シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • STYLE
  • パリジェンヌメイクのマストアイテム、赤リップをマスターせよ!

STYLE

パリジェンヌメイクのマストアイテム、赤リップをマスターせよ!

Pocket

パリジェンヌメイクのマストアイテム、赤リップをマスターせよ!

パリジェンヌメイクに欠かせないものといえば、赤リップ。ここ最近のトレンドでもあります。

とはいえ、ちょっとハードルが高い…と、感じている方も多いのではないでしょうか?せっかく、トレンドの赤リップを取り入れるなら、パリジェンヌのようにこなれた感じで取り入れたいもの。今回は、前回、パリジェンヌ風メイクを教えていただいたヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんに、パリジェンヌ風の赤リップテクニックを教えてもらいます。

line

01

長井かおり(ながい かおり)

雑誌、広告、映像など幅広いジャンルで活動。モデルや女優のヘアメイクを手掛ける傍ら、メイクアップセミナーの講師やデモンストレーションにも出演。

2016年7月には、自身初の著書「〜周囲がざわつく自分になる〜 必要なのはコスメではなくテクニック」を刊行。5万部を超える大ヒットメイク本となっている。

HP:http://www.nagaikaori.com/

line

パリジェンヌ風の赤リップってどうやるの?

パリジェンヌ風の赤リップメイクを教えてください!と長井さんにお願いしてみたところ…

「パリジェンヌメイクはあまりカラーを使わないのが特徴です。だからこそ大切なのは、リップ!今回は、ノーチークノーシャドーのメイクに赤リップを取り入れたいと思います。つい保険をかけて、チークで血色をプラスしたくなるけど、パリジェンヌということで、ここは潔く振り切りましょう!」と長井さん。

パリジェンヌ風赤リップメイク

また、最近は日本でも赤リップが流行っていますが、ただ塗るだけだと取ってつけたような感じになり、逆に痛く見えちゃうので注意が必要とのことです。

 

赤リップの上手な選び方、塗り方

さっそく、赤リップでこなれ感を出すための色の選び方や塗り方から教えてもらいましょう。

「オレンジっぽい色合いの方が、日本人の肌になじみやすいです。また質感は薄っすらと色づくシアーなものの方が初心者の方にはトライしやすいと思います」と長井さん。いきなり真っ赤なリップは挑戦しにくいですが、シアーなものであればグロスのような感覚で取り入れることができそうですね。

また、塗り方に関しては「塗りっぱなしはNG」と長井さんは言います。

パリジェンヌ風赤リップの塗り方

「リップは“自分の唇になっているか”ということがポイントです。塗りっぱなしだと、リップだけが浮いてしまって残念な感じになってしまいます。特にマットな濃い色は貼り付いた印象になりかねません。

そんなときは直接塗るのではなく、指にとってポンポンと塗るといいですよ。塗りすぎることもなく、また色の濃さも調節できるので、ぜひやってみて。あるいは直塗りして、唇のフチを指でぐるりとなぞって境界線をなじませるのもおすすめです。輪郭がぼやけて顔になじんだ印象になります」。

少しラフに塗った方が肌になじむのだそう!赤リップを塗ってみたら顔から浮いている…!?なんて経験のある方はぜひ試してみて。

 

特別な日も普通の日も赤リップで!

長井さんおすすめの赤リップ5本を紹介します。

パリジェンヌ風赤リップの塗り方sisley/PHYTO-LIP TWIST 6チェリー

THEパリジェンヌな発色のいいレッドが目を引く「sisley」のPHYTO-LIP TWISTの6チェリー。発色がよくスルスルとなめらかな質感が特徴です。クレヨンタイプもかわいいですね。

パリジェンヌ風赤リップの塗り方

発色がいいので、指にとってチョンチョンとラフに塗っていくと◎。パリのブランドならではのぱっきりとした赤で、塗ればパリジェンヌフェイスになること間違いなし!シックなモノトーンコーデに合わせてパリジェンヌ気分を楽しんでみては?

パリジェンヌ風赤リップの塗り方MACリップスティック チリ

豊富なカラーバリエーションが人気の「MAC」からはオレンジレッドのチリをチョイス。日本人の肌に合いやすいオレンジレッドに加え、今期注目されているマットな質感なので、これから赤リップに挑戦したい方にもぴったり。

パリジェンヌ風赤リップの塗り方

マットな質感なので、こちらも指の腹でポンポンと塗っていくのがおすすめ。こっくりとしたレッドで、大人っぽい印象になるので、きちんとしたいディナーやパーティにも◎。

パリジェンヌ風赤リップの塗り方LOGONAリップスティック 03ストロベリー

こちらは長井さんも「隠れた名品!」と太鼓判を押す、ドイツ生まれのオーガニックコスメブランド「LOGONA」のリップスティック。オーガニックなのに抜群の発色とクリーミーなつけ心地がGOOD。

パリジェンヌ風赤リップの塗り方

THEレッドでありながらも少しオレンジみを帯びているので、肌なじみがよくシックで落ち着いた印象にしてくれます。普段使いにも、きちんとしたシーンにも活躍してくれるはず。

パリジェンヌ風赤リップの塗り方rms/リップチーク ビーラブド

こちらはリップにもチークに使えるユニークなアイテム。ココナッツオイルやホホバオイルが配合されており、しっとりとした唇に仕上げてくれます。今回はどんな肌にもマッチするピュアレッド「ビーラブド」をチョイス。

パリジェンヌ風赤リップの塗り方

定番のパリジェンヌレッドを明るめにしたような色合いです。重ねて濃さを調節することも可能なので、不安なときは薄めからはじめるとよいでしょう。ほどよいツヤ感と上品でナチュラルな発色なので、けばけばしくならないのでデートにもぴったりです。

パリジェンヌ風赤リップの塗り方ETVOS/ミネラルシアールージュ ルビーレッド

低刺激な使い心地を追求した「ETVOS」のミネラルシアールージュはあまりしっかりメイクをしたくない休日におすすめのアイテム。透明感とツヤのあるシアーな質感なので、直塗りしても濃くなりすぎません。

パリジェンヌ風赤リップの塗り方

今回使用した「ルビーレッド」は、オレンジがかったレッドなので使いやすく、またツヤと発色で顔色もよく見せてくれます。

休日はもちろん、「朝寝坊してメイクをする時間がない!」というときは、赤リップ+伊達メガネですっぴん隠しにも。赤リップが血色良く&おしゃれに見せてくれるので、すっぴんと気づかれずに過ごせるかも!?

 

赤リップは女性のたしなみ

選び方と塗り方のコツさえつかめば、意外とトライしやすいのではないでしょうか?

「なんとなくだけど、パリジェンヌって赤リップのイメージがありますよね。いくつになってもどんなときでも女性であることを忘れないという部分に通じているのかもしれないですね。きっと赤リップは彼女たちにとって、女性らしくあるためのひとつのアイテム、女性としてのたしなみのひとつなのでしょう」。

女性らしさを演出してくれ、また、女性ならではの楽しみをくれる赤リップ。「赤リップをするぞ!」と構えすぎず、ラフさをプラスすることがパリジェンヌ風赤リップメイクのポイントです。ノーチークノーシャドーなど他のメイクを薄くしたり、指で塗るorなぞるといった一工夫を忘れずに!

ぜひ赤リップと共に、素敵なホリデーシーズンをお楽しみください。

 

■一緒に読みたい記事

長井かおりさんに聞く、パリジェンヌ風メイク

米澤よう子さんに聞く!パリジェンヌのおしゃれ術

足元から春を先取り。Repettoで楽しむ春のパリジェンヌスタイル。

パリジェンヌメイクのマストアイテム、赤リップをマスターせよ!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP