シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • 春のパリは“レンタル花壇”に注目!パリ市民自らが作り出す美しい花壇

PARIS

春のパリは“レンタル花壇”に注目!パリ市民自らが作り出す美しい花壇

Pocket

春のパリは“レンタル花壇”に注目!パリ市民自らが作り出す美しい花壇

真夏のように暑くなったり、またダウンジャケットを取り出しニットの帽をかぶったり気温の変化が大きい最近のパリ。しかし、最近は圧倒的に「春夏」を感じる日が多くなってきました。日は長くなり、公園や街路樹の花が美しく咲き乱れ、公園の芝生は青々とふかふかの絨毯に。

そんなパリを毎日歩いていると、街のあちこちにあるミニ花壇に咲いている花やハーブなどの植物の美しさに目を奪われて思わず立ち止まります。よく見てみると、それぞれの区画の様子が違うことに気づくのです。

 

パリ市民に花壇を貸し出す「植物栽培許可」システム

春のパリは“レンタル花壇”に注目!パリ市民自らが作り出す美しい花壇植物が生えているから注意してねという看板。こういう看板などもその区画を担当する個人が責任をもって工夫します

実はこれ、パリ市が一般市民に公共の場所を提供して、各個人が自分たちの花壇を持つことが許可される素敵なプロジェクトによるもの。公園や広場のような緑地地帯を除き、自分のアパート周辺の道や街路樹の木々の下など場所を決めて、「どこでどういうことをしたい」という栽培計画をインターネットから申請。申請が通ると3年間そこを自分の家の花壇のように植物を育てることが許されるというシステムなのです。最大12年間まで継続することができるんですよ。

春のパリは“レンタル花壇”に注目!パリ市民自らが作り出す美しい花壇これから作り始めようとしている感がいっぱいの発展途上の花壇

この制度、花の都パリの通りに、自分だけの花壇スペースが持てるうえ、必要に応じて土やたねをパリ市から配給してもらうこともできます。日々の水やりや、定期的なメンテナンスに、お掃除などはその場所の責任者になった人の役目。この制度が始まってもう何年も経っているので、花壇の仕上がり度が増しています。最近は、歩けば「ここはこのプロジェクトのスペースなんだ」とひと目でわかるようになってきました。

春のパリは“レンタル花壇”に注目!パリ市民自らが作り出す美しい花壇こちらの花壇はかなり見事に完成された形

 

常に空き待ち状態の自家菜園スペース

春のパリは“レンタル花壇”に注目!パリ市民自らが作り出す美しい花壇これは区が所有する自家菜園スペースのひとつ。こちらは競争率が高く、たくさんの人が「待ちリスト」にいる状態

ちなみに、公共のスペースであればどこでも申請が通れば植物を育てられるこのプロジェクト以外にも、各区が小さな畑スペースを提供して自家菜園ができるプロジェクトもあり、そちらも大人気。順番を待っている人が多いため、なかなか空きが回ってきません。近所の自家菜園スペースを通るたびに、中を覗きながら「いいなぁ」と思って見ています。

春のパリは“レンタル花壇”に注目!パリ市民自らが作り出す美しい花壇美しく咲いたチューリップ。小さな自家菜園でも知らない人たちのコミュニケーションの場となったり、手入れする人たちも楽しそうに会話しながら作業しています

なかなか順番がやってこないと言われる自家菜園システムに比べ、パリの街中から候補を選べる「植物栽培許可」システムは大きく門戸を広げ、多くのパリっ子の夢を叶えています。

春のパリは“レンタル花壇”に注目!パリ市民自らが作り出す美しい花壇学校帰りの子供たちやお散歩中のご夫婦など道ゆく人の目を楽しませてくれています

市民自らの動きによって、街がどんどん素敵になっていく参加型のプロジェクト。区画ごとに趣が違う個人スペースを眺めながら、「世界中でどんどんどんどん広がっていったらいいのにな」と思います。

 

■一緒に読みたい記事

パリの美術館内にできる3つ星レストランシェフ、ブラス氏の新レストラン『La Halle aux Grains』

作った後も楽しい!フランスらしい色使いやセンスが詰まった「DIYキット」

パリからの日帰りも!緑豊かな『ピエールフォン城』をバーチャルツアー

春のパリは“レンタル花壇”に注目!パリ市民自らが作り出す美しい花壇

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram

POPULAR POST

人気の記事

PAGE TOP