シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • GOODS
  • 新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

GOODS

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

Pocket

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

新しい1年がはじまりました。少し時間のあるお正月休みにスニーカーのお手入れをしませんか?足元がきれいになると、気分も軽やかになるはず。今回は、スニーカーのお手入れ方法を紹介します。

 

シューズケアに必要なツールがセットになったジェイソンマークの便利キット!

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ【東急ハンズ限定】JASON MARKK STARTER SET BOX

スニーカーとひと言で言っても、キャンバス地、レザー、スエードなどさまざまな素材があります。それぞれに適したケアをする必要があるのですが、すべてのキットを揃えるのは大変!今回は、シューズケアに必要な道具がセットになった『JASON MARKK(ジェイソンマーク)』のスターターセットを使ってお手入れをしました。

シューズに最適な洗剤、化繊ブラシと繊細な素材用の豚毛ブラシ、洗ったあとに拭き取るタオルが1式まとまっているので、これさえあればOK。さっそくお手入れ方法を見ていきましょう。

 

基本のお手入れ

土汚れやホコリなど普段暮らすなかでどうしても汚れてしまうスニーカーの汚れ。スターターセットに入っている「プレミアムシュークリーナー」がとっても万能。キャンバス地、スムースレザー、スエードなど基本的なスニーカーの素材の洗浄に対応しているだけでなく、効率的に汚れを落としてくれる優秀アイテムです。

1.ブラシで細かい汚れを取り除きます。

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

スニーカーの靴ひもとインソールを取り外しておき、水洗いをする前に、乾いた専用ブラシで靴全体をブラッシングします。水洗いする前に埃を取り除くことで洗剤が隅々まで浸透し、汚れが落ちやすくなる効果が。

インソールの汚れが気になる場合は、洗濯用中性洗剤か靴用洗剤をつけた歯ブラシで優しくこするとよいでしょう。

2.専用クリーナーで頑固な汚れを落とします。

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ
水で濡らした専用ブラシに「プレミアムシュークリーナー」を数滴つけ、汚れが気になる箇所を重点的にこすっていきます。泡立てながらブラッシングすると効果的◎。「プレミアムシュークリーナー」は、98.3%天然素材でできているので、安心して使うことができます。

3.浮き出た汚れを拭き取ります。

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

クリーナーをぬるま湯ですすぎ、乾いた布かタオルで拭き取ります。汚れが取れにくい場合は、2〜3の工程を数回繰り返すとよいでしょう。

トウやソール部分も汚れやすいので、ケアを忘れずに。メラミンスポンジや消しゴムでこすると、汚れが落ちやすくなりますよ。

4.風通しの良い日陰で自然乾燥させます。

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

乾燥は、直射日光は避け、風通しのいい日陰で。天日干しは、色褪せの原因にもなってしまうので要注意です。

 

スムースレザーはこまめなお手入れで汚れをためない!

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

パリジェンヌも愛用者が多い、アディダスのスタンスミス。白いレザーのスニーカーは汚れやすい上に、革製品ということでお手入れも悩ましいものですが、基本は一緒。「プレミアムシュークリーナー」でもきれいにすることができます。

でも、油断をするとすぐに汚れが目立ってしまうので、こまめなお手入れをするとよいでしょう。セットに入っている「クイックワイプ」は、「プレミアムシュークリーナー」が染み込んでいるウェットティッシュタイプのワイプが個包装になっているので、出先でスニーカーの汚れが気になったときにもさっと使うことができますよ。

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

シートの片面は青いドット、片面は白い柔らかい素材となっています。柔らかい面はで全体を拭き、汚れが気になるソールなどは強い汚れを落としてくれる青いドット面で拭き取ると◎。ウェットティッシュのように洗剤が染み込んでいるので、指で細かいところまで拭き取りやすいのがうれしい。

「クイックワイプ」は、起毛素材には使用できませんが、スムースレザーなど非起毛素材であれば、さっと拭くだけできれいになる便利アイテムです。

 

繊細なスエード素材はブラッシングが重要

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

上品さとカジュアルさを兼ね備えたスエード素材。デリケートな素材のため、お手入れが難しそう…と考えがちですが、こちらも基本は同じですが、ポイントがひとつ。

洗ったまま乾かしてしまうとスエードの毛先が固まってしまうことがあるので、半乾きの状態で、ブラッシングをするようにしましょう。

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

スエードはデリケートな素材。洗浄やブラッシングの際は、セットに入っている柔らかい天然豚毛のブラシを選ぶのが◎。ヌバック、メッシュ生地などの繊細な素材のときもこちらを使いましょう。素材を傷めずにケアすることができますよ。

 

きれいにしたあとは撥水スプレーを忘れずに

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

きれいになったスニーカーを大切に守るために、最後に防水(撥水)スプレーを吹きかけます。『ジェイソンマーク』のリペール(防水スプレー)は、耐久性と通気性を併せ持つバリアを作ってくれるので、水分や汚れをよせつけません。キャンバス、レザー、スエード、ヌバック、ナイロンなど、あらゆる素材にも使うことができます。

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

ヨーロッパでは、「いい靴は履き主を素敵な場所に連れて行ってくれる」ということわざがありますが、きれいな靴を履いていると気分も足取りも軽やかになるもの。新しい1年のスタート。大切なスニーカーをきれいに磨いてみませんか?

 

 

■一緒に読みたい記事

豊富なカラーとナチュラルな質感がかわいい!フランス生まれのスニーカー『ベンシモン』

春のおしゃれはスニーカーがないとはじまらない!春のスニーカーコーデ

靴磨き職人明石優さんが教える、正しい靴の磨き方と育て方

新年はきれいなスニーカーから!ジェイソンマークでスニーカーのお手入れ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PAGE TOP