シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • GOODS
  • メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内

GOODS

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内

Pocket

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内

おしゃれを楽しむときの定番アイテムになりつつある、メガネ。ボストンやオーバルなどのベーシックなかたちに加え、最近は丸メガネも定番になりつつあります。選ぶメガネによっても雰囲気を変えることができますが、意外とかたちの種類や似合うかたちがわからないという方も多いのではないでしょうか?

今回、メガネの種類と選び方のポイントを紹介したいと思います。

 

ウェリントン、ボストン、丸メガネ…メガネのかたちをおさらい!

主なメガネのかたちがこちら。四角っぽいかたちのウェリントン、スクエア、ラウンド(丸メガネ)、オーバル、丸みを帯びたボストンなどさまざまなかたちがあり、かけたときの印象や似合う顔の輪郭もそれぞれです。

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内上:ZO191001_49C1、中:ZO192012_24F1、下:ZO192014_14F1

また、かたちだけでなく、色や素材でも印象は変わってきます。一般的にセルフレームと言われるものはプラスチックや樹脂で作られており、デザインやカラーバリエーションも豊富。フレームの印象でファッションにもアクセントがプラスされます。もうひとつの定番素材である、メタルフレームは繊細なデザインが特徴。かけるだけで、表情に洗練された知的な印象がプラスされますよ。

今回は、さまざまなメガネをかけてみて、その印象を比べてみたいと思います。

 

ベーシックなかたちも色と素材で印象が変わる!

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内ZO191002_72E1

こちらは台形をひっくり返したようなかたちのウェリントン。日本人がかけやすい定番的なシェイプです。テンプル(つる部分)やブリッジ(鼻部分)にメタル素材が使われており、高級感も。フレンチシックな印象をプラスできるデザインです。黒いフレームは顔をすっきり見せてくれる効果も。ウェリントンやスクエア型など四角い形状のものは、丸顔さんにおすすめです。

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内ZH191001_49A1

同じウェリントンでも、素材がべっ甲柄になると少し女性らしい印象になりますね。髪の毛が明るい色の方は、こういったべっ甲柄が合わせやすいですよ。

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内ZO191001_49C1

ウェリントンと並んで人気の高いボストンは、丸みを帯びた形状なので、顔の印象を柔らかく見せてくれる効果があります。

きちんと見せたいときも、少しカジュアルにしたいときも。さまざまなシーンで活躍してくれるメガネです。

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内ZO192012_24F1

同じボストンでもレッドのメタルフレームを選ぶと、愛らしい雰囲気に。顔色がさえないときやメイクを薄めにしたいときは、こういった暖色系のフレームを選ぶとよいでしょう。かけるだけで華やかなイキイキとした表情になりますよ。

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内ZH191002_41E1

ベーシックなオーバルも、マカロンのように淡いピンク色をチョイスすると優しい雰囲気になりますね。去年から人気の暖色系のアイシャドウを使ったメイクとも相性が◎。

オーバル型やボストンなど丸みのある形状のものは、シャープなフェイスラインの三角顔タイプ、四角顔タイプの方におすすめのかたちです。

 

今シーズン注目!パリでも人気のクラウンパントとフォックス

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内写真下:ZO192014_14F1/写真上:ZO192015_14F1

今シーズン注目したいかたちが、こちらのクラウンパント(写真下)とフォックス(写真上)と呼ばれるかたち。クラウンパントは、メガネの上部に王冠(クラウン)のような角ばったデザインをほどこしたかたちが特徴です。40年代から50年代にフランスで人気だったと言われており、クラシックなものが大好きなパリジェンヌからも人気の高いデザイン。

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内ZO192014_14F1

クラウンパントは一見、個性的なデザインに見えますが、かけてみると不思議と顔に馴染みます。ウェリントンやボストンはもう持っているけど、丸メガネはちょっとハードルが高いかも…という方にもトライしやすいデザインです。

アンティーク風のゴールドとブラックの組み合わせも、フレンチクラシックな雰囲気で◎。

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内ZO192015_14F1

もうひとつがこちらのフォックス。両サイドがつり上がったデザインが特徴です。こちらのメガネは、目尻の部分に色が塗られておりアクセントになっています。柔らかく丸みをもたせた形状なので、きつい印象もありませんね。

フォックスタイプのメガネは、ヨーロッパではエレガント、セクシーに見せてくれるアイテムとして人気なのだそう。フレンチシックな着こなしを楽しみたいときに、おすすめです。

左から順に:ZO191002_72E1、ZO191001_49C1、ZH191002_41E1

メガネと一言で言っても、かたちや素材、色はたくさんあります。そして選ぶメガネによってさまざまな印象を表情やファッションにプラスすることができるのです。ぜひ、いろいろ試してみて、お気に入りのメガネを見つけてみてくださいね。

 

Zoffとリサとガスパールのコラボレーションメガネが発売!

ZO191001_49C1

今回、着用しているメガネは、Zoffから発売となる誕生20周年を迎える「リサとガスパール」とのコラボレーションメガネ。トリコロールカラーやボーダー柄、アンティーク加工などを用い、フレンチテイストに仕上げたアイウェアコレクションです。さりげなく配置された「リサとガスパール」のキャラクターもポイントに。

ちょっぴりモードな雰囲気のエスプリラインとカラーリングがかわいらしいマカロンラインの2タイプ。大人でもかけやすいシリーズになっています。

※メインイメージ:左から順に:ZO191002_72E1、ZO191001_49C1、ZH191002_41E1

 

  • ■スタッフ
  • モデル:東 真有奈
  • ヘアメイク:フジワラミホコ
  • スタイリング:野崎未菜美

 

 

  • ■問い合わせ先
  • ゾフ・カスタマーサポート
  • フリーダイヤル:0120-013-883
  • [平日]10:00〜18:00(土・日・祝日は除く)
  • 詳しくはZoffオフィシャルHP

 

■一緒に読みたい記事

カジュアルにもクールにも。気分に合わせてかけたい夏のメガネ&サングラスガイド

パリジェンヌメイクのマストアイテム、赤リップをマスターせよ!

リサとガスパールの作者アンさん、ゲオルグさんの夫婦二人三脚の作品作り

メガネで印象はどう変わる?おすすめメガネ案内

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram