シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • 冬だけのお楽しみ!世界最古のサーカス劇場で楽しむ冬のサーカス

PARIS

冬だけのお楽しみ!世界最古のサーカス劇場で楽しむ冬のサーカス

Pocket

冬だけのお楽しみ!世界最古のサーカス劇場で楽しむ冬のサーカス

日本では大きな会場で一定期間開催されるイメージのあるサーカスですが、フランスでは、サーカス一団と動物たちが一緒に暮らし、曲芸を見せ、街から街へと巡業していくという映画やアニメでみるイメージのサーカスが一般的。

空き地に突如としてテントが立ち上がり、その周りにトラックなどがある光景に出会えるとついうれしくなってしまいます。いつどこで開催されているのかを把握するのが難しいので、旅行でいらっしゃる方はなかなか計画に組み込めないのではないでしょうか?

でも、冬の間中パリで開催されるサーカスがあるんですよ!今回はそちらをご紹介したいと思います。

 

世界最古のサーカス劇場がパリに!

「パリの街中にサーカスが?」と驚かれる方も多いかもしれないのですが、なんとパリ11区の北マレと呼ばれるおしゃれなブティックなどが並ぶ地区に接する好立地にあります。開演30分前くらいからできる行列は、地元では有名な光景です。

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

ルイ・ナポレオン(のちのナポレオン3世)時代の1852年に建設されたサーカス劇場で、サーカスのために作られた建造物としては、世界最古のものだそう。中には、シャンデリアが飾られ、赤と青の内装は、とてもクラシックで、ムード満点!

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』と呼ばれ親しまれるこのサーカスは、冬の訪れを感じる10月末頃から3月中旬頃まで毎週末、さらにフランスの長期休暇中(クリスマスから年始、2月末〜3月初旬など)は平日も上演しています。1日に2〜3公演開催され、それがなんと約6ヶ月も!それくらい大人気なサーカスなのです。

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

中に入ると、鉄格子で囲われている円形の舞台があります。1階の座席は、舞台からすぐ手が届きそうなほど近い!ここの距離で猛獣が見られるので、迫力ありますよね。

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

スタッフの方が席に案内してくれます。パリの古い私立劇場は、まだチップの文化が残っているところも多いので、お礼のチップ(1€でOKですよ)をお忘れなく。

 

空中ブランコ発祥の地

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

日本ではあまり知られていませんが、フランスではサーカスがとても盛ん。フランスのサーカスの歴史は、イギリスに次いで長いとされています。

サーカスの目玉演目のひとつ、空中ブランコを初めて考案し、上演したのもこの『冬のサーカス』で、1859年のことでした。それ以前は、卓越した馬術を見せるようなものだったようですが、その時期から、いろんな演目を出し物にする今のサーカスの原点になる形になり、大成功を納めたそうです。演目は、毎年変わるそうですが、猛獣使いやピエロの曲芸、アクロバットの数々は定番&人気の演目。

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

4歳の息子も釘付けでした!

クラシックでノスタルジックなものから、現代的なテクニックなものまでいろいろで、子どもも飽きる暇もないくらい夢中になっていましたよ。

 

『冬のサーカス』席選びのポイントは?

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

そして、曲芸を存分に楽しむために重要な席選びの方法を解説しておきますね。円形の舞台に近い席が「Loge d’or(ロージュ・ドール)」と呼ばれる黄金シートです(こども50€/大人60€)。この席は、動物も近いですし、迫力満点!ですが、子どもには少し怖すぎるかも…!?特にピエロは、観客と絡んでくることが多くビックリすることもあるので、覚悟しておきましょう!

子どもと一緒に行くなら、「Carré Bronze(キャレ・ブロンズ)」の最前列あたりがおすすめです(子ども30€/大人40€)。2階席ですが、天井もかなり高く、思い切り高さを使ったショーも多いので、程よい距離感があり、ずっと見上げなくてもいいですし、音もちょうどよかったです(結構大音量なのです!)。

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』「Carré Bronze」からだとこれくらいの距離感

舞台は円形ですが、登場するところは、オーケストラボックスの下からなので、その正面を選ぶとベストポジションです。

 

休憩時間はアンティーク感満点のブティックへ

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

約2時間のスペクタクル中、1度休憩が入ります。このタイミングでブティックの方に行ってみましょう!

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

ブティックコーナーも何とも、ロマンティック!ピンクの光と赤い壁は、まるで夢の世界のようです。

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

そこでは、クレープやわたあめ、ポスターなどの販売、そしてサイン会もやっていました。

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

なんともアンティーク調で素敵なこのテーブルのコーナーも。馬のボックスをイメージしており、これを観に早々に席を立つ家族の姿もありました。廊下などもどこもかわいいので、ぜひ、トイレ以外にも散策することをおすすめします!

 

サーカスは冬が寒いパリの人気スポット

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

後半開始。生バンド演奏でお出迎えです。音楽も大勢で迫力満点!

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

音楽に合わせて踊るダンサーたち。客席ギリギリの手すりの上まで登って踊るシーンも。

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

ライティングも華やか!笑いと驚きのあっという間の2時間でした。

パリの名所『冬のサーカス(Cirque d’hiver シルク・ドイヴァー)』

日も短く寒い日が多いパリの冬。そんなとき「サーカス」は家族の定番のイベントのようで、家族連れもたくさん!実は、うちも息子のお誕生日プレゼントとして、祖父母から招待していただき行ってきましたが、大人から子どもまで、息つく暇がないほど楽しめ、大満足の1日となりました。ぜひ、ネットでチケットを購入して、行ってみてくださいね!

 

 

■一緒に読みたい記事

ノスタルジックな夢の世界へ!パリの冬はサーカスで決まり!

エッフェル塔の中にも出現!冬のパリはいたるところにスケートリンク

クリスマスが終わってもキラキラ輝く、パリのイルミネーション

冬だけのお楽しみ!世界最古のサーカス劇場で楽しむ冬のサーカス

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
PAGE TOP