シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • 日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS』がミシュラン1つ星を獲得!

PARIS

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS』がミシュラン1つ星を獲得!

Pocket

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS』がミシュラン1つ星を獲得!

美食街、パリ。街中においしい魅力的なレストランがあります。そんな中で、何度も訪れたくなるほど大好きなレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』をご紹介したいと思います。

 

日本人の女性シェフの繊細なセンスが光る『VIRTUS』

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

パリ12区「アリーグル市場」から近いコット通りに店を構える『VIRTUS』は、日本人女性シェフ神崎千帆さんとご主人のマルチェロ・ディ・ジャコモ(Marcelo Di Giacomo)さんのデュオが作るフレンチレストラン。

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

2人は、コート・ダジュールのマントンという街の有名レストラン『MILAZUR(ミラズール)』で修行中に出会いました。千帆さんは、マウロ・コラグレコ(Mauro Colagreco)シェフの元でスーシェフとしてキッチンの陣を取り、当時1つ星だった店に2つ星をもたらした実力派です。

 

注文の多いお客様も大満足なレストラン

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

2019年、新年早々に行きたくなり、日本から来た友人達を連れてランチへ行ってきました。

注文の多い私の友人は、

  • 1:がっつり重すぎる料理はNG。 繊細なフレンチを食べたい!
  • 2:友達を紹介したいので 、見知らぬ友人同士の顔合わせに、うるさくて狭いところは避けたい。
  • 3:インテリアも素敵だとうれしいわ〜!

 

…と、ちょっとわがままな条件をずらり挙げてきましたが、そんな要望をすべて満たすレストランとして、『VIRTUS』は間違いなし!

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

店内のインテリアも広々としていて、スタイリッシュ。「アパートのような居心地の良い空間にしたかった」とオーナーのセンスが光るデザインです。

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

70’sヴィンテージランプのコレクションを使っていたり、細部までとても素敵です。

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

そんな素敵な空間で、今回も絶品のお料理を堪能できたので、そのメニューを一部ご紹介したいと思います。

 

絶品料理をお手頃に楽しめるランチコース

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

ランチのメニューは、アミューズ・ブッシュ、前菜の白身魚のマリネ、そして、メインのお肉料理、デザートがついて35€。(2019年1月22日現在)

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

パンは自家製のブリオッシュとパイ生地の中間くらいの不思議な食感。最高においしい!2人1つを切り分けていただきます。そして、コーヒーには自家製マドレーヌ付きで、とても満足感あるランチのデクヴェルト・メニューに日本からのお客様たちも大満足でした。

 

2019年のミシュランガイドで1つ星獲得!

実は、その数日後の1月21日に発表された、今年のミシュランでなんと『VIRTUS』が1つ星を獲得!その上、千帆シェフの師匠にあたるマウロ シェフのお店『MILAZUR』は念願の3つ星を獲得しました。

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

さっそく千帆シェフに、ミシュランの星を獲得した翌日の感想を聞いてみると「ずっと願っていたことなので、本当にうれしいです。これもお店のスタッフみんなとチーム一丸となってがんばってきた証だと思っています」とにっこり。

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

特に、去年までサービススタッフはホール長不在のまま、さらに星付きレストラン経験のない人も多い状況で営業をしていたのだそう。そんな中でも、スタッフがみながんばってくれたことが受賞につながりました。

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!朝のミーティングも真剣そのもの

プロフェッショナルとしての厳しい面を持ち合わせるシェフでありながら、仲間思いの千帆さんだから、店内の雰囲気はいつも和やか。

 

ワインとのペアリングもおすすめ

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

お祝いに行ったその日もお料理を少しいただくことができました。アラカルトの前菜メニューの中から、「ホタテ貝のカリフラワー添え、青リンゴのスープ」を。絶妙な酸味は、コンバンハレモンという東南アジアの柑橘系果実で、ほのかにレモングラスやコリアンダーにも似た香りがありました。

角のような形の肉厚のハーブは、「Ficoid graciale(フィコイド・グラシアル)という日本ではアイスプラントと呼ばれるもの。味には癖がなく、香りがあり、食感もおもしろかったです。

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

デザートもいただきました。パニスという根菜を使った大人好みなデザートで、甘すぎず、香ばしさもあって、最高!

お料理には、グラス、ボトルまでさまざまなワインを選ぶことができます。

前菜2品、メイン2品、デザートの各料理に合わせてグラスワインをソムリエにチョイスしてもらうフルコース「menu degustation」もおすすめです(フルコースは64.50€。5種類のワインを6clずつのペアリングがプラス45€でつけられます)。

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

『VIRTUS』のワインセレクトを担当しているソムリエのレミも星獲得のお祝いに駆けつけていました。

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS(ヴィルチュス)』がミシュラン1つ星を獲得!

今年のミシュランでも、去年に引き続き、パリだけでも日本人シェフの店が何軒も星を取りました。地元フランス人にも認められる日本人シェフたちに、わたしも日本人として誇らしくもあり、また、とても勇気づけられる1日になりました。

『VIRTUS』の絶品料理を堪能しに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

 

■一緒に読みたい記事

料理名も盛り付けも芸術的!ジョエ ル・ロブションの野菜づくしコースを実食レポート

レストランで困らない!フランス語メニューを解読する4つのキーワード

獺祭を使ったスイーツやフランス料理が楽しめる!『ダッサイ・ジョエル・ロブション』

日本人女性シェフのレストラン『VIRTUS』がミシュラン1つ星を獲得!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
キャラWalker
PAGE TOP