はじめに、よくこのデッサンがある。そして、すべてがこのデッサンから始まったんだ…」と書かれた看板がありました。

かつてこの宮殿のエントランスに置かれていた看板だそうで、ルブタン少年には大変印象的だったとか。これがきっかけで、彼は靴の世界に入っていくのです。

 

驚きの素材も!ルブタンの作品ヒストリー

最初の空間は、『Early Years.』。 初期の歴史に残る作品を見ることができます。この部屋を囲むステンドグラスは、今回のために技術力の高い職人に特注で作ってもらったもの。モチーフの靴がまるで女神のように描かれています。

こちらは1987年に製作されたルブタンの歴史の幕開けとなる作品。本物の鯖の皮で作られ、作品ポートレートは水族館で撮影されたというエピソードが!

これは1991年秋冬に初コレクションとして発表された『LOVE』。「VOGUE」でセンセーショナルに取り上げられました。フラットなのにインパクトがあってとても綺麗ですね。

1993年の作品『Pensée (すみれ)』は、ポップアートにインスパイアされて生まれたもの。歩くとヒールですみれ形が刻まれるというユニークな仕掛けが。この時から赤色のソールが登場しました。

 

シューズ界のエポックメイキングとなったルブタンの功績

ルブタンといえば美しいピンヒール。この展示は「どのサイズの靴も同じ影(シルエット)にならなければ、それは完璧な美ではない」とさまざまなサイズの靴を影絵で表現しています。

そしてルブタンの代名詞である、世界的に有名な真っ赤なソール。赤いライティングで妖艶な演出がされていました。

2006年にヌードカラーの靴を発表したルブタン。肌色に近いベージュのヒールを採用することで足が長くなることを提案しましたが、人の肌色はいろいろあることに気づき、5色展開としたことで話題を呼んだそうです。

 

映画界の奇才ともコラボレーション!

私がとても気に入ったコーナーが『アトリエ』です。ルブタン本人が小人となり、100近くもある靴作りの工程を、高い技術を持った職人とコラボしていく様子をユーモア溢れる画像で説明しています。本当にかわいくておもしろくて、何度も見直してしまいました。

こちらは靴作りの第1ステップ。素材を立体から平面にし、素材を切っていく作業です。

パーツを切ったら革とサテン地を縫い合わせていきます。そこにも、ルブタン氏の影なる努力が垣間見れました。

『アトリエ』が終わると、次は『歩くだけではないヒールの存在』の展示コーナーへ。多様でアーティスティックなアプローチが、ちょっとセクシーに展開していきます。

なかには映画監督デヴィッド・リンチとのコラボで撮影された写真の展示もありました。歩くための道具だけでない靴の魅力が、アート作品としてたくさん紹介されています。

バイオグラフィーコーナーでは、彼の略歴をアルバム仕立てで見ることもできました。人との出会いや時代の流れの中での変化が見られます。

若くてファッション好きなパリジェンヌが多い展覧会でしたが、みんなヒールをはいていない(笑。もちろん、私も!)それでも展覧会は大盛況でしたから、靴は人の心を掴んでしまう魅力溢れるアイテムなんだと再確認。

2月末から開催されていた展覧会ですが、現在は休止中。再開後は、再び会期延長になることを願っています。

 

 

  • ◼️施設情報
  • Palais de la Porte Dorée
  • 住所:293, avenue Daumesnil 75012 Paris
  • メトロ:8番線 Porte Dorée駅 (ポルト・ドレ)
  • トラム:T3線
  • HP:https://www.palais-portedoree.fr/node/88825
  • ※現在臨時休業中です。再開情報などはHPを確認してください。

 

 

■一緒に読みたい記事

パリにアートが帰ってきた!モード誌の歴史を学ぶ展覧会

ブルゴーニュで見つけたちょっと変わった乗り物博物館

パリのマルシェが戻ってきた!ロックダウン緩和後、日常を取り戻しつつあるパリ

 

魅惑の赤いソール!クリスチャン・ルブタンのフランス初個展

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram

POPULAR POST

人気の記事

PAGE TOP