シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • BREAD
  • アレンジ自在で超優秀!「超熟フォカッチャ」で前菜からメインまで

BREAD

アレンジ自在で超優秀!「超熟フォカッチャ」で前菜からメインまで

Pocket

アレンジ自在で超優秀!「超熟フォカッチャ」で前菜からメインまで

イタリアの定番パンと言えばフォカッチャ。古代ローマ時代から伝わる、イタリアの平焼きパンです。イタリアンレストランに行くと出てくることも多いですよね。

パン屋さんに行かないとなかなか買えないフォカッチャが、実は手軽に買えるようになったのをご存知ですか?ごはんのようなもっちり&しっとり感と、サラッとした口どけの良さで人気の『超熟』シリーズからフォカッチャが登場!今回はこの「超熟フォカッチャ」を使ったパーティシーズンにもオススメのレシピをご紹介します。

 

日本の食卓にもマッチするイタリアの定番パン

フォカッチャはオリーブオイルを混ぜた生地をのばして、表面にオリーブオイルと塩をまぶし、 焼き上がりが平らになるようくぼみをつけて焼くのが特徴。

一般的なフォカッチャは、平焼きのためパサつきがちですが、「超熟フォカッチャ」は独自の超熟製法により“もっちり、しっとり”とした食感を楽しめます。また、小麦本来の香りが楽しめるように、香りが控えめで、まろやかな風味のオリーブオイルを使用しています。だからこそ、どんな食材と組み合わせても相性がいいんです!

超熟フォカッチャ

もちろん、この「超熟フォカッチャ」も他の『超熟』シリーズと同じく、イーストフードと乳化剤を使用していません。

 

「超熟フォカッチャ」で作るパーティレシピ

そのままトーストして普段の料理と組み合わせてもおいしい「超熟フォカッチャ」ですが、せっかくならさまざまなアレンジを加えて楽しみたい!ということで、料理研究家の口尾麻美さんにPARISmagオリジナルのメニューを作ってもらいました。

 

レシピ1:フォカッチャのブロシェット

超熟フォカッチャのブロシェットの材料

  • 【材料】2〜3人分
  • 超熟フォカッチャ…2個
  •  
  • <具材>
  • プロシュート…適量
  • ブラック&グリーンオリーブ…適量
  • セミドライトマト…適量
  • ミニトマト…適量
  • バジル…数枚
  • ブリー(ひと口大のチーズ)…数個
  • ※カマンベールやプロセスチーズでもOK
  •  
  • オリーブオイル…適量

 

【作り方】

1.フォカッチャを8等分の角切りにします

超熟フォカッチャを8等分に切る

 

2.具材を竹串に刺します

フォカッチャと具材を竹串にさす

好きな順序で具材を竹串に刺したら完成。オリーブオイルをつけて食べてもおいしいです。

 

<具材:さつまいもとソーセージの揚げ焼き>

今回はさらにアレンジを加えて、旬の食材でも具材を作ってもらいました。

超熟フォカッチャで作るブロシェット

  • 【材料】
  • さつまいも(小)…1本
  • ソーセージ(3等分に切る)…3本
  • 皮ごとにんにく…3かけ
  • ローズマリー枝…1本(あれば)
  • 塩…適量
  • オリーブオイル…大さじ2~3
  •  

【作り方】

1.サツマイモを2cm角くらいに切ります

2.材料を揚げ焼きにします
フライパンにオリーブオイルを熱し、①のさつまいも、にんにく、ローズマリーを入れます。さっとオリーブオイルをまわしかけ、フタをしたら中火で揚げ焼きにしましょう。(時々フライパンを揺する)

3.ソーセージを焼きます
さつまいもの火が通る寸前にソーセージを入れます。全体的に焼き色がついたら、油を切って、塩をふりかけたらできあがり!

こちらも同様に、具材を交互に串に刺せばOK。

超熟フォカッチャで作るブロシェット

アペロのお供にもぴったりなフィンガーフードは、シーズンごとに具材を変えて1年中楽しめますね。

 

レシピ2:フォカッチャクルトンのマッシュルームサラダ

超熟フォカッチャで作るクルトンのマッシュルームサラダの材料

  • 【材料】2〜3人分
  • <クルトン>
  • 超熟フォカッチャ(10等分に切る)…1個
  • オリーブオイル…大さじ2
  •  
  • ミックスサラダリーフ…1袋
  • マッシュルーム(薄切り)…2~3個
  • ミニトマト(半分に切る)…適量
  • パルミジャーノチーズ(薄く削る)…大さじ2
  •  
  • <ドレッシング(A)>
  • 塩…小さじ1/3
  • レモン汁…大さじ1
  • オリーブオイル…大さじ2(エクストラヴァージンオイルがおすすめ)
  •  

【作り方】

1.フォカッチャを炒めます

10等分に切った超熟フォカッチャを炒める

フライパンにオリーブオイル、10等分に切ったフォカッチャを入れ、カリッとなるまで炒めます。

 

2.サラダボウルに材料を入れます

器にサラダを盛り付ける

ミックスサラダリーフ、マッシュルーム、ミニトマト、①のフォカッチャを入れ、パルミジャーノチーズをちらします。

 

3.ドレッシングであえます

サラダボウルにフォカッチャをのせ、オリーブオイルをかける

サラダを和える

食べる直前に<A>を入れ、あえたらできあがりです。ドレッシングは食べる直前に入れるのがポイント!

超熟フォカッチャで作るクルトンのマッシュルームサラダ

イタリアで“パンツァネッラ”と呼ばれているパンサラダ。フォカッチャで作る大き目クルトンは食べ応え抜群。そのまま食べても表面はカリカリ&香りがよく、サラダと和えることでドレッシングの水分を吸い、食べていくうちに少しもちっとした食感も楽しめます。これだけで大満足なお食事サラダです!

 

レシピ3:フォカッチャサンド

超熟フォカッチャで作るサンドイッチの材料

  • 【材料】2人分
  • 超熟フォカッチャ…2個
  • ポークカツレツ…2枚 ※お惣菜のカツでもOK
  • バジル…2枚
  • トマト(角切り)…1/2個
  • 赤玉ねぎ(薄切り)…1/4個 ※玉ねぎでもOK
  •  
  • <ドレッシング(A)>
  • バルサミコ酢…大さじ1/2
  • オリーブオイル…大さじ1
  • 塩…少々

 

【作り方】

1.フォカッチャをトースターで温めます

超熟フォカッチャの上部を切り、トースターで温める

上の部分を薄めに切ったらトースターで90秒温めます。

 

2.野菜をマリネします

ボウルにトマトと赤玉ねぎ、ドレッシングを入れ和える

ボウルにトマトと赤玉ねぎ、<A>を入れよく混ぜましょう。

 

3.具材をフォカッチャではさみます

フォカッチャで具材をサンドする

①のフォカッチャの下の部分にオリーブオイル(分量外)を塗り、ポークカツレツ、②、バジルをのせます。上の部分のパンをのせたら、できあがりです。

 

<おすすめの具材①ポークカツレツ>

ポークカツレツサンド

  • 【材料】
  • トンカツ用豚肉(ロース、もも)…1枚
  • 塩・こしょう…適量
  • 小麦粉…適量
  • 卵…1/2個
  • パン粉…適量
  • 揚げ油…適量

 

【作り方】

1.豚肉は2~3等分して肉叩きなどで薄く伸ばします。

2.①に塩・こしょうを振り、小麦粉→卵液→パン粉の順につけ、180℃の油できつね色になるまで揚げたらできあがり。

 

<おすすめの具材②じゃがいものフリッタータ>

じゃがいものフリッタータのサンド

  • 【材料】
  • 卵…3個
  • じゃがいも(薄めのいちょう切り)…1個
  • パルミジャーノチーズ(すりおろし)…大さじ1
  • 塩…小さじ1/2
  • オリーブオイル…大さじ2~3

 

【作り方】

1.卵はボウルに溶いておきます。

2.フライパンにオリーブオイルを大さじ1を入れ、じゃがいもを炒めます。

3.じゃがいもに火が通ったら、①のボウルに入れ、塩、パルミジャーノチーズも入れ、混ぜます。

4.別の小さいフライパン(直径15cmほど)に残りのオリーブオイルを入れ熱します。フライパンが温まったら、③を一気に流し入れます。半熟になるまで混ぜながら焼き、弱火にしてフタをします。

5.④に焼き色がついたら裏返し、全体に火が通ったらできあがりです。

 

はさむ具材はお好みで!今回紹介した具材以外にもサバの塩焼きなどもおすすめの具材。休日のブランチに食べたくなる1品です。

 

おまけレシピ:トースターで簡単!フォカッチャクラッカー

超熟フォカッチャで作るクラッカー

「超熟フォカッチャ」は、薄切りにして100〜120℃で10分トーストするとフォカッチャクラッカーになります。プロシュートを巻いてグリッシーニ風にしたり、フムスをディップしたり、クリームチーズをのせてカナッペにしたりと、使い方は無限大! もちろん細かく割って、サラダやスープに浮かべてもおいしいですよ。

公式サイトでは、このほかにも「超熟フォカッチャ」と相性のよいレシピが紹介されています。料理を引き立ててくれる「超熟フォカッチャ」で、すてきなパーティタイムを楽しんでみてはいかがですか?

 

 
■一緒に読みたい記事

朝食の定番!超熟食パンをワインのお供にアレンジ

はちみつの老舗がてがける京都の『クリームパン専門店 キンイロ』

チャイの概念がくつがえる!『chai break』 のチャイとフレンチトースト

アレンジ自在で超優秀!「超熟フォカッチャ」で前菜からメインまで

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PAGE TOP