シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • FOOD
  • 秋に食べたい大人のアイスクリーム!ヌガー・グラッセのレシピ

FOOD

秋に食べたい大人のアイスクリーム!ヌガー・グラッセのレシピ

Pocket

秋に食べたい大人のアイスクリーム!ヌガー・グラッセのレシピ

少しずつ秋めいてきたとはいえ、まだもう少し冷たいスイーツを楽しみたい9月。でも、キンキンに冷えたかき氷やアイスはもうちょっとお腹いっぱい…という方は、ヌガー・グラッセなんていかがでしょうか?

ヌガー・グラッセとは、ナッツやドライフルーツをキャラメルでコーティングしたヌガーをグラッセ(冷やし固めること)した南フランスのデザート。ハチミツやヌガーに加えて生クリームがたっぷり入っているので甘く贅沢なスイーツです。メレンゲを使用しているのでふわふわ食感で、これがくせになる!

ちょっと贅沢な気分になれるふわふわ甘い濃厚アイススイーツ、ヌガー・グラッセの作り方を紹介したいと思います

 

ふわふわ甘いヌガー・グラッセの作り方

ふわふわ甘いヌガー・グラッセの作り方

  • 【材料】(セルクル4個分)
  • 卵白:1個
  • ハチミツ:60g
  • 生クリーム:200cc
  • [具材]
  • ラムレーズン:大さじ1
  • チェリーの砂糖漬け赤、緑:各5個
  •  –
  • [ヌガティン]※アーモンドのキャラメリゼ
  • アーモンド:30g ※オーブンで乾煎りするとなお良い。
  • グラニュー糖:25g
  • 水:10cc

 

【作り方】

1.ヌガティンを作ります。

ふわふわ甘いヌガー・グラッセの作り方鍋にグラニュー糖と水を入れ、火にかけます。全体がキャラメル色になったら、火を止め、バターとアーモンドを手早く混ぜ、油を塗った鉄板に広げます。

アーモンドはオーブンで乾煎りしておくと、より一層香ばしくなります。

2 . ヌガティンをを細かくします。

ふわふわ甘いヌガー・グラッセの作り方[1]が冷めたら、鉄板から剥がします。ガラスのお皿ではなく、薄い鉄板のお皿にするとお皿自体をバコッとゆがめる事ができるので剥がしやすいです。剥がしたヌガティンを包丁で細かく刻みます。

3.生クリームを作ります。

ふわふわ甘いヌガー・グラッセの作り方生クリームを9分立てにし、冷蔵庫で冷やしておきます。

4.メレンゲを作ります。 

ふわふわ甘いヌガー・グラッセの作り方小鍋にハチミツを入れ、火にかけ、100℃くらいまで加熱します。加熱されるとさらっとした質感になります。

ふわふわ甘いヌガー・グラッセの作り方その間にメレンゲを角がたつまで立てます。ハチミツがさらさらになったら、メレンゲに加えてつやがでるまで泡立て器で撹拌します。

5.具材を混ぜます。

ふわふわ甘いヌガー・グラッセの作り方[4]に[3]の生クリームを入れ、さっくり混ぜます。そこに刻んだ具材、[2]で作ったヌガティンを入れ、ふんわり混ぜ合わせます。

6.冷やし固めます。

ふわふわ甘いヌガー・グラッセの作り方[5]をセルクルに入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。固まったらできあがりです。

ふわふわ甘いヌガー・グラッセの作り方

今回はセルクルでひとつずつ作りましたが、テリーヌ型で作って切り分けて食べるスタイルもおすすめです。

ふわふわ甘いヌガー・グラッセの作り方

今回はチェリーの砂糖漬けとアーモンド、ラムレーズンを使用しましたが、お好みのドライフルーツなどでもOK。レーズンやフルーツをキルシュで和えたものでもおいしいですよ。

ひと口ごとに違う具材が現れ、いろいろな食感、味わいを楽しめる大人のアイスクリームです。

 

■一緒に読みたい記事

デザートの世界を表現!ロブションのプレミアムアイスバーが登場

花とクレープの幸せな関係。代官山のクレープショップ『TAJIMAJI』

レモンとバジルが相性抜群!フランス風かき氷グラニテの作り方

秋に食べたい大人のアイスクリーム!ヌガー・グラッセのレシピ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP