シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • STYLE
  • ヨーロッパ風のお手紙に変身!シーリングワックスのDIY

STYLE

ヨーロッパ風のお手紙に変身!シーリングワックスのDIY

Pocket

ヨーロッパ風のお手紙に変身!シーリングワックスのDIY

フランスを始めとしたヨーロッパを中心に、手紙の封やハンコとして使われてきた「シーリングワックス(蝋封)」。当時は本物の重要書類であることの証明と、未開封であることの証としての役割も持っていたそう。

クラシカルで上品な雰囲気のおしゃれな見た目から、最近再び注目を集めています。今回は、おうちで簡単に作れるシーリングワックスのDIYアイデアを紹介したいと思います。

 

自分だけのシーリングワックスを簡単DIY!

【材料】

160322toda_01

・グルーガンとグルースティック ※100円ショップやネットショップで購入できます

160322toda_02

・凹凸のある飾り ※使わない飾りボタンや、化粧品についている模様、アクセサリーなど。細かすぎない模様がおすすめです。

・クッキングペーパー

 

【作り方】

1.グルースティックをあたためます。

グルーガンにグルースティックをセットし、5分ほどあたためます。先の方からグルーが溶けて出てきたら準備OK。

 

2.好きな大きさにグルーを押し出します。

160322toda_03

クッキングペーパーの上にグルーを押し出していきます。厚みは1〜2cm程。正確に円形を作ろうとしなくても大丈夫です。ちょっといびつな形の方が、雰囲気が出ます。

 

3.模様を付けます。

160322toda_04

10秒ほど経ったら、グルーの上に模様の付いた飾り(ボタンなど)を乗せます。軽く乗せるのではなく、ちょっと沈む程度に押し込むのがコツ。

160322toda_05

1分くらいしたら、飾りを外し、クッキングペーパーから剥がしたら完成です。使っていなかったボタンがこんなかわいい模様になるなんて…!

 

お手紙に添えて、オリジナリティを出してみよう

お手紙に手作りシーリングワックスを添えれば、グンとオリジナリティが倍増します。

160322toda_09

お気に入りのレターセットに気持ちや日常のできごとを綴って、シーリングワックスで封をしたらちょっと特別なお手紙の完成です。

直接、封筒の上にグルーガンを出して封をすることもできますが、今回紹介したようにクッキングペーパーの上で作ったものをボンドや両面テープで留める方が失敗せず安心です。

 

ラッピングやカードのアクセントにも

160322toda_010

手作りのお菓子や、とっておきのプレゼントのラッピングに添えてみるのもおすすめ。ひとつ添えるだけで存在感が出ます。

160322toda_011

カードやパーティの席礼としても◎。結婚式で使う時は、2人のイニシャルやマークを入れてもよいですね。

160322toda_012

日用品もシーリングワックスでアレンジすれば、お気に入り度がアップ。紅茶やジャムの缶に付けると、ぐっとアンティーク調になりますね。

好きな色、好きなデザインのものが作れるシーリングワックス。贈る人に合わせてバリエーションを考えるのも楽しいひと時です。ひとつひとつ丁寧に押す作業で、相手に真心を伝えることもできそう。ぜひ、おうちでお試ししてみてください。

 

 

■一緒に読みたい記事

思わず手紙が書きたくなる!『カキモリ』でオリジナル文具探し

読書好きなあの人に贈る本を探しに駒沢『SNOW SHOVELLING』へ

ありがとうと大好きを込めて贈る、大切な人へのギフト特集

ヨーロッパ風のお手紙に変身!シーリングワックスのDIY

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP