シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • TOKYO/PARIS『CENTRE THE BAKERY』タマゴサンドと、カツサンドと。【TOKYO編】

PARIS

Tokyo/Paris『CENTRE THE BAKERY』タマゴサンドと、カツサンドと。【Tokyo編】

Pocket

Tokyo/Paris『CENTRE THE BAKERY』タマゴサンドと、カツサンドと。【Tokyo編】

日本の食パンブームの火付け役、パン好きなら1度は耳にした事があるのでは?その名も『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)』。

『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)』

オープンして早5年。東京、銀座の店舗では常に行列が絶えないこのお店。数多くの食パン専門店がある中、今でもセントルの食パンは絶対的人気を誇ります。

 

セントルの食パンはイートインが狙い目!

『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)』

いつ来てもすごい行列です。

並ばないと食べられない?いいえ、そんな事はありません!セントルでは朝からイートインが可能、さらには予約もできちゃいます!という事で、早速イートインしてサンドイッチタイム!

『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)』のクロックマダム

まずは、クロックマダム。

卵は光っているし、グリュイエールチーズはカリッカリに。この画力を持っておいしくない訳がありません。

『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)』のクロックマダム

一口食べてみると…

うん!期待通りにおいしい!チーズの食感が癖になりそうです。ちなみに私はムッシュよりマダム派。

『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)』のカツサンド

お次はずっと食べてみたかったのがこちら!宮崎県産霧島豚のフィレカツサンドです。見てください、この、肉の厚み。

『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)』のカツサンド

写真を見ているだけで口の中に味わいが蘇るような、力強いカツサンドでした。とにかく、肉肉しい。そこにパンがそっと寄り添っているようなイメージ。

『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)』のフレンチトースト

お次はフレンチトースト。これもたっぷりとした裕福な装い!食欲をそそりますね〜。

パン生地の中までしっかりとアパレイユ(卵液)が浸されたフレンチトースト。くどくない甘さと傍に添えられたアイスクリームの相性も抜群!その厚みも手伝って満足感がすごいです。

『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)』のフルーツサンド

お次は私の大好物なフルーツサンド!個人的にこれが1番のヒット!デリケートで繊細で…守りたくなるフルーツサンド。大切に噛み締めたい気持ちになります。

フルーツサンドを見るたびに溜息が出るほどかわいいなぁと思ってしまうんですが…おそらく、フルーツサンドは自分でもかわいいことを知っています。

『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)』の店内

店内もとてもお洒落な装飾。おいしいサンドイッチを食べたいときは、予約をしてセントルへぜひ!

次回はフランス・パリでの『セントル ザ・ベーカリー』の模様をお届けします。お楽しみに!

 

  • ■お店情報
  • CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)
  • 住所:東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル 1F(地図
  • TEL:03-3567-3160
  • 営業時間:10:00〜20:00(LO 19:00)
  • 定休日:月曜日 ※祝日の場合は、翌火曜日
  • ※パンの販売は無休です。

 

■一緒に読みたい記事

究極がここにある!『CENTRE THE BAKERY』の2つのたまごサンド

水にこだわる食パン専門店『銀座に志かわ』の挑戦

どこを切り取ってもフォトジェニック!山野ゆりお気に入りの「パリと、パンと。」

Tokyo/Paris『CENTRE THE BAKERY』タマゴサンドと、カツサンドと。【Tokyo編】

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram

POPULAR POST

人気の記事

PAGE TOP