シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • GOODS
  • 好きなものに囲まれて暮らす。『HIGHTIDE』の東京店がMIYASHITA PARKに登場

GOODS

好きなものに囲まれて暮らす。『HIGHTIDE』の東京店がMIYASHITA PARKに登場

Pocket

好きなものに囲まれて暮らす。『HIGHTIDE』の東京店がMIYASHITA PARKに登場

2020年7月、新たに生まれ変わった宮下公園。ホテルに公園、飲食店やさまざまなショップが一体となった複合施設『MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)』が誕生。そのなかの商業施設『RAYARD MIYASHITA PARK(レイヤードミヤシタパーク)』に福岡発の文具・雑貨メーカーである『HIGHTIDE(ハイタイド)』が登場しました。待望の東京直営店ということで、お店のコンセプトやここだけの限定商品についてご紹介します!

 

福岡発のものづくりメーカー『HIGHTIDE』

MIYASHITAPARK内の『HIGHTIDE(ハイタイド)』の店内

『HIGHTIDE』は、九州・福岡を拠点に、機能性やデザイン、素材にこだわったオリジナルアイテムを手がける文具・雑貨メーカー。

手帳などの文房具をはじめ、日々の生活がワクワクするようなさまざまな商品を作り出しています。「外国の雑貨かな?」と思うほど、商品はもちろんパッケージの細部までこだわり、遊び心を忘れないアイテムばかり。

『HIGHTIDE(ハイタイド)』の商品

直営店は現在4店舗。2017年に福岡の本社の1階の倉庫を改装してお店にしたのが始まり。地域の人が立ち寄れるようなお店にしようと、コーヒーやレモネードも楽しめるお店にしたのだとか。翌年2018年にはロサンゼルスにオープン。そして来たる2020年7月に東京・ミヤシタパーク内に誕生しました。関東のお客さんからは東京店を待望する声が届いていたそう。

さらに8月には、福岡空港内に直営店がオープン。空港へ訪れるさまざまな方へ向けて、福岡の新しいお土産を提案していくそうです!

『HIGHTIDE(ハイタイド)』の「ニューレトロ」シリーズ

日本だけでも1600ほどのお店に卸しているため、商品を目にしたことがある人や「これ持ってる!『HIGHTIDE』だったんだ」と、直営店を訪れてあらためて知るお客さんも少なくないのだとか。

東京の直営店で取り扱うアイテムは、セレクトアイテムも含め約1500種類!そのうち9割近くが『HIGHTIDE』のオリジナル商品というから驚き。1度にこれだけのラインナップを見れる機会はそうそうありません。

『HIGHTIDE(ハイタイド)』の商品

『HIGHTIDE』の中でも人気の「penco(ペンコ)」「nähe(ネーエ)」「ニューレトロ」シリーズは充実の品揃え。カラーバリエーションが豊富なのも『HIGHTIDE』ならではですが、全色を取り揃えているのも直営店だからこそ!

『HIGHTIDE(ハイタイド)』のギフトバックギフトバッグには「FUKUOKA」の文字が

 

好きなものに囲まれて暮らす、2つのタイニーハウス

東京店のコンセプトは「TINY HOUSE(タイニーハウス)」。タイニーハウスは、90年代後半にアメリカで流行した生活様式で「自分の好きなものや大切なものに囲まれて、豊かに暮らす」というライフスタイル。

MIYASHITAPARK内の『HIGHTIDE(ハイタイド)』にあるタイニーハウス

店内には、2つのタイニーハウスがあり、その1つがレジとレセプションを兼ね備えたこちら。街の文房具屋さんをイメージした対面スタイルで、子どもたちもじっくり見れるような高さに文具が並べられています。デザインに特化した文房具だけでなく、日本の定番商品や筆ペンなどもそろえていているのもうれしいポイント。

MIYASHITAPARK内の『HIGHTIDE(ハイタイド)』のタイニーハウス

もう1つのタイニーハウスは、レジの隣にあるギャラリースペース。毎月いろんな作家さんや作り手の方の商品や作品を展示していくそう。スタートは、同じく福岡を拠点に活動するアーティスト・佐々木亮平さんの展示「TINY DWELL」。

アーティスト・佐々木亮平さんの作品アーティスト・佐々木亮平さんの作品

『HIGHTIDE(ハイタイド)』の商品とアーティスト・佐々木亮平さんの作品

アーティストやクリエイターの作品と一緒に、こだわりのアイテムが飾ってあり、“好きなものに囲まれて暮らす”シーンが思い浮かぶよう。展示と合わせたコラボレーションのグッズも並んでいました。

9月は、トラベル雑誌『PAPERSKY(ペーパースカイ)』のプロダクトの展示が始まるそう!『HIGHTIDE』が編集するさまざまな“旅道具”が並ぶので、どうぞお楽しみに。

 

東京店限定のアイテムや直営店限定のコラボグッズも!

MIYASHITAPARK内の『HIGHTIDE(ハイタイド)』の限定アイテム

また、今回東京店の限定アイテムも登場!ミヤシタパークにちなんで、スケボー姿をピクトグラムで表現。ユニセックスなデザインと色使いで早くもお客さんの心を掴んでいる様子。

ノートやペンなどの文具類に、Tシャツやタンブラー、そして1番人気はエコバッグ!レジ袋有料化に伴い、お気に入りのエコバッグを探している人も少なくないはず。容量もたっぷりで普段使いしやすいシンプルなデザインなので、ぜひ手にとって見てみてくださいね。

MIYASHITAPARK内の『HIGHTIDE(ハイタイド)』の限定商品「penco」定番のボールペンやノートも東京店限定仕様に。「HGTD」という文字も今回のために作られたニューロゴです

『HIGHTIDE』と『ムーンスター』のコラボ商品カードサイズ。よく見るとスニーカーの紐を通す穴があしらわれています

そして、直営店限定のアイテムをもう1つご紹介。『HIGHTIDE』といえば、オリジナル商品はもちろん、さまざまなコラボレーションを手がけることでも有名。

福岡・久留米のシューズメーカー『ムーンスター』との気になる新作コラボがこちらのフラットケース。

『HIGHTIDE』と『ムーンスター』のコラボ商品ワイドサイズ。通帳やノートを入れるのに◎

スニーカーに使用するヴァルカナイズドクロスというハリのある生地を用いることで、無縫製で組み立てることを実現。シンプルかつ耐久性も強く、便利なアイテムです。

こうしたコラボレーションによって生まれるユニークなものづくり。「このカードケース、実はね…」と、ついつい友人に話したくなるはず!お気に入りを持ちたい、という人の心に刺さるアイテムです。

『HIGHTIDE(ハイタイド)』で人気のレジャーシート

また、ミヤシタパーク内にオープンするということで、屋上公園やアクティビティにぴったりなアイテムも。コンパクトサイズが人気のレジャーシートは、持ってみるとその軽さに驚きます!折畳み傘と同じ素材で作られていて、軽くて薄くて、撥水性もあるという優れもの。風にとばされないようにペグが打てるタグも付いているなど、細やかな気遣いが行き届いたうれしいアイテムです。

ほかにも、ホテルに宿泊する人や旅行する人に向けて、防水の化粧ポーチやバッテリー収納用のハードケースなど、ミヤシタパークでの過ごし方に寄り添った商品をセレクトしているそう。

新しくなったMIYASHITAPARK屋上公園新しくなった屋上公園

MIYASHITAPARK内の『HIGHTIDE(ハイタイド)』の店内

店内をぐるりと見渡すと、その一角ごとに個性が光る『HIGHTIDE』の商品。シリーズごとに、そして商品ごとにさまざまな表情があるので、きっとお気に入りが見つかるはずです。「好きなものに囲まれて、豊かに暮らす」、その始まりの1つに、“好き”を探しに行ってってみてはいかがでしょうか?

 

 

■一緒に読みたい記事

この夏はリネンが気分!IDÉEのいろいろの服で作る夏のコーディネート帳

ちょっと模様替えでおうち時間を充実させよう!簡単インテリアアレンジ術

こんなものまで!?おうち時間にあったらうれしいサブスクリプション5選

好きなものに囲まれて暮らす。『HIGHTIDE』の東京店がMIYASHITA PARKに登場

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram

POPULAR POST

人気の記事

PAGE TOP