シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • ベル・エポック時代のパリを体験できる!パリ12区『縁日博物館』

PARIS

ベル・エポック時代のパリを体験できる!パリ12区『縁日博物館』

Pocket

ベル・エポック時代のパリを体験できる!パリ12区『縁日博物館』

パリ12区の再開発エリアにあるショッピングモール『Bercy Village(ベルシー・ヴィラージュ)』。今でこそパリは日曜日も営業する店が増えましたが、ちょっと前までのパリは日曜日になるとどこもかしこもお休みに。

ベル・エポック時代のパリを体験できる!パリ12区『縁日博物館』

なので、この『ベルシー・ヴィラージュ』ができた当初は、日曜日も食べたりショッピングできたりする貴重な場所としてよく遊びに行きました。

 

おとぎ話の世界に迷い込んだような気分になれる博物館

ここは19世紀に世界で最も大きなワイン市場として栄えた場所で、かつて使われていたワイン倉庫の面影を残したままブティックやレストランなど様々なお店が並んでいます。

ベル・エポック時代のパリを体験できる!パリ12区『縁日博物館』

その『ベルシー・ヴィラージュ』の一角にあるのが、今回ご紹介する素敵なミュージアム。まるでタイムマシンに乗っておとぎの世界に迷い込んだかと錯覚するようなノスタルジックな雰囲気満点の「Museé des Arts Forains(縁日博物館)」です。

ベル・エポック時代のパリを体験できる!パリ12区『縁日博物館』

日本語では「縁日博物館」と訳されていますが、「縁日」と言っても日本の縁日とはちょっと違い、今でいう移動遊園地や季節ごとに各地で開催されるようなお祭りのようなもの。

 

レトロなゲームを実際に体験!

ベル・エポック時代のパリを体験できる!パリ12区『縁日博物館』

“ベル・エポック”と呼ばれるパリが繁栄した華やかな時代に、人々を楽しませた娯楽遊びやお祭りにまつわるものを集めたミュージアムなのです。

ベル・エポック時代のパリを体験できる!パリ12区『縁日博物館』

古いピンボールゲームや玉を転がして点数を競いながら競争するギャルソンゲーム、競馬ゲーム(昔日本でよく行った遊園地などにも同じゲームがあって夢中になった覚えがあり、個人的にとても懐かしい!)、19世紀末にドイツで作られたメリーゴーラウンドや1897年に作られた珍しい自転車のメリーゴーラウンドなど見ているだけでワクワクする世界。

ベル・エポック時代のパリを体験できる!パリ12区『縁日博物館』

しかも実際に乗って楽しむこともできるのです。

 

『ミッドナイト・イン・パリ』のロケ地にも

ベル・エポック時代のパリを体験できる!パリ12区『縁日博物館』

実はここウディ・アレンが脚本と監督を務めた映画『ミッドナイト・イン・パリ』のロケ地にも使われた場所。建物の外も中も、展示されているもの全てが絵になるおとぎの国。

世界中の人が訪れるルーブル美術館やオルセー美術館など、超有名な美術館たちに負けないほど素晴らしいおすすめの場所です。このミュージアムは通常予約が必要で、ガイドさんが案内してくれるシステムなので、事前の予約を忘れずに!

 

  • ■施設情報
  • Museé des Arts Forains(縁日博物館)
  • 住所:53 Avenue des Terroirs de France 75012(地図
  • 電話:01 4340 1622
  • HP:http://arts-forains.com/

 

■一緒に読みたい記事

ルイ・ヴィトン美術館のすぐ近くの遊園地『アクリマタシオン庭園』

パリの空に気球!?上空300mから街を一望できる穴場アトラクション

マルシェの中にあるパティスリー『Jojo & Co,』で旬のフルーツたっぷりスイーツを

ベル・エポック時代のパリを体験できる!パリ12区『縁日博物館』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram

POPULAR POST

人気の記事

PAGE TOP