シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • FOOD
  • 今年のバレンタインはちょっぴり大人な「チョコラサミ」を!

FOOD

今年のバレンタインはちょっぴり大人な「チョコラサミ」を!

Pocket

今年のバレンタインはちょっぴり大人な「チョコラサミ」を!

もうすぐバレンタイン!話題のショコラティエのチョコレートも気になりますが、おうち時間が増えた今年のバレンタインは久しぶりに手作りしてみませんか?そこで今回は、料理家の口尾麻美さんに、最近注目されている「チョコラサミ」のレシピとおすすめのペアリングを教えてもらいました。

 

世界の定番お菓子をリッチにアップデート

「チョコサラミ」とはチョコレートにビスケットやドライフルーツを混ぜ、棒状にしたデザート。形状と、切った時の断面がサラミのようなので「チョコサラミ」と呼ばれています。最近はパティスリーやショコラトリーでも見かけるようになりました。

「チョコラサラミは元々イタリアの家庭で作られるお菓子。現地のチョコサラミは、ビスケットがたっぷり入っていてとても素朴なんですよ。私も10年くらい前から作っています」と口尾さん。

口尾さんによると、世界中にチョコサラミに似たお菓子があるんだとか。

「アメリカのチョコサラミはマシュマロが入っていて、ボリューム満点(笑)。またリトアニアには『Tinginys(ティンギニス)』という名前の似たお菓子があります。この名前、リトアニアの言葉で“なまけもの”という意味!それくらい簡単に作ることができるお菓子なんです」。

海外では定番の「チョコサラミ」を、今回はちょっとリッチな材料を使って大人なスイーツに仕上げてもらいました。

 

ベーシックなチョコラサミ

■材料:2本分(長さ15cm)

チョコレート(ビター)‥150g

バター70g

ココアパウダー‥30g

粉砂糖‥適量

<A>

セミドライいちぢく‥30g

スライスアーモンド‥大さじ1

くるみ‥大さじ1

キヌアパフ‥大さじ1

サルタナレーズン‥30g

ビスケット ‥50g

ダークラム‥小さじ2 ※なくてもOK

 

■作り方

①ビスケットは粗めに砕きます。

②チョコレートは小さく砕いてボウルに入れ、なめらかになるまで湯煎で溶かします。

③チョコレートが溶けてきたらバターを入れ溶かします。

④ ③にココアパウダー、<A>を入れ、さっくりと混ぜます。

⑤  ④が少し固まってきたら、クッキングシートに半量をのせ、手前から巻き、両端をキャンディー包みのように絞ります。しっかりと空気を抜くのがポイント!同様にもう1本作ったら、冷蔵庫で1〜2時間程冷やします。

⑥  ⑤が固まったら、全体に粉糖をまぶしたら完成。

オーソドックスな基本のレシピ。ドライフルーツの風味と、ビスケット&キヌアパフの食感が楽しめます。お子さんから大人までおいしくいただけます。こちらのチョコサラミはシンプルにコーヒーと合わせるのが◎。ビターなチョコレートと、コーヒーの香りがマッチします!

 

ピリッとスパイシーなチョコサラミ

■材料:2本分(長さ15cm)

チョコレート(ビター)‥150g

バター70g

ココアパウダー‥30g

粉砂糖‥適量

<A>

スライスアーモンド‥大さじ1

キヌアパフ‥大さじ1

サルタナレーズン‥30g

ピンクペッパー‥大さじ1

ブラックペッパー(粗挽き)‥小さじ2

カイエンペッパー‥小さじ1/2

フルールドセル‥ふたつまみ  ※粗塩でもOK。お好みで加減してください。

ビスケット ‥50g

 

■作り方

プロセスは基本のチョコサラミと同様。

ピリッとしたスパイスが刺激的な大人なチョコサラミ。後味にほんのりと感じる塩気が、チョコレートの風味を引き立ててくれます。お酒との相性も良いので、甘いものが苦手な方にもおすすめ。ナッツやチーズも添えて、スパークリングワインと一緒に召し上がれ。

 

■材料:2本分(長さ15cm)

ホワイトチョコレート‥200g

バター15g

粉砂糖‥適量

 

<A>
レモンの皮のすりおろし‥1個分

フリーズドライいちご‥3個

フリーズドライフランボワーズ(クラッシュ)‥大さじ1

オレンジピールの砂糖漬け(角切り)‥大さじ2

スライスアーモンド‥大さじ2

ピスタチオ‥40g

キヌアパフ‥大さじ1

ビスケット ‥30g

コニャック‥小さじ2 ※なくてもOK

 

■作り方

プロセスは基本のチョコサラミと同様。ホワイトチョコレートは脂肪分が多いのでバターの量に注意しましょう。

ホワイトチョコレートをキャンパスに、いちご&フランボワーズの赤色とピスタチオの緑色が映えます。ホワイトチョコレートは甘味が強いですが、ドライフルーツとレモンの酸味でスッキリとした後味です。ハーブの香りが豊かなジンとのマリアージュはいかがでしょう。

 

「中に入れる具材は、バランスをみながらお好みで調整してください。あえてサイズをバラバラにすると素朴でかわいらしい見た目になりますし、食感も楽しいです」と作り方のポイントを教えてくれた口尾さん。ビスケットをチョコタイプやグラハムタイプに変えるだけでもまた違った味わいになります。とても簡単に作れるのに、特別感を味わえるチョコサラミ。ぜひバレンタインのギフトに作ってみてはいかがですか?

 

 

今年のバレンタインはちょっぴり大人な「チョコラサミ」を!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram

POPULAR POST

人気の記事

PAGE TOP