シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • STYLE
  • お庭でピクニック!「草上の昼食」でフランスの食文化を堪能

STYLE

お庭でピクニック!「草上の昼食」でフランスの食文化を堪能

Pocket

お庭でピクニック!「草上の昼食」でフランスの食文化を堪能

フランス人といえば、エッフェル塔のふもとでピクニックしたり、アペロを楽しんだり、日々の暮らしを楽しく過ごすのが上手ですよね。そんなフランスならではのライフスタイルを体験できるイベントが日本で開催されました!

フランス大使公邸のお庭

2019年4月21日に開催されたボンジュールフランスのイベント「草上の昼食」。開催場所は、この日のために特別に開放されたフランス大使公邸!普段なかなか入れないエクスクルーシブな空間で、カジュアルにピクニックを楽しめるという贅沢なイベント。毎年楽しみにしている方も多く人気なのだとか。さっそく、その様子をお届けします。

 

スペシャルなバスケットでフランス式のピクニック!

イベント「草上の昼食」の受付の様子

受付では、フランスのアイテムがたくさん詰まったピクニックランチバスケットを受け取ります。そして公邸のお庭で、家族や友人と自由にピクニックをスタート!

「草上の昼食」のスペシャルバスケット

バスケットの中身には、40年以上の歴史を持つフランスのブーランジェリー『LE FOURNIL DE PIERRE(ル・フルニル・ドゥ・ピエール)』のバゲットにサンドウィッチ、PARIS magでも紹介したことのある『ILE DE FRANCE(イル・ド・フランス)』のチーズをはじめ、フランスの食が満載。

フランス菓子界の父と称される『Lenôtre(ルノートル)』の焼き菓子や定番『Bret’s(ブレッツ)』のポテトチップス、『alain milliat(アラン・ミリア)』のジュース…など、子どもも大人もワクワクするとっておきのバスケットです。

よく冷えた『POMMERY(ポメリー)』のシャンパン

よく冷えた『POMMERY(ポメリー)』のシャンパンも。青空の下でアペロ気分を味わうことができました。

『Christine Ferber(クリスティーヌ・フェルベール)』のコンフィチュールや、『henaff(エナフ)』のパテドカンパーニュ

バゲットのお供にもぴったりな『Christine Ferber(クリスティーヌ・フェルベール)』のコンフィチュールや、『henaff(エナフ)』のパテドカンパーニュも。

フランス大使公邸のお庭でピクニックを楽しむ人たち

ちなみに草上で昼食をとるというスタイルは、17世紀以降に広まったのだそう。フランス式のピクニックは、マネやモネが絵画のテーマとして好んでとりあげ、「草上の昼食」という有名な作品も誕生するほど。

フランス大使公邸のお庭でピクニックを楽しむ人たち

公邸のお庭でフランスの食を楽しみながら、ご家族やお友達とのんびりピクニック。なんとも贅沢なひと時に、喜びを感じずにはいられませんでした。

 

さまざまなフランスを堪能

さらに当日は、フランスのさまざまなブランドが出店していました。

『ILE DE FRANCE(イル・ド・フランス)』のチーズ

フランスの食に欠かせないチーズ!日本では、おつまみとして食べられることも多いですが、以前フランスのチーズ事情でお届けしたように、チーズはメインの食事が終わったあとのデザートの前にもいただくもの。

『ILE DE FRANCE(イル・ド・フランス)』のチーズカマンベールチーズとブリーチーズ、ブルーチーズの3種類

お家で手軽に楽しめるのが『ILE DE FRANCE(イル・ド・フランス)』のチーズの魅力。バスケットに入っていた「アペリフレ」のほか、3種類のチーズを味わうことができました。

『BIÈRES DE MONMORILLON(ビエール・ド・モンモリヨン)』のビール

フランスと言えばワイン!ですが、クラフトビールもぜひ体験していただきたいもの。今回は、フランスの中西部のポワチエ地方の町にある『BIÈRES DE MONMORILLON(ビエール・ド・モンモリヨン)』が登場。日本初上陸のフランスのオーガニック・クラフトビールです。

『BIÈRES DE MONMORILLON(ビエール・ド・モンモリヨン)』のビール

1843年に、モンモリヨン近隣の町・ソルジュでミラマー伯爵によって作られたビール醸造所。1963年に1度閉鎖したモンモリヨンのビールを、2015年に復刻させたのがフランソワ・ギヨンさん。

フランス産であること、フランス産原料にこだわった『モンモリヨン』の5種類のクラフトビールを飲み比べすることができました。

『L'ORÉAL PARIS(ロレアル パリ)』のヘアオイル『L’ORÉAL PARIS(ロレアル パリ)』のヘアオイルを体験できるブースも

『décopatch(デコパッチ)』の体験ブース

こちらは、フランス生まれのデコレーションツール『décopatch(デコパッチ)』を体験できるブース。

『décopatch(デコパッチ)』

フランス製の薄い紙をちぎってのりで貼っていくだけ。木・ガラス・金属、平面から球体まで素材や形を問わずに。オリジナルにデコレーションを楽しめます。

『décopatch(デコパッチ)』を体験する様子イースターの時期だったので、たまご型の土台でした

バランスを見ながら、ちぎった紙を少しずつ貼っていきます。

『décopatch(デコパッチ)』したエッグ

5分ほどで完成!いろいろな素材をデコレーションできるので、空になったお菓子の箱やガラス瓶などを飾れば、日々の生活がより楽しくなりそうです。

見聞きして憧れていたフランスのものから、この日初めて知るものまで、さまざまなフランスのライフスタイルの楽しみを堪能できました!

 

昼食後のお楽しみ!子どもも大人も夢中なエッグハント

エッグハントのエッグ

おいしい食事においしいお酒、そして草上でのんびりと過ごす時間。お腹も心も満たされたあとは、フランスの子どもたちのイースターのお楽しみエッグハント!

フランス大使公邸のお庭でエッグハントする人たち

まるで森のように広いフランス大使公邸のお庭。隠されたエッグを子どもも大人も夢中になって探していました。

エッグの目印のリボンエッグの目印

エッグを探す女の子エッグは見つかったかな?

賑わいをみせるエッグハントと抽選会

エッグハントのあとは抽選会も行われ、とても賑わっていました。

ローラン・ピック駐日フランス大使ローラン・ピック駐日フランス大使

 

***

 

ボンジュールフランスのイベント「草上の昼食」を通して、食や文化でフランスのライフスタイルを存分に堪能できました。

ピクニックやアペロが気持ちの良い季節。「草上の昼食」を試してみてはいかがですか?

 

■一緒に読みたい記事

食にアートにカルチャー!ボンジュール フランスで楽しむフランス

フルーツのおいしさを楽しむための魔法!『クリスティーヌ・フェルベール』のコンフィチュール

フランスのエスプリ香る「イル・ド・フランス」のチーズで気軽にアペロ

お庭でピクニック!「草上の昼食」でフランスの食文化を堪能

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP