シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • そのまま飲むことも!?フランスのオリーブオイル事情

PARIS

そのまま飲むことも!?フランスのオリーブオイル事情

Pocket

そのまま飲むことも!?フランスのオリーブオイル事情

フランスで生活するようになってから、大きなものから小さなものまでたくさんの驚きがありました。自分が生まれ育った日本での暮らしや文化や風習が根底から覆されるようなこととか、ちょっとした常識とか自分にとっての当たり前が「え〜そうだったの!?」って驚くことが、数え切れないほどありましたが、今日はその中でもフランスのオリーブオイルについてです。

 

オリーブオイルで焼いたり、かけたり、そのまま飲んだり!

フランスに来てから、とにかくオリーブオイルの身近っぷり、使いっぷりに驚かされました。日本でも多くの家庭のキッチンにあるものですが、炒め物、サラダ、マリネ、パンにつけるなどなどこんなにも大量に消費するのか!と。そして、なんと生で飲むこともあるのだとは思っていませんでした。

_01

もちろんヨーロッパの中では、イタリアやスペインの方が種類は豊富ですが、それでもフランスのスーパーのオイルコーナーに並ぶものの多くがオリーブオイルだし、日本のサイズよりもはるかに大きいボトルがずらっと並んでいます。

_02

炒め物といったら大抵たっぷりのオリーブオイルを使用しますし、基本的に「ドレッシング」というものを使わないフランスでサラダにかけるものといったらたっぷりのオリーブオイルとレモンや塩こしょうなのです。ちなみに、塩は「食塩」とかではなくガリガリ削る大粒タイプ♪

オリーブオイルをはじめ、塩、野菜など素材のひとつひとつがおいしいからこそ保存料がたっぷり入った調味料など使わないのがフランス流なのです。

 

オリーブの木を使ったアイテムも豊富

_03

特に南仏方面に行くと、ワイン農家と同じようにオリーブ農家の看板を見かけるようになります。

_04

おつまみとしておいしいオリーブやオリーブオイルはもちろん、オリーブの木を使ったプレートやカトラリーなども並んでいます。

_05

アペリティフのおつまみやチーズやサラミを載せたりするオリーブの木からできたプラトー(お盆)は、フランスの家庭には大抵あるマストアイテム。フランスのマルシェには、オリーブの木を使ったカトラリー専門店が出店していることもあるので見かけたら要チェック!

液体で重いオリーブオイルは持ち帰るのも大変だけど、オリーブの木から作られたカトラリーならいつまでも使える素敵な思い出にもなるので、おみやげにもおすすめです。

 

■一緒に読みたい記事

種類は400種類!フランスのチーズ事情:【とのまりこのパリライフ!】

いつものお料理がフレンチに変身!ワインに合うラ・カンティーヌのソース

キッチンでもテーブルでも使い方は自在!カッティングボード使い方例を紹介!

そのまま飲むことも!?フランスのオリーブオイル事情

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP