シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • BREAD
  • 東日本橋のパン屋『ビーバーブレッド』で出会ったユニークでリッチな日本風パン

BREAD

東日本橋のパン屋『ビーバーブレッド』で出会ったユニークでリッチな日本風パン

Pocket

東日本橋のパン屋『ビーバーブレッド』で出会ったユニークでリッチな日本風パン

東日本橋駅から徒歩5分の距離に、朝早くからたくさんの人が焼きたてパンを求めて足を運ぶ、小さなパン屋さんがあります。その名も『BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)』。

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)の外観

グレーのタイル調の外壁には、バゲットを抱えたビーバーのイラストが描かれたパン窯用のスコップが掛けられていました。

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)の看板

目立った看板や告知はなくとも、絶え間なくお客さんが出入りしていました。

 

“町のパン屋さん”として問屋街・東日本橋で開店

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)の割田健一さん

『ビーバーブレッド』を立ち上げたのは、長年、銀座の有名ブーランジェリーでシェフを務めたカリスマシェフの割田健一さん。ビビッドなピンク色のエプロンで出迎えてくれた割田さんに、このお店を構えた経緯を伺いました。

「東日本橋の街は、問屋街とオフィス、住宅地という3つの顔を持つめずらしいエリアです。しかしパン屋さんがほとんどないという情報を知人から聞かされ、それならばこの街に住む人、働く人が気軽に足を運べるような“町のパン屋”を作ろうと思ったんです」。

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)の内観

2017年11月のオープンから約半年が経ち、午前中やお昼時には近隣の会社員が、午後には子育て世代の女性がベビーカーを押しながら来店するなど、町のパン屋として幅広い客層に親しまれています。中には、「ビーバー前で集合」と待ち合わせをするお子さん連れのママたちもいるそう。地元民のランドマークとして早くも定着しているようです。

 

定番の日本風パンにひと工夫。ユニークなアイデアパンが勢ぞろい

店内に並ぶ約40種類のパンは、メロンパンやクリームパンなどオーソドックスなものが多いのですが、パンの名前を表示したタグをじっくり見てみれば、「カカオニブメロン」「クリームパン+リコッタ」など、他のパン屋ではなかなかお目にかかれない食材が、日本風パンにアレンジされていることに気がつきます。

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)のパン

「日本人に馴染み深いパンを現代風にアレンジしました。パンの新しい一面を見せられればと思い、メニューを考案しています」と割田さん。

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)のパン

見た目は受け入れやすい形、でも中身はひと工夫したというアイデア溢れるパンたち。

「フランス・ブルターニュ地方の伝統菓子だったクイニーアマンが、パリでもポピュラーになっていったように、新しい素材との組み合わせが楽しめるパンも、ここ『ビーバーブレッド』から広がって、親しんでもらえればうれしいです」。

そう話す割田さんの思いとこだわりがぎゅっと詰まったパンが、訪れる人を温かく迎えます。

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)の「カカオニブメロン」

人気の「カカオニブメロン」の表面には、まるでチョコチップのように散りばめられたカカオニブ。カカオニブとは、カカオ豆の胚乳部分を砕いてフレーク状にしたもので、美容効果が高いスーパーフードとして欧米で注目を集めている食材です。甘い菓子パンというイメージのメロンパンですが、カカオニブ特有のほろ苦さが、高級感を演出し、大人味のメロンパンとして、その可能性を広げます。

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)の「クリームパン+リコッタ」

「ワインとも合うパンを目指しました」と割田さんがオススメする「クリームパン+リコッタ」の中には、カスタードクリームとリコッタチーズがたっぷり。甘すぎないあっさりとしたカスタードクリームなので、リコッタチーズの風味とぶつからず、双方の調和を楽しめる味わいが魅力的。

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)の「THE あんぱん」「THE あんぱん」

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)の「ミルクフランス」「ミルクフランス」(右)

他にも、ずっしりとした重みが中の餡の量を期待させる「THE あんぱん」や、補充するそばから売り切れていってしまう「ミルクフランス」、山梨県産の大粒巨峰を使用したフルーティーな「巨峰のレーズンパン」など、お子さんと一緒に楽しめるようなおやつ系パンも充実しています。

 

予約してでも味わいたい!名店の味わいを詰め込んだ惣菜パン

さらに注目なのが、さまざまな名店、老舗店とコラボしたお惣菜パン。六本木のビストロ『サロン・デ・サリュー』の赤ワイン煮込みのカレーを使ったカレーパンや、銀座のフレンチ『マルディ・グラ』に考案してもらったというソーセージを使った「MGドッグ」などは、予約必須の人気ぶりです。

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)の「MGドッグ「MGドッグ」

1つ1,000円という、パンにしては高級な値段のホットドッグですが、ひと口頬張れば、その値段も納得。肉の旨味がぎゅっと詰まったリッチでスパイシーな味わいのソーセージと粒マスタードを挟んだパンは、ホットドッグの概念を覆してくれるはず。予約してでも味わってほしい逸品です。

BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)オリジナルのぬいぐるみお店オリジナルのビーバーのぬいぐるみ

夏に向けて、抹茶チョコパンや、クレソンのガーリックトーストなど、新メニューを考案中とのこと。今後も驚きと感動を誘う、おいしくてユニークなパンで私たちを楽しませてくれることでしょう。

 

 

■一緒に読みたい記事

スパークリング×サンドイッチのマリアージュ!!東日本橋『Doors』

ボリューム満点!肉のサンドイッチが楽しめる!浅草橋『THE GOOD VIBES』

パリのおしゃれなプロダクトショップが日本初上陸!日本橋浜町の『パピエ ティグル』

15636
東日本橋のパン屋『ビーバーブレッド』で出会ったユニークでリッチな日本風パン

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PAGE TOP