シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • STYLE
  • 日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

STYLE

日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

Pocket

日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

春らしい陽気が増え、街角のお花屋さんや野原にもいろとりどりのお花が並ぶようになる3月。カラフルに色づく花々を見ているとなんだか元気がもらえるような気がしてきますよね。今回は、暮らしに取り入れたい春のお花を紹介したいと思います。

 

日本の春の花と言えば!さくら

日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

日本の春といえば、やっぱり桜。淡く色づくピンク色の花々を見ると、思わずウキウキした気持ちになるもの。今年の開花予想は、西日本、東日本は3月末~4月上旬頃と言われていますので、そろそろお花見の計画を立て始めている方もいるかもしれませんね。

最近では、お花見シーズンの少し前頃から、お花屋さんにも枝ものの桜が並ぶのをよく見かけます。外でお花見も楽しいですが、おうちで数本の枝ものの桜を飾るのも粋な楽しみですよ。

 

カラフルな色がキュートなチューリップ

日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

もうひとつ「春の訪れる花」として浮かぶのはチューリップ。最近はいろいろな色、模様のチューリップが増えています。品種によって、初春に咲くもの、梅雨前に咲くものなどがあるので、春という季節のなかでもいろいろなチューリップに出会えます。チューリップは色によって花言葉が異なりますが、「愛」に関するものが多いんですよ。赤は「愛の告白」、ピンク色は「愛の芽生え」、白は「失われた愛」など。

日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

カラフルな色の組み合わせでインテリアのアクセントにしたり、白いチューリップをシンプルに飾ってシックにしても◎。パリでは空き瓶や大きめのグラスなどを花瓶に代用することも多いです。花瓶がない…という方は、ぜひ真似してみてくださいね。

 

フランスからやってきたゴージャスな花、ヒヤシンス

日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

美しい色で、ゴージャスな花を咲かせてくれるヒヤシンスも実は春が季節。3月から4月にかけて咲き、豪華な花と香りで春の季節の訪れを教えてくれる花です。

実は、ヒヤシンスとチューリップは、1800年代中頃にフランスから一緒に日本に渡来したお花。お花屋さんでは切り花のほか、球根付きで販売されていることもあります。切り花はバサッと束ねて大きめの花器に入れてゴージャスに、球根付きの場合は透明な花器やグラスに入れ、球根を見せて生けるのもかわいいですよ。

 

素敵な花言葉はプレゼントにも!カーネーション

日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

母の日でおなじみのカーネーションの開花時期も春〜初夏。赤やピンクのイメージがありますが、実はブルーや緑といった色もあり、品種が豊富なお花です。それぞれの色に花言葉がありますが、素敵なメッセージが多いのでプレゼントにはぴったり。

 

小さな花といい香りが可憐なすずらん

日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

可憐で清楚な花を咲かせるすずらんは、4月〜6月が見頃。小さな鈴が連なったようなかわいらしいお花と優しい香りで、見ているだけで優しい気持ちになってきます。

フランスでは、5月1日に愛する人へすずらんを贈り、すずらんを贈られた人には幸運が訪れるという風習も。ぜひ今年の5月1日は愛する人にプレゼントしてみては?

 

フランスで春の訪れを告げる花、ミモザ

日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

フランスの春のお花と言えば、ミモザ!南仏などの暖かい地域でよく見られるポンポンとした黄色いミモザの花は、春の訪れを知らせてくれる花として親しまれています。3月のプロヴァンスでは、山という山がミモザでレモンイエローに染まるのだとか!

 

鉢植えの定番パンジーも春の花

日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

おうちのお庭などでよく見かけるパンジー。あまり季節を意識したことのない方も多いかもしれませんが、パンジーももともとは春咲のお花。パンジーという名前は、花が人の顔のようなことから、考えごとをしているように前に傾く様子をあらわすフランス語の「pense(パンセ=考える)」が由来と言われています。

花が咲き乱れる南仏のプロヴァンス地方の軒先などでもよく見かけるお花で、黄や濃紺の花を絶えず咲かせて、街並みに色を添えています。

 

日本、フランスそれぞれで春の訪れを感じさせてくれるお花を紹介しました。お花はフランス人にとって、日々を楽しむために欠かせないもの。インテリアに取り入れるのはもちろん、野に咲く花々やお花屋さんに並ぶお花から季節を感じて過ごしています。

ぜひ、お花を暮らしに取り入れて、花々の生命力や美しさにインスピレーションをもらいながら、春を楽しんでくださいね。

 

★今月のMy Little Boxのテーマは「Perfume of Provence」。

春にはミモザやすずらんなどさまざまなお花が野山や市場を彩るプロヴァンスの春が詰まったBoxです。自由で自然体なフレンチビューティーを体現するスキンケアブランド『L’OCCITANE(ロクシタン)』とのコラボレーション!春の気分にぴったりな小花柄のアイテムと共に、プロヴァンスの自然のエネルギーを感じられる『ロクシタン』の人気コスメと4月3日より店頭発売のハーブフレグランス『エルバヴェール オードパルファム』が入っています。春の気分をさらに高めてくれますよ。

▶お申込みはこちら

 

 

■一緒に読みたい記事

一輪でもおしゃれ!花をもっと気軽に楽しむ一輪挿しガイド

パリに春の訪れを教えてくれる!黄色いポンポンがかわいいミモザの花

花とクレープの幸せな関係。代官山のクレープショップ『TAJIMAJI』

日本ではさくら!フランスではミモザ?春の訪れを告げる花々

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP