シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「PAIN PAIN」

PARIS

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

Pocket

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

5月から6月にかけてのパリは、お散歩日和の日が続きます。日没は夜の10時過ぎですし、気温もジャケットなしでも歩けるくらい20〜25度くらいと最高の気候。

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

真っ青な晴天に恵まれたある日、ちょっとでかけたくなり、モンマルトルまでお散歩に出ることにしました。モンマルトルに来たら、やっぱり見ておきたいのが『サクレ・クール寺院』。そのままモンマルトルの麓を見て回ることにしました。モンマルトルの麓は、まるで村のよう。かわいいブティックやカフェなどがたくさんあります。石畳の階段や曲がりくねった坂があったりして、とてもかわいいエリアです。

 

外観も内観もかわいいパティスリー『Pain Pain』

久しぶりに来たら、結構お店が変わっていてびっくり!パリは、新しいアドレスがどんどんできるエネルギーに溢れた街なので、住んでいても全然飽きません。

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

マルティーユ通りまで来ると、角地に青いファサードが素敵な店構えのパティスリーを発見!その名も『Pain Pain(パン パン)』!

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

内観もすごくかわいい!ピンクと青のオウム(?)柄の壁紙がとてもおしゃれで、パリらしいお店です。

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

並んでいるお菓子もとてもおいしそうで、さっそくイートインスペースでコーヒータイムにすることにしました。

 

オリジナルレシピの絶品スイーツ

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

お店の人に、おすすめを聞いてみると、「やっぱりこれでしょう?!『ZÉPHYR(ゼフィール)』一番人気よ」との答えが。

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」ゼフィール(4.65€)

ここのオリジナルレシピの「ゼフィール」は、ヘーゼルナッツ入りのフィナンシェの生地の上に、ライムとバニラ風味のホワイトチョコレートクリームがのったスイーツ。軽くて爽やかな味わいがしました。

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

もうひとつ気になったのが、こちらのユズ風味の「オペラ」。カフェとチョコレートケーキの台に甘酸っぱいユズとフランボワーズの香りがするチョコレートがのっています。夏場でも食べたくなる爽やかな風味!

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

テーブルにさりげなく置かれているお花やクッションなども、つい長居したくなるような温かいおもてなしも。とても居心地よく過ごすことができます。

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」サンドラさん

こちらのオーナーシェフは、セバスチャン・モーヴィユさん(Sébastien Mauvieux)と奥様のサンドラさん。サンドラさんは、いつも店頭でお出迎えしてくれます。

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

「何でもおいしい」と評判で地元の人が足しげく通う店ですが、それもそのはず。2012年にパリで一番おいしいバゲットを決めるコンクール(meilleure baguette de Paris en 2012)でも優勝している実力店なのです。

学校帰りに立ち寄る親子の姿も見られました。奥に並ぶパンの種類は多くはないですが、それはすべて手作りだから。お値段も良心的で、毎日来たくなります。

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

シュー皮のお菓子の代表ともいえる「シュケット(chouquettes)」や「グジェール(シュー皮にチーズを織り込んだもの)」などたくさん並んでいました。「シュケット」は雑誌『Le figaro』が決める「パリで一番おいしいシュケット」のランキングで1位を獲得したこともあるのだそう!

「シュケット」は、サロン・ド・テや高級お菓子店ではなかなか見つからない、 子どもの定番おやつです。こういうシンプルなものがおいしいお店が私は大好き!

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

お土産にもいくつか購入したのですが、パッケージがかわいい!家に帰って、開いてみてまた幸せな気分になりました。地元の人に愛される理由もわかったような気がします。

 

  • ■お店情報
  • PAINPAIN(パン パン)
  • 住所:88, rue des Martyrs – 75018 Paris(地図
  • 最寄駅:Abbesses(アベス駅)
  • 営業時間:[火〜土]7:00〜20:00/[日]7:30〜19:30
  • 店休日:月曜日
  • HP:http://www.pain-pain.fr

 

■一緒に読みたい記事

“BOBO”が注目するサンマルタン運河の近く!「リベルテ」のパンとパティスリー

パリの新顔パティスリー『キャラメル・パリ』の絶品スイーツ

1日50食限定の絶品ミルフィーユ!新進気鋭のパティスリー「ヤン・クヴルー」

 

モンマルトル散歩で見つけたかわいいパティスリー「Pain Pain」

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP