シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • 初めてのパリで食べるべきパンを勝手に決めてみました。2018年秋編

PARIS

初めてのパリで食べるべきパンを勝手に決めてみました。2018年秋編

Pocket

初めてのパリで食べるべきパンを勝手に決めてみました。2018年秋編

初めてのパリ旅行、ファッションにアートに歴史的建造物の数々…。

見なくてはならないマストな情報はガイドブックにたくさん掲載されいますが、「このパン屋さんのこのパンをどうしても食べて!」と特集している本にはあまり出会えないかと思います。

バゲットを食べる山野ゆりさん

そこで!パン好きの山野が勝手にパリのパンをリコメンド。季節や流行によっておすすめも変わるものですが…「とりあえず初めてパリに来たらこれを食べておきましょう!」というパンをご紹介。

 

1:ポワラーヌのカンパーニュ

パリで老舗のパン屋さん『Poilâne(ポワラーヌ)』

7区に『ボンマルシェ』という百貨店があります。初めてのパリで必ずと言って良いほど訪れる場所。

この『ボンマルシェ』は世界で最初のデパートと言われており、食料品から化粧品、洋服もなんでも揃います。そこから歩いて5分の場所にパリで老舗のパン屋さん『Poilâne(ポワラーヌ)』があります。

パリで老舗のパン屋さん『Poilâne(ポワラーヌ)』の店内にいる山野ゆりさん

『ボワラーヌ』は200年続くパン屋さんで、地元の人からも大人気。いつ来てもお客さんが沢山!

『ポワラーヌ』のスペシャリテ「パン・ド・カンパーニュ」を持つ山野ゆりさん

このパン・ド・カンパーニュが『ポワラーヌ』のスペシャリテ。スーパーでも手軽に手に入りますが、せっかくなら本店へ。お店自体がすごくかわいいので観光だと思ってぜひ。

リベイクしたカンパーニュは翌日でもおいしい

このカンパーニュはとっても香ばしく、次の日でも焼き直して食べると充分おいしいんです!

『ポワラーヌ』のクッキー

クッキーも人気でお土産にもオススメ。

 

2:デジデのショソンオポム

『Du Pain et Des Idées(デュパン・エ・デジデ)』の外観

パリ10区にある有名なパン屋さん、『Du Pain et Des Idées(デュパン・エ・デジデ)』。

『Du Pain et Des Idées(デュパン・エ・デジデ)』の店頭

あまりにも有名な『デュパン・エ・デジデ』。パン好きなら1度は耳にした事があるかもしれません。

『Du Pain et Des Idées(デュパン・エ・デジデ)』の「ショソンオポム」

私もパリへ行くたびに必ず伺うお店です。ここのショソンオポムが世界一おいしい!

『Du Pain et Des Idées(デュパン・エ・デジデ)』の「ショソンオポム」

このしっかりとしたパイ生地の中からはゴロリとトロリとしたリンゴが!思い出すだけで口の中がおいしくなってきそうです(笑)。

 

3:リベルテのクロワッサン

2018年日本の吉祥寺にも出来た『LIBERTÉ(リベルテ)』。本店はパリの10区にあります。

『LIBERTÉ(リベルテ)』の外観

私が訪れたときはちょうど日本店がオープンになるタイミング!パリの本店もウィンドウが日本仕様の葛飾北斎のアレンジが。

『LIBERTÉ(リベルテ)』の店内

パンだけではなくケーキも並ぶ『LIBERTÉ(リベルテ)』

パンだけでなくケーキ類も豊富!パリではこんな風にパン屋さんにケーキ類が並ぶのは珍しくないことです。

『LIBERTÉ(リベルテ)』のクロワッサン

ここに来たらマストで食べたいのがクロワッサン!パリパリであっさりとした媚びないクロワッサンは日本ではあまり馴染みのない1品。

1つ前にご紹介した『デジデ』ともご近所なので、私はいつも『デジデ』と『リベルテ』をはしごし、サンマルタン運河でのんびりパンタイムを楽しんでいます。

 

4:パンパンのチョコレートのパン

映画『アメリ』で有名なモンマルトル。

『Pain Pain(パンパン)』の外観

パリの中でも下町のような一癖あるこのエリア。私も大好きで毎回必ず訪れる場所です。有名なパン屋さんも多数ありますが、最近特にお気に入りだったのが『Pain Pain(パンパン)』!

『Pain Pain(パンパン)』の店内

『Pain Pain(パンパン)』の店内

バケットも美味しかったですが、ここのチョコレートのパンが大のお気に入り。ビターで甘過ぎないチョコとセミハードなパン生地がおいしい!

パッケージもかわいい『Pain Pain(パンパン)』のパン

ショッパーやボックスもかわいく、お土産にも喜ばれそう♡

 

5:ピシャールのバゲット

『LA MAISON PICHARD(メゾン・ピシャール)』の外観

最後に、以前の連載でも紹介した『LA MAISON PICHARD(メゾン・ピシャール)』ですが、ここのバケットはどうしても食べてみて欲しい!なので再度ゴリ推しいたします(笑)。

『LA MAISON PICHARD(メゾン・ピシャール)』のバゲットと山野ゆりさん

これこれ。このバケットです。

綺麗な意思のあるような佇まい‥!美しい!

『LA MAISON PICHARD(メゾン・ピシャール)』のバゲット

パリに来たら必ず食べたくなるバケットで、『ピシャール』のバケットを食べると「パリに来た!」と思う私のパリの味です。

いかがでしたか?完全なる主観でお届けしましたが、どれも本当においしいパンばかりです。パリにはパン屋さんが本当にたくさんあるので、どこへ行ったらいいか迷ったときの参考にして下さいね!

 

■一緒に読みたい記事

日本でも大人気!『ル・パン・コテディアン』のモーニングへ行ってきました。

パリっ子たちにも大人気!『PAPERBOY』のサンドイッチ

どこを切り取ってもフォトジェニック!山野ゆりお気に入りの「パリと、パンと。」

初めてのパリで食べるべきパンを勝手に決めてみました。2018年秋編

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP