シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

PARIS

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

Pocket

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

2月に入り、バレンタインデーが近くなると、日本ではチョコレート商戦真っ盛りになりますね!日本では「女性から男性に贈り物をする日」として、知られているバレンタインデーですが、フランスではどんな感じなのでしょうか。今回はフランスのバレンタイン事情をお伝えしたいと思います。

 

フランスのバレンタインデーはカップル達が愛を祝う日

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

フランスでも、2月14日の聖バレンタインデーは「St-Valentin(サン・ヴァランタン)」と呼ばれ、「カップル達が愛を祝う日」となっています。

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

でも、日本で習慣になっているように、女性がチョコレートをプレゼントするという習慣はないんです。そんなことをフランス人のパートナーに話したら、「日本は、何て良い国なんだろう!フランスもそうなればいいのに」と冷やかされてしまいました。

フランスではどんな風にお祝いするのか、フランス人達に聞いてみました!

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

フランス人男性は、「情熱の赤いバラを男性がプレゼントして、いつも変わらぬ愛情を伝える日かな!」と教えてくれました。確かに、バレンタイン当日の夕方くらいから、お花屋さんはちょっとした混雑に。メトロの中のお店やスーパーの店先にも、一輪の大輪の赤いバラが。

そして、お花を買った男性達は、そそくさと帰宅する光景をよく見かけます。

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

お花と一緒に、ケーキやスイーツを買っていく人もいるようですが、日本のようにチョコレートに限定されている感じではありません。家でキャンドルをつけながら、ロマンチックなディナーをするときの締めのデザートとして用意している人が多いようです。中には、ハート形のチーズなんて人もいるみたいですよ。

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

さて、女性達はというと?こちらもちょっとした愛の表現方法を考えているよう。

お家ディナーなら、ちょっと手の込んだお料理を作る人もいるでしょうし、赤い洋服や下着までつけている人もいるのだとか!(下着屋さんのショーウィンドーは、バレンタインに近くなると赤いものが多くなっていきます。)

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

もちろんちょっとしたプレゼントを用意する人もいます。でもやっぱり、女性からチョコレートを贈ることはあまりないようでした。

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

ちなみにバレンタインデーのレストランは要注意!予約は必須ですし、うっかり忘れていて、普段のように1人で食事に行けば、ちょっと寂しい思いをしてしまうかもしれません。ディナーコースは、バレンタインの特別メニューも用意されていて、シャンパンはロゼになっていたりもします。

ちなみにパリ市では事前に応募すると、市内の街頭電光掲示板に2月14日1日中、愛のメッセージが流せるというイベントも開催されるそうですよ。

 

意外と忘れられていることも多いバレンタインデー

でも、うっかり忘れているフランス人も実はとっても多い…!日本ほど浸透している習慣でもないようで、昨日、私もパートナーから、「2月14日の夜、友人宅にごはん呼ばれたんだけど、行ってきて良い?」と聞かれました。友人夫婦も彼も、すっかり忘れて14日に指定してきたようです(笑)。

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

お店でも忘れることがあるようで、1月末にクラフト雑貨屋さんに行ったところ、バレンタイングッズがあまりなく、思わず「これからバレンタインデー用のデコレーショングッズとか店頭に並びますか?」と伺うと、「あ、そうだったわね!今年はまだコーナーも作ってなかったわ!」という始末。

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

早々に箱や袋などを店頭に並べていたのは、イギリスやデンマーク系の雑貨屋さんでした。それでも、日本に比べるとかなり少ない印象。

 

フランスでは愛の言葉を贈る

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

 

とはいえ、愛の言葉を贈るためのカードは、フランス人にとって一番大切なもの。気の利いた言葉を贈り合うなんて素敵な風習ですよね。

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

「今日から、バラ色の人生のバラを摘みにいこう!」という素敵なメッセージカードがありました。花束を買うと、一言添えるようにカードをよく一緒にくれますし、気持ちを言葉にすることをとても大切にしているフランス。

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

今年は、こんなフランス式のバレンタインデーを取り入れて、チョレートだけでなく愛の言葉もそえてみてはいかがですか?

 

■一緒に読みたい記事

バレンタインデーにおすすめ!アイシングで作るメッセージクッキー

バレンタイン限定なんてありえない!フランス人は1年中チョコが好き

紫蘇や山椒のフレーバーも。手仕事で作られる『nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO』

 

チョコより愛の言葉と赤いバラを贈る!?フランスのバレンタインデー事情

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP