シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • BREAD
  • 京都・松ケ崎『吉田パン工房』へ。卸売から実店舗をオープンさせた理由

BREAD

京都・松ケ崎『吉田パン工房』へ。卸売から実店舗をオープンさせた理由

tags : , ,
Pocket

京都・松ケ崎『吉田パン工房』へ。卸売から実店舗をオープンさせた理由

卸専門のパン屋さんとして、京都の有名高級ホテルやレストランにパンを届けている『吉田パン工房』。そんな実力あるパン屋さんが、2018年に一般向けに土日限定で実店舗をオープンしました。

パンラバーの間では、オープン当初から話題になり、朝早くから行列ができることも。そんな『吉田パン工房』の店主・吉田さんにお話を伺いました。

 

卸しから始まり、土日限定のパン屋をオープン

京都・松ケ崎『吉田パン工房』の外観

京都・松ケ崎『吉田パン工房』の扉

京都市営地下鉄・松ケ崎駅から徒歩約10分。グリーンの扉と、中の見えるガラス張りの外観が印象的なこちらのお店が『吉田パン工房』です。扉には、シンボルマークのパン職人が。

京都・松ケ崎『吉田パン工房』のパン

中へ入ると、ショーケースにぎっしり入ったパンがお出迎えしてくれます。パッと目を引くPOPは、スタッフが1枚1枚手書きで作成しているそう。簡潔な説明文が、どれにしようか迷ってしまうときに嬉しいですね。

京都・松ケ崎『吉田パン工房』の「ベーコンエピ」

京都・松ケ崎『吉田パン工房』の「バゲット」

ネギがいいアクセントになっている「ベーコンエピ」、絶妙な塩気と食べ応えのある生地が特長の「バケット」と、ハード系のパンが並びます。吉田さんは、もともと「おいしいハードパンを作りたい」というところからパン人生をスタートしたそう。ハード系の食事パンなら、レストランやホテルなどにパンを納める卸専門でやった方が、多くの人に自分のパンを届けることができるはずと思い、卸専門のパン屋さんを始めました。

卸専門に従事する中で、自分が作りたいと思ったものを作って届けたいという思いが強くなっていき、土日限定で一般向けにもパン屋さんを開いたそう。

 

一番人気はカンパーニュ!新商品も登場

京都・松ケ崎『吉田パン工房』の一番人気「カンパーニュ」

一番人気の「カンパーニュ」は、外側はパリッとしていて、中はもっちりとした食感が楽しい一品。京都や東京のレストランにも採用されている、お店イチオシのパンです。

京都・松ケ崎『吉田パン工房』の「ハムと菊菜のパン」

京都・松ケ崎『吉田パン工房』の「安納芋のパン」

吉田さんが日々大事にしていることは、柔軟性とスピード感。いいなと思ったことはすぐに取り入れて、ダメなら潔くやめる。

「新商品でも、1ヶ月後にはなくなっているものもあります。スタッフとの会話やお客様の反応をみて、凝り固まらずどんどん変化させているんです」。

取材に訪れたこの日も、「ハムと菊菜のパン」と「安納芋のパン」の2種類が新しく販売されていました。

 

こだわりの小麦とひと手間を惜しまない

京都・松ケ崎『吉田パン工房』の吉田さん

「パン作りのこだわりは、とにかく小麦粉。ミネラルを多く含むいわゆる“黒い粉”や石臼の国産の粉を使っています。また、パンに挟む具材はひと手間を惜しまない。あんぱんの餡には、アーモンドを混ぜて変化をつけたり、ハムの仕込みは知り合いのシェフから教えてもらったり、知恵を使います」そう話す吉田さん。

京都・松ケ崎『吉田パン工房』の店内

そんな『吉田パン工房』のパンは、生地がとにかくおいしくて、もっちもち。飽きのこない具材も、吉田さんたちパン職人が考えた“ひと手間”で作られていたようです。ハードパン好きはもちろん、普段パンを食べ慣れていない人にもオススメできるパン屋さんです。ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

 

■一緒に読みたい記事

国産小麦と自家製にこだわるパン屋の店。京都・烏丸御池『fiveran』

小麦にこだわるパン屋、京都・出町柳『ナカガワ小麦店』の日々進化する17種類のパン

だし巻き卵やラーメンのコッペパンサンド!?京都『HAPPY BUNS』

24234
京都・松ケ崎『吉田パン工房』へ。卸売から実店舗をオープンさせた理由

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PAGE TOP