シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • BREAD
  • 高級チョコを使った濃厚チョココロネは、時間だしコーヒーとご一緒に!自由が丘『なんとかプレッソ』

BREAD

高級チョコを使った濃厚チョココロネは、時間だしコーヒーとご一緒に!自由が丘『なんとかプレッソ』

Pocket

高級チョコを使った濃厚チョココロネは、時間だしコーヒーとご一緒に!自由が丘『なんとかプレッソ』

「見たことも聞いたこともない商品を提供する」ことをコンセプトに掲げたパンとコーヒーのお店が昨年11月、自由が丘にオープンしました。その名も『なんとかプレッソ』。焼きたてのパンの香りが漂うこぢんまりとした店内には、これまでのパンとコーヒーのイメージを一新させる、ユニークな商品が並んでいました。

自由が丘『なんとかプレッソ』の外観

自由が丘駅から徒歩約5分。商業施設「Luz自由が丘」の1階に『なんとかプレッソ』はあります。

自由が丘『なんとかプレッソ』

店名からしてユニークなこのお店は、表参道にある人気ベーカリー『パンとエスプレッソと』の系列店。常に新しいおいしさを追い求め、独創的な商品の数々が訪れる人を楽しませてくれます。

 

高級ガナッシュの口溶け…じっくり味わいたい大人のチョココロネ

自由が丘『なんとかプレッソ』

看板商品のひとつ「チョココロネ」は、フランスの有名チョコレートメーカー「ヴァローナ社」のチョコレートを使用しています。中でも「大人ブラック」は濃厚なブラックチョコレートのガナッシュをぎっしり詰め込んだ人気商品。

自由が丘『なんとかプレッソ』の「チョココロネ」

パン生地には、お店の定番でもある食パン「ムー」の生地を使用。ふんわり柔らかく、バターの風味豊かな「ムー」のパンに包まれる、高級チョコレートのなめらかな口溶けは、まるでケーキを食べているかのような贅沢さです。手のひらに収まる小ぶりなサイズですが、食べ応え満点の大人のチョココロネでした。

自由が丘『なんとかプレッソ』の「チョココロネ」

販売しているチョココロネは「大人ブラック」を含めて計4種類。ホワイトチョコ好きにはたまらない「濃厚ホワイト」や、季節限定の「桜あん・桜塩」、「抹茶あんクリームチーズ」があり、いずれもホワイトチョコレートのガナッシュがクリームチーズに練りこまれていて、桜あんや、抹茶あんとの和と洋のマリアージュを堪能できる1品です。

 

好奇心から生まれた新エスプレッソ「時間だしコーヒー」誕生の舞台裏

自由が丘『なんとかプレッソ』の「時間だしコーヒー」

パンと合わせて購入したいのが、水出しのエスプレッソコーヒー「時間だしコーヒー」。エスプレッソというと、「苦くて濃い」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。そんなイメージを払拭し、エスプレッソ初心者でもおいしく飲めるコーヒーを、と研究を重ねて誕生したのが、 20℃の浄水で2時間半、じっくりと抽出した「時間だしコーヒー」です。

自由が丘『なんとかプレッソ』の「時間だしコーヒー」

イタリア発祥のエスプレッソは「急行」の意味を持つホットドリンク。オーダーが入ってから約90℃の熱いお湯で急速に入れるのが一般的なエスプレッソの抽出方法ですが、「真逆の方法で抽出したらどんな味になるだろう?」という好奇心と発想の逆転によって生まれたのが「時間だしコーヒー」でした。

自由が丘『なんとかプレッソ』の「時間だしコーヒー」

現在はブラックと特製ロイヤルミルクコーヒーの加糖、無糖の計3種類で販売中。エスプレッソコーヒーと水を「3:1」の割合で抽出したブラックは、苦味や酸味が少なくマイルドで、後味すっきり。でもコーヒーの香りと深みはしっかりと感じることができます。

自由が丘『なんとかプレッソ』

特製ロイヤルミルクコーヒーには、牛乳に加えて生クリームもプラスされているため、まろやかでミルク感が濃いのが特徴。コーヒー好きの人もそうでない人も、まったり濃厚なコーヒーブレイクを楽しめるはず。チョココロネとの相性も◎です。

 

「サンド不イッチ」に「ようキャン」?気になる商品盛りだくさん!

ショーケースの中に、「サンド不イッチ」と「ようキャン」と書かれた好奇心をくすぐる商品を見つけました。

自由が丘『なんとかプレッソ』の「サンド不イッチ」

通常同じパンで具材を挟み込むサンドイッチですが、「サンド不イッチ」は上下違う種類のパンを使っているという、他では見られない商品です。中の具材は生ハムカマンベール、りんごカスタード、グリュイエールハムの3種類から選べます。

ふかふかのパン生地とサクサクのパイ生地を使ったサンドイッチは、食感が楽しいだけじゃなく、具材の味ともベストマッチ! 見た目もユニークで、新しい驚きをくれる商品です。

自由が丘『なんとかプレッソ』の「コーヒーようキャン」

今年の春から販売されている「コーヒーようキャン」は、時間だしコーヒーを餡に練りこんだキャンディータイプのようかん。コーヒーの風味と和菓子の餡の優しい甘さが味わえる新感覚スイーツです。食べ歩きにもぴったりのようキャンは、ホイップクリームをたっぷりつけていただきます。

自由が丘『なんとかプレッソ』

『なんとかプレッソ』は、ユニークな商品で、訪れる人をいつも楽しませてくれる遊び心あふれるお店。話題性抜群のパンやコーヒー、スイーツは手土産にもぴったりです。初夏の季節に向けて、コロネに新たなフレーバーも登場予定とのこと。どんな味が楽しめるのか待ち遠しいですね。

 

  • ■お店情報
  • なんとかプレッソ
  • 住所:東京都目黒区自由が丘2-9-6 Luz自由が丘1階
  • TEL:03-5701-0508
  • 営業時間:10:00〜19:00
  • ※水曜日は10:00〜18:00(コロネのみの販売)

 

■一緒に読みたい記事

『パンとエスプレッソと』が手がける遊び心満載のハンバーガー『Sun&Witch』

元・寿司職人が作る本格バゲットサンド。神山町『キャメルバック サンドウィッチ&エスプレッソ』

コーヒーカクテルと楽しむ至福のひととき。祐天寺のカフェバー『フルリ』

15462
高級チョコを使った濃厚チョココロネは、時間だしコーヒーとご一緒に!自由が丘『なんとかプレッソ』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PAGE TOP