シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • 日本でフランスを感じるパティスリー、蔵前『PâTISSERIE FOBS』

PARIS

日本でフランスを感じるパティスリー、蔵前『Pâtisserie FOBS』

Pocket

日本でフランスを感じるパティスリー、蔵前『Pâtisserie FOBS』

みなさんこんにちは。前回の『Clair de lune(クレール ドゥ リュンヌ)』に引き続き、今回も蔵前エリアにフォーカスしておすすめのパティスリーをご紹介したいと思います!

日本でフランスを感じるパティスリー、蔵前『Pâtisserie FOBS』

今回選んだのは『Pâtisserie FOBS(パティスリー フォブス)』です。「FOBS」とは、フランス菓子を作るのに不可欠な素材Farine(小麦粉)、Œuf (たまご)、Beurre(バター)、Sucre(砂糖)の頭文字を合わせた店名で、名前からフランス菓子へのこだわりと丁寧な仕事ぶりが伺えます。お店作りも、こだわりを感じる洗練された外装、そして内装が美しく、訪れる人がひとたびお店に入るとフランスのお菓子屋さんに入り込んだような気分になる、そんな印象です。

 

北フランス・リールの名物菓子「ゴーフル」を堪能!

北フランス・リールの名物菓子「ゴーフル」を堪能!

特に、フランスのなかでも北フランス・リールを彷彿とさせるような印象を受けます。それは、名物菓子である「ゴーフル」がこちらで食べられるからでしょうか。

こちらのゴーフルは、皆さんが通常思い浮かべるサクサクとしたものではなく、柔らかくしっとりとした生地にしゃりしゃりとした風味豊かなバニラクリームを挟み、更に冷やして食べるリール風ゴーフル。

生菓子としての本格ゴーフルを食べられるのは都内でも『Pâtisserie FOBS』だけではないでしょうか。本場の姿、味にさらに日本人の丁寧な仕事が加わり、ひょっとしたら本場以上の深みを感じる一品になっているように思います。年に数回、運が良ければバニラクリーム以外の味にも出合えるようで、一期一会に期待して足繁通いたくなるお店です!

 

見た目以上に苺が口に広がる「ガトーフレーズ」

見た目以上に苺が口に広がる「ガトーフレーズ」

もちろん、パティスリーも秀逸なものばかり。私の一番のお気に入りは、こちらの「ガトーフレーズ」。スポンジ生地に苺の果汁シロップをたっぷりと染み込ませ、口溶けのいいクリームと瑞々しい苺を挟んだ間違いのない一品。

ひと口食べると、見た目以上に苺を感じる贅沢なケーキです。季節によってイチジクなど季節のフルーツがサンドされたバージョンもあり、同じくリッチな味わいに感動します。

 

カシスのムースにジンを使った大人スイーツ「ジュリーカシス」

カシスのムースにジンを使った大人スイーツ「ジュリーカシス」

続いて、「ジュリーカシス」と名づけられたこちらのお菓子。酸味の心地よいカシスのムースにお酒のジンを使ったカスタードクリーム、そしてビスキュイジョコンドで構成されたお花のような姿が可愛らしい一品。定番のお菓子とはまた違い、『Pâtisserie FOBS』の実力を存分に感じられる職人技が見受けられます。

 

カシスのジュレが隠れたモンブラン

カシスのジュレが隠れたモンブラン

次に、フレンチパティスリーの定番、モンブランです。こちらのモンブランは、フランス産マロンクリームの中に無糖の生クリームとメレンゲというクラシックな構成の中にカシスのジュレが隠されています。栗の甘さの中にカシスの酸味が加わることで全体を引き締め、さらにおいしくまとめあげています。

フランス本場でもモンブランにカシスを使うことがあり、かの『セバスチャン・ブイエ』や以前ご紹介した『セーヴ』など、フランス・リヨンのシェフが作るモンブランにも使われていたことを、こちらをひと口食べて思い出させてくれました。

 

口当たりのいいスタイリッシュなティラミス

口当たりのいいスタイリッシュなティラミス

最後はグラスに入った「ティラミス」です。ペイントが施されたようなスタイリッシュな見た目でついつい手に取ったこちらのティラミス。口溶けの滑らかさが秀逸で、淹れたてのエスプレッソコーヒーとマスカルポーネのハーモニーがずっと続いてほしくなる、そんな一品でした。

 

いかがでしたでしょうか。1つひとつがまるで違い、異なる工夫を凝らされた美しいケーキの数々。特にゴーフルは、一度は経験してほしいフランス北部の味を感じることができる本格派です。まだまだ気軽に海外旅行へ行けない今だからこそ、東京都内で出会える本場の味を堪能してみてください。

 

  • ■お店情報
  • Pâtisserie FOBS(パティスリー フォブス)
  • 住所:〒111-0042 東京都台東区寿3丁目8−4
  • 営業時間
  • 平日・土曜 11:00〜18:30
  • 日曜・祝日 11:00~17:30
  • ・定休日 水曜日(不定休あり)
  • HP:https://patisserie-fobs.jp/

 

■一緒に読みたい記事

季節限定ムースケーキ「巨峰」で癒しのスイーツタイム。蔵前『Clair de lune』

一流パティスリーはショッパーもかわいい!?ムッシュサトウのショッパーコレクションを公開

2020年、日本に初上陸の『ヴァンサン・ゲルレ』特集!パリライターがおすすめスイーツをご紹介

日本でフランスを感じるパティスリー、蔵前『Pâtisserie FOBS』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram