シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • パリの街に、日本人イラストレーターKANAKOの巨大な作品が登場!

PARIS

パリの街に、日本人イラストレーターKanakoの巨大な作品が登場!

Pocket

パリの街に、日本人イラストレーターKanakoの巨大な作品が登場!

雨が多く、寒い日が続いていた今年のパリの春。やっと晴れた日に、ルーブル美術館に行ってきました。

ida01

開館とともになだれ込む列に流されながら、モナリザへ。お仕事でちょっと撮影をしてきたのですが、朝は人が少ないとはいえ、すでに数10人の人だかりができていました。

ルーブル美術館 マダム・レカミエの肖像

ルーブル美術館で私のお気に入りの絵はこちらのマダム・レカミエの肖像。パリでの社交界には欠かせない存在だったそうです。

セーヌ川

2時間くらいルーブル美術館を観て、巨匠達の偉大さを感じながら、外に出ると気持ちのいい青空。ちょっとセーヌ川沿いをお散歩することにしました。

 

日本人イラストレーターKanakoのイラスト発見!

セーヌ川沿いのデパート「ラ・サマリテーヌ(La Samaritaine)」の工事幕は日本人イラストレーターのKanako(カナコ)さん

セーヌ川沿いを歩いていると、かわいいイラストが描かれた工事現場がありました。「ラ・サマリテーヌ(La Samaritaine)」というかつて最大ともいわれた老舗デパートの工事現場で、工事幕のイラストを描いたのは日本人イラストレーターのKanakoさん。

最近、パリでは日本人の活躍をよく耳にします。2月に発表された今年のミシュランでは、日本人シェフが5人も星を獲得!本当にうれしい限りです。(シェフの話も今度しますね!)

セーヌ川沿いのデパート「ラ・サマリテーヌ(La Samaritaine)」の工事幕は日本人イラストレーターのKanako(カナコ)さん

イラストレーターのKanakoさんもその1人。「My little Paris」というパリジェンヌに人気のWEB サイトのイラストを担当し、Kanakoさんのおかげでサイトは絶好調!パリのイメージといえば、Kanakoといわれるほどになっています。そのKanakoさんの最近の作品がこの「ラ・サマリテーヌ」の高字幕。

「ラ・サマリテーヌ」は2005年に閉店し、その後2008年にLVMHが新しい商業施設に改装する計画を発表しました。その工事計画は、デラックスなホテルをセーヌ川沿いに入れ、リヴォリ通り側はブティックなどが入るというもの。パリ市のここを商業施設だけでなく、保育施設や公団住宅を入れるようにという案を受け入れ、よりパリ市民の生活に近い形での構想が固まりました。当時、オープンは2015年と言われていましたが、今年は既に2017年…。一体いつできあがるのか、フランス人のリズムは相変わらずマイペースなよう。

 

セーヌ川の反対側からもばっちり分かる大きさ

この工事幕すごく大きい!どれくらいかというと、セーヌ川の反対側でも、はっきり見えるくらいといえばわかっていただけるでしょうか。

セーヌ川沿いのデパート「ラ・サマリテーヌ(La Samaritaine)」の工事幕は日本人イラストレーターのKanako(カナコ)さん

これはアート橋(Pont des Arts)というセーヌ川にかかる橋の上からのカット。この橋は少し前まで、南京錠をここにつけると幸せになれるといわれていたことでも有名な場所です。

アート橋(ポンデザール Pon des Art)

ちなみに今はガラス張りになって、南京錠はすっきりきれいになくなってしまいました。南京錠が流行りすぎていたときは、撮影が出来ないくらい汚かったので、私は今のほうが好きかな。

セーヌ川沿いのデパート「ラ・サマリテーヌ(La Samaritaine)」の工事幕は日本人イラストレーターのKanako(カナコ)さん

とはいえ、南京錠の伝説(!?)はまだ続いているよう。これは、隣のポン・ヌフ橋の真ん中にあるシテ島の中州部分です。

セーヌ川沿いのデパート「ラ・サマリテーヌ(La Samaritaine)」の工事幕は日本人イラストレーターのKanako(カナコ)さん

さて、「ラ・サマリテーヌ」の工事幕に近づいてみると、いろんな面にKanakoさんのイラストがあります。かわいい!

セーヌ川沿いのデパート「ラ・サマリテーヌ(La Samaritaine)」の工事幕は日本人イラストレーターのKanako(カナコ)さん

正面からのカットを見たことがある人もいるかもしれませんが、きっと裏の道側を見たことのある方は少ないのでは?ぐるりと周ってみることにしました。

 

パリジェンヌのライフスタイルが垣間見えるイラスト

セーヌ川沿いのデパート「ラ・サマリテーヌ(La Samaritaine)」の工事幕は日本人イラストレーターのKanako(カナコ)さん

これはLVMH本社ビルの向かい側です。モチーフは働く女性だったり、バカンスをしている様子だったり、洗濯物や占いも?パリジェンヌの生活のイメージなのでしょうか。

セーヌ川沿いのデパート「ラ・サマリテーヌ(La Samaritaine)」の工事幕は日本人イラストレーターのKanako(カナコ)さん

こちらはリヴォリ通り沿いから見たところ。働きながらも子だくさんと言われるパリのイメージが描かれているようです。

セーヌ川沿いのデパート「ラ・サマリテーヌ(La Samaritaine)」の工事幕は日本人イラストレーターのKanako(カナコ)さん

パリジェンヌたちが図面を見たり、釘を打ち付けたり、ペンキを塗っている様子も。まるで、パリジェンヌが一緒に工事しているみたいで楽しいですね!

ルーブルから始まった今日の1日。絵画やイラストを通して、新旧のパリジェンヌの暮らしを目の当たりにした1日になりました。

 

■一緒に読みたい記事

パリジェンヌの生活が詰まった月1回のうれしい贈り物『My Little Box』

米澤よう子さんに聞く!パリジェンヌのおしゃれ術

ダヴィンチやフェルメールがぎゅうぎゅうに展示!名画だらけのルーブル美術館

パリの街に、日本人イラストレーターKanakoの巨大な作品が登場!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP