シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • キャラクターたちともソーシャルディスタンス!?コロナ禍のパリで見たテーマパーク

PARIS

キャラクターたちともソーシャルディスタンス!?コロナ禍のパリで見たテーマパーク

Pocket

キャラクターたちともソーシャルディスタンス!?コロナ禍のパリで見たテーマパーク

ようやく新学期が始まる9月。フランスの長い長い夏休みが終わろうとしています。日本では「Go To キャンペーン」をしても、多くの人が出かけることを控えたり、夏休みの予定を変更したりでしたが、ここフランスではお国柄が変わるとこんなにも考えが違うのだと驚くほど、皆夏休みを楽しむために出かけていました。

わが家は泊りがけの旅行には行きませんでしたが、子どもを楽しませるために毎日公園、遊園地、ピクニックと色々なところに出かけました。今日はそんな中から、コロナの影響とコロナへの対策で、いつもとはちょっと様子が違ったパリのディズニーランドの様子を少しご紹介しようと思います。

 

ガランとした園内。保たれるソーシャルディスタンス

全て扉の部分があけはなれた状態のゴミ箱コロナ対策の1つなのか、ゴミ箱は全て扉の部分があけはなれた状態で止められてました

ロックダウンになったときから7月の頭まで、数ヶ月間閉まっていたパリのディズニーランド。1年中、日本ほど混むことはない場所ですが、さすがに夏休み真っ只中はいつもかなり混雑します。ところが最も混むはずの8月中旬、まるでバカンス以外の平日に遊びにきているかのようなのんびり空き空きなパーク。ヨーロッパ国内同士では旅行する人がまあまあいるものの、世界中からの観光客が減っているだけで、こんなにもガラガラになってしまうのだと驚きました。

ソーシャルディスタンスを促すボードを持つスタッフの人たちスタッフの人たちがソーシャルディスタンスを促すボードを持って注意をしています

いつも開園直後は入り口の周辺あちこちにいるキャラクターたちは、上の方でお出迎え。ちょっと遠くから手を振ってごあいさつ。パーク内でキャラクターに遭遇してもハグは禁止。キャラクターにサインをもらったり、写真を撮ったりできるスペースでもロープ越しのご対面。キャラクターと自分が離れたまま記念撮影というちょっぴり寂しい変な構図になります。

人気キャラクターとも柵越し人気キャラクターとはロープや柵越し

人気キャラクターとも柵越しすいてるから人気キャラクターともすぐ会える

この園内のあちこちにいるキャラクターに並ぶ列も、いつもは日本と比べたら考えられないくらい空いているとは言っても、20組〜30組は並んでいるイメージ。ですが、主役のミニーですら待ち時間なし!?そんな空きっぷりなのでした。

 

さまざまなコロナ対策を実施する反面、「密」状態も…?

アトラクションに並ぶ列は全て上半分が透明パネル

アトラクションに並ぶ列は全て上半分が透明パネルになっている仕切り板が立てられていて、1メートルくらいは前の人と間隔が空くように印がつけられています。が、印はきちんと守っている人がいるんだかいないんだか…な曖昧な感じなのがちょっとおフランス感満載です。

みんな間隔を守って並んでいる人々このアトラクションは割とみんな間隔を守って並んでます

あちこちに設置されている除菌ジェルあちこちに除菌ジェルも設置されています

予約をしておかないと入れないほどの大人気のライオンキングショー予約をしておかないと入れないほどの大人気のライオンキングショー

パレードは中止。でも大人気のシアター型のショーは超満員の密な状態で実施されているし…。パレードは密になるから中止というわけじゃなく、経費的な問題でないのかな??と考えてみたり。

満員のショーの様子

満員御礼の完全「密」状態。これはいいんだ…とちょっぴり複雑な気持ちに(笑)。

日本では遊園地のアトラクションに乗っても、声を出さずに静かに乗らなくちゃいけないなんていうのをニュースで見たような気がしますが、みんなギャーギャー楽しんでいました。もちろんマスク越しですが♪

 

チケットは事前予約制。おフランスらしさも?

ちなみに、チケットは「事前予約制」。密を回避し、人数制限をかけるために遊園地や美術館など、人が集まるところは事前予約制を導入していることが圧倒的に増えているフランスですが、ディズニーランドも例外ではありません。

ところがこのシステムもテキトー大王国おフランスらしかった!

日時を指定して予約画面が進むと、なぜかその次の日の予約になってしまう。でも確認のメールが来ると元の正しい日時に戻っている。という間違いが。何度か予約したりキャンセルしたり、やり直す羽目に…。ちなみに間違いのままず〜っとそのまま放置されています…。

あのディズニーも、フランスだと色々ツッコミどころがたくさん(笑)。そんなフランスらしい様子も楽しみながら、混雑のないパークをのんびりストレスなく親子ともども満喫してきました。

 

■一緒に読みたい記事

ヴァカンス命のフランス人、今年の夏はどう過ごす?

モンサンミッシェルと宮島が姉妹都市!さまざまな共通点がある2つの世界遺産

丸ごと茹でて食べられる!フランス野菜「アーティチョーク」って知ってる?

キャラクターたちともソーシャルディスタンス!?コロナ禍のパリで見たテーマパーク

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram

POPULAR POST

人気の記事

PAGE TOP