シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • 小さいときからベッドルームは別々!?パリジェンヌの子育て事情

PARIS

小さいときからベッドルームは別々!?パリジェンヌの子育て事情

Pocket

小さいときからベッドルームは別々!?パリジェンヌの子育て事情

家族の時間を何よりも大切にする国としても知られるフランス。そんなフランスでは、お父さんが子どもの送り迎えしていたり、子どもと家族みんなでオープンテラスのカフェでのんびり過ごしている風景をよく見かけます。

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情

今回、ちょっと気になるフランス子育て事情を紹介したいと思います。

 

生まれたときから子ども部屋がある!寝室は子どもと別

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情

日本では、「川の字で寝る」なんていう言葉があるように、子どもが小さい頃は家族で並んで眠ることが多いのではないでしょうか。フランスでは、早いうちから子どもと両親の寝室が別ということが多く、同じ部屋で寝る場合もベッドは別ということがほとんど。

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情壁も作っちゃう!フランスは子ども部屋ももちろんDIY!

生まれたときにはもう子ども部屋があるという家も珍しくないのだそう。安全面で気になる場合はベビーフォンなどを利用して、様子をチェックしています。

子どもが寝る時間に寝かしつけをしますが、横に椅子を置き読み聞かせることが多く、一緒に横になって寝てしまうことはあまりありません。子どもが寝た後の時間は大人の時間として、ゆっくりと夫婦間の食事や会話を時間になります。

 

子どもを預けて夫婦のデート

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情

子育て中は、つい子ども中心の生活になり、映画鑑賞や美術館に行くといった文化的な時間がなくなりがち。フランスでは、週1回くらいのペースで、自分やパートナーの両親に子どもをあずけて夫婦だけで食事やお出かけの時間を取る努力をする人が多いようです。

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情

家族の協力が得られないときは、ベビーシッターを雇って夜のお出かけをすることも珍しくありません。シッターが見つからなかったり、金銭的に厳しいときは、どんどん子ども一緒に外出したり、家に人を呼んでディナーしたりすることも。

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情パリジェンヌが毎日を楽しく過ごすための暮らしの3本柱って?

ママが外出する際はパートナーが子どもと過ごします。夫婦間でも、順番に夜の外出ができるように協力しあっていることが多いよう。日頃から男性も積極的に育児や家事に協力をしているからこそできることかもしれないですね。

 

フランスの子どもの楽しみは映画と読書!?

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情

おしゃれでかわいい雑貨やおもちゃもたくさんあるフランスですが、子どもが夢中になるものと言うと読書が定番!毎日寝る前に読み聞かせるという家も多いようです。テレビアニメやYou Tubeの動画などは、見せる時間を限定するのが難しいこともあり、積極的には見せないようにしている家庭が多い傾向にあります。そのかわりに、1本ごとで見終わることができる映画が人気。テレビが家にない家族も結構ありますが、そういう家ではプロジェクターが設置されており、壁に映して観ることも!

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情SALLE MÔMES!子どもと行きたくなる映画館がパリに誕生

小さい頃からこうやって映画を楽しんでいることもあり、フランス人は映画好きが多いのかもしれませんね。

 

狭い&デコボコ道の多いパリのベビーカー事情

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情

子どもとお出かけするとなると、歩道やエレベーターの整備が追いついていないなど大変なこともありますが、それはフランスも同じ。古い建物の多いフランスは、エレベーターがない建物や地下鉄がほとんど。しかも、エスカレーターもよく止まっていたり…!

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情

そんなときは、近くにいるパリジャン、パリジェンヌたちに協力してもらいながら、ベビーカーを担いで移動することになります。パリジャン、パリジェンヌは冷たい印象を持たれがちですが、こういうときすぐに手を差し伸べてくれるのです!

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情

ちなみに、パリでは、日本に比べ、かなり遅い時期までベビーカーを使います。3歳くらいまでは必須です。狭い路や入口も多いので、幅をとらない小型ベビーカーが人気。

また、石畳も多いので、デコボコした地面でも移動しやすいシングルタイヤのものが活躍してくれます。フランス人は公園や森もよく行くので、そういうシーンでも◎。家族で一緒に過ごす時間を大切にするフランスでは、子どもも一緒に移動しやすいベビーカーは必須アイテムなのです。

フランスならではの部分もあれば、真似できそうな子育て術もありましたね。今後もフランスの子育て事情についてご紹介していければと思います。

 

★ヨーロッパのベビーカーのように街中の段差*もストレスなく、スイスイ押せるシングルタイヤのベビーカー、ピジョンのA形シングルタイヤベビーカー「Runfee(ランフィ) RA9」。

快適な走行性を身につけながら、軽量5.4kgを実現。ランフィと一緒なら、毎日のお出かけも快適に♪

*歩道と車道の間にある2cm程度の段差。道路状況によって難しい場合もございます。

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情

▶商品の詳細はこちら

 

■キャンペーン

4月5日(金)より発売開始のピジョンのベビーカー「ランフィRA9」を購入した方に、先着でオリジナル『お出かけポーチ』をプレゼント。

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情

また、2月25日(月)11:00~4月25日(木)12:00まで、クイズに答えて豪華プレゼントが総計100名様に当たるシングルタイヤキャンペーンも実施中!

石畳の多いパリでベビーカーはどうしてるの?パリジェンヌの子育て事情

▶応募はこちらから

 

■一緒に読みたい記事

パリで大人気!子どもと一緒に楽しむフランス料理教室

『音楽博物館』の子ども向けアトリエで、音楽のレッスン

SALLE MÔMES!子どもと行きたくなる映画館がパリに誕生

小さいときからベッドルームは別々!?パリジェンヌの子育て事情

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PAGE TOP