シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • BREAD
  • キウイやしそのパンも!?経堂『ONKä』で出会う新しいパン

BREAD

キウイやしそのパンも!?経堂『onkä』で出会う新しいパン

Pocket

キウイやしそのパンも!?経堂『onkä』で出会う新しいパン

世田谷区の経堂駅の商店街を抜けて遊歩道沿いを少し歩くと、現れる小さなベーカリー『onkä(オンカ)』。

01

表参道にあるベーカリーカフェ『パンとエスプレッソと』と姉妹店としてオープンし、今年で6年目となる、こちらのお店。

02左:スタッフの大城さん。右:店長の下山さん。

初代オーナーから引き継いだ、現在の店長下山さんももともとは『パンとエスプレッソと』で働いていたスタッフのひとりだったのだそう。

「『onkä』は、毎日気軽に食べられるようなパンを作るというコンセプトで始めたお店。住宅地ということもあって、ファミリーが多いので、親子で来ていただけたらいいなと思っています」と話す店長の下山さん。

03 (1)

午前11時のオープンとともに近所に住むお客さんが次々にお店に訪れます。取材の日、1番乗りしていたお客さんは近所の常連さん。多くのお客さんが店員さんと仲良く話している姿が印象的でした。

 

開店当初からの人気は食パンとクロックムッシュ

04

たくさんの個性豊かなメニューが並ぶショーケースですが、下山さんが店長になったときに新しく作ったメニューがほとんど。その中で、食パンとクロックムッシュだけは開店当初からずっとあるメニューで、変わらない人気を誇っているのだそう。

05

クロックムッシュは3種類。「クロックムッシュ(ハム)」、「クロックムッシュ サーモン」は定番メニューで、もう1種類は時期によって具材を変える季節メニュー。取材に訪れた6月は、初夏ということで「しそとベーコンのクロックムッシュ」が並んでいました。しそのシルエットがちらりと見えて見た目もかわいいですね。

06

上から見るとまんまるのクロックムッシュ。横からみるとその厚さが分かります。パンに挟まれたベーコンも厚切りでびっくり!ベーコンがゴロゴロと入っており、ボリューム満点で食べ応えがあります。しそとチーズという、一見意外にも思える組み合わせですが、ひと口食べると相性抜群!

クロックムッシュというと朝ごはんのイメージがありますが、これはビールや白ワインなどのお酒とも合いそうです。

07

もうひとつの人気メニューである食パンですが、『onkä』で販売されているのは「山型食パン」。日本の食卓では「角食」の方が定番。多くのパン屋さんが「角食」を扱う中で、「山型食パン」だけを販売しているのは珍しいと思い理由を伺ってみると、「『山型食パン』ならではの食感を楽しんで欲しいから」とのことでした。

「うちの食パンのおすすめの食べ方は断然、トースト!トーストで食べておいしくなるような配合で作っているので、ぜひトーストして食べてみて欲しいです。トーストした後はお好みでバターやジャムをつけてみてください」と下山さん。

08

下山さんのアドバイスに習い、こんがりトーストし、オリーブオイルと塩でシンプルにいただいてみました。さっくりとした歯ざわりで、ほどよい口どけ!とても食べやすく、毎日食べても飽きない食パンです。トーストすることによって、山の部分がとってもパリパリに。それでいてパンの部分はやわらかく、もちっとしているから不思議です。「食感を楽しんでほしい」とはこのことだったのか、と思わず納得。

少し小ぶりのシンプルな食パンなので、ジャムやバターなど色んなトッピングで楽しめそう。厚さを変えて切って、食感の違いを楽しむのも◎。

 

女性の目線だから作れるかわいくて珍しいパン

09

クロックムッシュをはじめ、『onkä』に並ぶパンは、かわいいフォルムのものがとても多いです。その秘密はスタッフがみんな女性だから。「味ももちろんですが、見た目がかわいい方が食べていて楽しくなりますよね」と、女性ならではの視点でのパン作りを意識していることを教えてくれました。

