シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • BREAD
  • 朝食にもブランチにも。濃厚チーズが決め手のクロックムッシュレシピ

BREAD

朝食にもブランチにも。濃厚チーズが決め手のクロックムッシュレシピ

Pocket

朝食にもブランチにも。濃厚チーズが決め手のクロックムッシュレシピ

日本の食卓の定番パンと言えば食パンですが、フランスの定番パンはバゲットやクロワッサンです。でも、実はフランスでもこの時だけは必ず食パン(フランス語でパン・ド・ミ)を使うというお料理があるのです。それは、クロックムッシュ。フランス発祥の伝統的なトーストです。カフェなどで食べたことがあるという方も多いはず。

「家でもクロックムッシュを作ってみたい!」ということで、料理研究家の口尾さんにレシピを教えてもらいました。

パリの朝食風クロックムッシュのレシピ

01

  • 【材料】(1人分)
  • 食パン(8枚切り):2枚
  • バター:適量 ※室温に戻しておく
  • ベシャメルソース:適量 ※市販のものを使用。
  • グリュイエールチーズ(スライス):食パンくらいの大きさのもの1枚 ※エレメンタールチーズやピザ用チーズでもよい。
  • ハム:1〜2枚 ※食パンを覆うくらいの量
  • こしょう:少々

 

【作り方】

1.パンにバターを塗ります。

02常温で柔らかくしておいたバターを食パンの両面にそれぞれ塗ります。

 

2.具材をはさみます。

03バターを塗ったら、ハムとスライスしたグリュイエールチーズを置きます。

04もう1枚のパンをかぶせて、クッキングシートの上に置きます。

 

3.ベシャメルソースをのせます。

05ベシャメルソースをたっぷりパンの上にかけます。

 

4.グリエールチーズをかけます。

06ベシャメルソースの上から、グリュイエールチーズをおろしてかけます。

200〜220℃のオーブン(トースター)で10分焼き、焦げ目がついてカリッとしてきたら、完成です。フライパンで焼いてもOKです。

07チーズとベシャメルソースがとろりと溶け出して、とても濃厚な味わい!チーズはちょっと焦げていると香ばしさもあり、おいしいです。お好みでこしょうを振っても◎。

今回はグリュイエールチーズを使いましたが、ない場合はエレメンタールチーズやピザ用チーズなどでも代用可能です。でも、グリュイエールチーズはコクがあり、味もおいしく、いろいろなお料理で使うことができる便利なチーズ。スーパーなどでも手に入れることができますよ。

また、今回は市販のベシャメルソースを使用しましたが、作ることも可能です。

  • 【ベシャメルソースの材料】
  • 牛乳:400ml
  • バター:40g
  • 小麦粉:40g •
  • ナツメグ:少々

 

鍋にバターを溶かし、小麦粉を炒めます。牛乳を少しずつ加え、ダマにならないように気をつけながら混ぜましょう。とろみがついてきたら、塩、ナツメグを入れてできあがりです。

 

朝食やブランチにぴったりのクロックムッシュ

08

難しそうに見えて、意外と簡単なクロックムッシュ。サラダやラペを添えれば立派なカフェ風モーニングになります。目玉焼きを乗せれば、さらにボリューム満点なクロック・マダムにも。

ちなみに、クロックムッシュの名前の由来は、Croquer の「カリカリと食べる」という意味からきているとか。ちょっと焦げたクロックムッシュをカリカリとかじれば、気分はもうパリジェンヌ!?

濃厚でコクがあるので、白ワインなどとも相性◎。朝食にブランチに、いろいろなシーンで使えるトーストレシピです。

 

■一緒に読みたい記事

フランス人のブランチはゆったりまったりダラダラ! :【とのまりこのパリライフ!】

「変わらない」がそこにある。神楽坂『トンボロ』のトースト

おいしいパンがあったらディップにもこだわりたい!簡単ディップレシピ

朝食にもブランチにも。濃厚チーズが決め手のクロックムッシュレシピ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP