シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • ワインも食事も進む!甘酸っぱいフルーツの香りが広がるフルーツのソース

PARIS

ワインも食事も進む!甘酸っぱいフルーツの香りが広がるフルーツのソース

Pocket

ワインも食事も進む!甘酸っぱいフルーツの香りが広がるフルーツのソース

フランスでは、老いも若きも結構な量の甘い食後のデザートをみんな当たり前のようにいただきます。ただでさえフランス料理はボリュームがすごいのに、おじいちゃんやおばあちゃんもチョコレートたっぷりの巨大なケーキまで躊躇なくペロリ。そんな姿を見ると、どんなにお腹いっぱいでもデザートは欠かせない存在なのだと毎回驚かされます。胃袋の鍛え方が違う!?というのはさておき、フランス料理では和食のように調理の過程で砂糖を使わない分、みな最後に糖分を取るんだよという話をよく聞きます。

バーベキューの様子フルーツを使った料理でもてなしてくれた先日のバーベキュー

確かに和食のように砂糖やみりんを使って煮込む料理はあまりないのかも。でもそんなフランス料理で唯一、デザート以外に登場する甘いもの。それはさまざまなフルーツのコンフィやソースです。(これは彼らにとっては糖分という括りではないのかな…?)前菜に登場するフォアグラのペーストには必ず甘く煮詰めたコンフィなどが一緒に登場しますし、肉料理にはオレンジソースや赤いフルーツ(ベリー類)のソースを使うことが。メイン料理の後にいただくチーズもジャムやフルーツと相性が良いものが多いのです。

肉料理とほんのり甘いフルーツのソースやジャムの組み合わせ。私はパイナップルがハンバーグの上に乗ったハワイアンハンバーグや酢豚のパイナップルなど、料理のなかにフルーツが入っているものがあまり得意ではなかったので、「鴨肉のオレンジソース煮込み」なんて甘辛ミックスのメニューに対して最初は苦手意識があったのですが、フランス料理でのフルーツの使い方を知ってからは、その組み合わせのおいしさがわかるようになった気がします。いつもの味がもっともっと複雑に変化するマリアージュ!?ワインがどんどん進んでしまいます。

 

甘酸っぱいフルーツの香りでワインが進む!お庭のぶどうで作られたお料理たち

鴨肉のローストを焼いている風景

レストランだけでなく、料理上手なフランス人たちを見ていても、やっぱりフルーツの使い方が上手だなあと感心するのです。先日行われた友人の家でのバーベキュー。

この日は鴨を焼いてくれましたが、フランス人パパが用意したソースはやっぱりほんのり甘いフルーツのソース。

お庭のお庭のぶどうお庭になっているというぶどう

なんと庭になったぶどうを煮詰めて自家製ぶどうソースを作ったのだとか。甘酸っぱい香りが肉との相性バッチリ。見た目にも華やかになるしワインもどんどん進んでしまいます。

「お庭にあるぶどうは小粒でちょっと酸っぱいけれど、こういうのが料理やジャムにはすごく使いやすいよ」と教えてくれました。煮詰めてぶどうジュースまで作ってあり、本当においしかったです!

チーズとぶどう

チーズの盛り合わせにもさりげなく同じぶどうが添えられ、みんなチーズを食べる間にパクッパクッと甘酸っぱいぶどうも一緒にいただきます。確かにレストランでもフランス人のおうちでも、チーズと一緒にフルーツやドライフルーツが出てくることが多々あります。相性バッチリの組み合わせです!

 

ついつい王道の味付けをしてしまう私。フルーツはフルーツで食べてしまう私。このフランス料理のフルーツの使い方をマスターしたいなあと思いながら、レストランのメニューやフランス家庭の料理を観察して勉強しています。

 

■一緒に読みたい記事

夏の終わりに出回るフルーツ「レーヌ・クロード」って知ってる?

ミラベルって知ってる?フランスの旬のスイーツを使ったタルト特集

丸ごと茹でて食べられる!フランス野菜「アーティチョーク」って知ってる?

ワインも食事も進む!甘酸っぱいフルーツの香りが広がるフルーツのソース

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
PAGE TOP