メニューも女性らしいアイデアが光っています。「グレープフルーツのメロンパン」や「キウイミントとクリームチーズ」、「えびとマンゴー」など。名前を聞くだけで「かわいい!」と思ってしまう珍しい組み合わせが多数。

010

「夏は『キウイ』、『キウイミントとクリームチーズ』という菓子パンがおすすめですね。夏は爽やかなメニューを作ることを意識しています」と下山さん。

「キウイ」は『パンとエスプレッソと』で働いていたときから作っていたメニューで、「キウイミントとクリームチーズ」は下山さんが『onkä』に来てから生み出したパンなのだそうです。

011「キウイ」

012

コロンとまんまるの見た目がかわいい「キウイ」。切ってみると、パンがとっても柔らかい!ふわふわの食感のパンに、白あんとキウイジャムを混ぜたフィリングが包まれています。ほどよい白あんの甘さと、キウイの甘酸っぱさがマッチして、意外にも思える組み合わせが絶妙なマリアージュを生み出していることに、びっくりしてしまいました。想像以上にキウイの味がしっかりしているので、爽やかな味わいを楽しめ、まさに夏にぴったり。上に彩りを添えているピスタチオが、見た目にも味にも食感にもいいアクセントをつけています。

013

「キウイミントとクリームチーズ」は、ライ麦が配合された生地にドライキウイとミント、ピーカンナッツがゴロッと入ったパン。内側に包まれたクリームチーズと、ほのかに香るミントの爽やかさが抜群に合います。食事パンとしてはもちろんですが、ワインなどお酒といただいても◎。

こちらは夏限定の商品ですが、季節ごとにいろいろなメニューが出るのも『onkä』の楽しみのひとつです。

 

すぐに売り切れちゃう!ユニークなサンドイッチ

014

ガラスケース横に置かれたサンドイッチのコーナーに視線を移すと、そちらも珍しい組み合わせがたくさん!中でも「えびとマンゴー」のサンドイッチは、取材に訪れた際もすぐに売り切れてしまっていました。見つけたらすかさず購入した方がいいかもしれませんね。

015

「くるみとみるく」は、かわいくておいしいということで、下山さんおすすめのメニュー。実は逆から読んでも「くるみとみるく」。ネーミングまでキュートなんです。

少し噛みごたえのあるクルミ入りのパンに、濃厚なミルククリームがたっぷりサンドされています。クルミの味がしっかりしていて、程よい塩気も感じられ飽きないおいしさです。これからますます暑くなる季節には、キンキンに冷やして食べるのもおいしそう!

016

ミント入りのクリームチーズがレーズンとくるみのパンに挟まれた「ミントウィッチ」。たっぷりのクリームチーズがサンドされていますが、上にのったミントとクリームチーズに練りこまれたミントの風味が爽やかで、ペロリと食べられちゃいました。さらに、クリームチーズとパンには、レーズンとくるみがぎっしり入っており、最高の組み合わせを楽しむことができます。

 

「パンを毎日気軽に楽しんでもらいたい」という思いで作られているからこそ、季節を感じられる旬の食材を使ったり、珍しい組み合わせや新しいメニューを作り出したり、何度訪れても楽しくなるメニューを提供している『onkä』。

パンは夕方には売り切れてしまうことも多いので、色んなパンを楽しみたい方は14:30頃までに来るのがおすすめとのことでした。ぜひ、ここにしかないかわいくて楽しいパンを求めに行ってみてはいかがでしょうか?

 

  • ■お店情報
  • onkä(オンカ)
  • 住所:東京都世田谷区桜1-66-5(地図
  • TEL:03-6318-7184
  • 営業時間:11:00〜17:00
  • 定休日:火・水・木曜日

 

■一緒に読みたい記事

話題の理由を検証!バルミューダでパンを焼いて食べてみた!

旬の果実のおいしさがたっぷり!パンにぴったりなフルーツジャム6選

日本家屋で食べる揚げたてのふわふわドーナツ。代々木上原『haritts』

 

7011
キウイやしそのパンも!?経堂『onkä』で出会う新しいパン

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP