シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • PARIS
  • ブイヤベースは2度おいしい!?マルセイユのご当地グルメを堪能!

PARIS

ブイヤベースは2度おいしい!?マルセイユのご当地グルメを堪能!

Pocket

ブイヤベースは2度おいしい!?マルセイユのご当地グルメを堪能!

前回、太陽いっぱいの南仏プロヴァンスの都市、マルセイユの魅力をご紹介しましたが、その魅力は1回だけでは伝えきれない!ということで、今日のコラムも舞台はマルセイユ。マルセイユで出会った海のめぐみをいっぱい使った郷土料理と秘密のお散歩スポットをご紹介します。

 

マルセイユのご当地グルメブイヤベース

日本も地域ごとに名物の料理やお菓子があるように、フランスにも各地にそこでしか味わえないおいしいグルメがあります。ご当地グルメは観光と同じくらい楽しみなもののひとつです。マルセイユの郷土料理といえば、世界的にも有名になっている「ブイヤベース」があります。地中海沿岸地域の代表的な料理で香味野菜とともに地元の魚を煮込んだものです。

マルセイユの港で水揚げされる海産物

もともとは毎朝港で水揚げされるたくさんの海産物の中にある、見た目が悪い魚や商品価値がない魚を、漁師たちが自分たちで消費するために大鍋で煮るだけのごった煮のような料理だったそう。そこにトマトを入れたり、料理らしく改造されていったものが今のブイヤベースです。

マルセイユの名物・ブイヤベース

今ではすっかりマルセイユの名物になっていて、お店ごとに工夫をこらしたものが多く、ブイヤベースを売りにしたレストランがたくさんあります。日本でもうどんやお味噌汁などが家庭やお店によって味が違うように、それぞれ特徴があるので、地元の人たちも自分の好みによってお気に入りのお店が違うようです。

 

ブイヤベースは2度おいしい!

ブイヤベースは通常、2回に分けてサービスされます。

前菜はスープのみのブイヤベース

まずは前菜として魚のだしで作ったスープのみ。「ルイユ」という唐辛子とニンニク入りのソースやニンニクマヨネーズのような「アイオリ」とチーズやクルトンを乗せていただきます。

メインの魚をくわえて楽しむ2度目のブイヤベース

次はメインとして登場する魚を加えながらいただくのです。

メインの魚介を持ってくるレストランスタッフ

ちなみに、マルセイユには「ブイヤベース憲章」という公認のレシピがあって、正式にはカサゴ、ホウボウ、マトウダイ、アンコウなど、地中海の岩礁に生息する決められた魚の中から最低4種類の魚が入っていなくてはいけないとか、タコやイカやムール貝など入れてはいけないものがあったり。細かくルールが決められているのだそう。

 

フランスの海の近くにあるもうひとつの名物料理

魚介のうまみたっぷりのスープだけを飲める、フランスの名物料理「スープ・ドゥ・ポワソン」

前菜のスープだけでも十分なボリュームなので、日本の人にとってはメインの最後の方は食べきれないほど。でも、やっぱり本場の名物料理はその土地で、その土地の人たちと触れ合いながら、その土地の空気感の中で一度は味わってみたいですよね♪

どうしてもたくさんの量に自信がないという方には、魚介のうまみたっぷりのスープだけを飲める、これまたフランスの名物料理「スープ・ドゥ・ポワソン(魚介スープ)」もおすすめです。こちらはマルセイユだけではなく海の近くの街に行くとカフェやビストロでも必ず見かける定番の前菜。私は見かけたら必ず注文してしまうほど、大好きなスープ。「ブイヤベース」の魚介味とはまた違う味わいなので両方を比べてみるのもおもしろいのです。

 

食後のミニハイキングで美しい入江へ

食後は「カランク」散歩へ

さて、お腹がいっぱいになった後は、ミニハイキングをかねて「カランク」散歩へ。

「カランク」とは、マルセイユとマルセイユの東にある「Cassis(カシ)」という街を結ぶ海岸沿いにある、地殻変動でできた入り江のこと。

ブルーの海と白い岩肌が美しい「カランク」

その美しいブルーの海と白い岩肌の美しさはマルセイユから散歩で訪れるのにちょうどよい人気の観光スポットになっています。地上からアクセスする場合は季節によって車を止めたところから少し歩かなくてはいけないことがあります(車がすれ違える広さの道ではないので、交通量の多くなる季節になると少し遠くに止めて歩かなくてはいけないんです。冬は割と近くまで行くことができます)。そんなときは、マルセイユなどからクルーズ船で海側からアクセスすることも可能。

神秘的な深いブルーの入り江

入り組んだ深いブルーの入り江は、秘密の場所っぽくて神秘的。賑やかな街からちょっと離れるだけでこの美しい静かな大自然を楽しめるのは、フランス地方の旅の大きな魅力のひとつでもあります。

マルセイユから戻り、パリはここしばらく雨ばかり。すでに海で泳いでいる人までいた南仏の太陽を思い出しながら春がやってくるのを、首を長くして待っているところです♪

 

■一緒に読みたい記事

古い町並みと新しい建物が融合!南仏プロヴァンスの中心都市「マルセイユ」へ【とのまりこのパリライフ!】

朝食にもシャンパンにも合う塩のケーキ!ケークサレの作り方

毎日飲んで食べて昼寝して!?フランス流バカンスの過ごし方【とのまりこのパリライフ!】

ブイヤベースは2度おいしい!?マルセイユのご当地グルメを堪能!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP