シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • GOODS
  • フランスを探してみよう!東京インテリア&雑貨ショップ案内

GOODS

フランスを探してみよう!東京インテリア&雑貨ショップ案内

Pocket

フランスを探してみよう!東京インテリア&雑貨ショップ案内

アンティークの家具やブロカントをおしゃれにレイアウトしたフランスのインテリアは、いつだって私たちの憧れ。日本でもパリのアパルトマンのようなおしゃれなインテリアを実現したい!と思っている方もいるのでは?今回は、フランスの雰囲気が漂う都内のインテリアショップ&雑貨店を5つご紹介したいと思います。

 

フランス人バイヤーのセンスがキラリ!『Bazar et Garde-Manger』

表参道 Bazar et Garde-Manger(バザー・エ・ガルド・モンジェ)

表参道と青山通りから1本入った通りにある『Bazar et Garde-Manger(バザー・エ・ガルド・モンジェ)』。

表参道 Bazar et Garde-Manger(バザー・エ・ガルド・モンジェ

フランス人バイヤーのマルト・デムランが選んだ、フランスを中心としたヨーロッパのインテリア雑貨、照明、キッチンツール、ファブリック製品、オブジェ、アートなどが所狭しと並んでいます。

表参道 Bazar et Garde-Manger(バザー・エ・ガルド・モンジェ)

マルトがデザインし、日本の職人によって作られている「ボナペティ・コレクション」の食器は人気のアイテム。

表参道 Bazar et Garde-Manger(バザー・エ・ガルド・モンジェ)

味わいのあるフォルムと鮮やかなカラーリングで食事の時間が楽しくなりそう。

Bazar et Garde-Manger(バザー・エ・ガルド・モンジェ)ディスプレイに使っている家具も販売しています

取材時は春らしいファブリックがたくさんラインナップされていました。毎月マルトが買い付けたアイテムが届くのだそう。訪れる度に、暮らしが楽しくなるようなアイテムとの新しい出会いがあるお店です。

 

 

まるでパリの一軒家!『メゾン オルネ フォイユ』

こちらも表参道エリアにあるお店です。14年間パリで暮らしていたことがあるという谷あきらさんがオーナーを務める『メゾン オルネ ド フォイユ』。フランス・ヨーロッパからの商品を中心に販売しています。

表参道 メゾン オルネ ド フォイユ

パリ郊外の一軒家をイメージしたという店内は、いくつかのエリアに仕切られており、本当にフランスのおうちを訪れているような気分に。

表参道 メゾン オルネ ド フォイユ

オリジナルで作っている照明は、ひとつ取り入れるだけでお部屋が一気におしゃれな雰囲気になること間違いなし。

表参道 メゾン オルネ ド フォイユ

憧れのアスティエ・ド・ヴィラットの陶器も。ディスプレイ方法もとってもおしゃれで、インテリアの参考にするのもいいですね。

その他、カーテンやクッションなどインテリアのアクセントになるものから、文具やキッチン用品、アクセサリーまでいろいろなアイテムが揃っています。アクセサリーや生活雑貨はギフトとしてもおすすめです。

フランスの友人のおうちに遊びに来た気分でのんびりと店内を楽しんでみてください。

 

 

ナチュラル×アンティークにときめく!『シャンブル ド ニーム ブロカント』

インテリアショップが多く建ち並ぶ目黒。その中に白い壁とガラス張りの外観が目を引く『シャンブル ド ニーム ブロカント』があります。

目黒 シャンブル ド ニーム ブロカント

店名の意味は「ニームの部屋」。白を基調とした店内に、欧州各国から買い付けたアンティーク家具、雑貨が並んでいます。

目黒 シャンブル ド ニーム ブロカント

アンティーク家具は年数を経た風合いを残しつつも、実用に耐えうる様、しっかりとメンテナンスしてあるのでコンディションも良好。アンティーク家具初心者でも気軽にインテリアアイテムとして取り入れることができます。

目黒 シャンブル ド ニーム ブロカント

生活雑貨やナチュラルな風合いのファブリックも販売しているので、トータルでカントリーアンティークスタイルをコーディネートすることができるショップです。

 

 

蚤の市気分でホーロー探し!?恵比寿『トリコロール』 

Torico-lore(トリコロール)』

店内に入った瞬間、フランスの雑貨屋さんに迷い込んだような気分になるのは恵比寿『Torico-lore(トリコロール)』。

恵比寿 Torico-lore(トリコロール)

漫画家の稚野鳥子さんがオーナーを務めるお店です。稚野さんはもともとかわいいものが好きでホーローアイテム集めてたのだそう。

恵比寿 Torico-lore(トリコロール)

フランスから買い付けてきたというカラフルなホーローのポット。レトロなかたちとフランスならではの繊細なカラーリング、ちょっと使い込んだようなブロカント特有の風合いが魅力的。どれにしようか悩んでしまいますね。

恵比寿 Torico-lore(トリコロール)

店内にはフランスと言えば!な、カフェオレボウルや繊細や絵付けがされた食器も。

恵比寿 Torico-lore(トリコロール)

お店の奥に進むと、レースを使った布アイテムやレトロな図柄の紙アイテムがありました。フランスの蚤の市に来たような気分になれるお店です。

 

 

フレンチテイストのかわいいが詰まった『シェリートライフル』

外苑前 SHERRYTRUFLE(シェリートライフル)

最後は外苑前にある『SHERRYTRUFLE(シェリートライフル)』。こちらは大人の女性の「かわいい!」をくすぐるアイテムが揃ったインテリアショップ。

外苑前 SHERRYTRUFLE(シェリートライフル)

憧れのシャンデリアもあります。シャンデリアというと高級品で、ゴージャスなお部屋にしか合わないと思いがちですが、『シェリートライフル』で扱っているアイテムはお手頃価格から手に入れられます。また、LEDを使用しているものもあったり、設置も簡単なタイプ、そしてシックなデザインなので、あまり環境を選ばず気軽に取り入れられるのもうれしいポイント。

外苑前 SHERRYTRUFLE(シェリートライフル)

その他、デコラティブでありながらシンプルなカラーで普段使いしやすいテーブルウェアや装飾も。

外苑前 SHERRYTRUFLE(シェリートライフル)

毎日の暮らしに取り入れるだけで、ウキウキしてくるようなフレンチテイストの「かわいい」が揃っています。

 

 

どれもフランスの空気を感じますが、それぞれ違った個性のあるお店ばかり。これから気候のいい季節になるので、蚤の市を巡るようにお店を巡り、「とっておき」を探しにいくのもいいですね。さあ、毎日の生活が楽しくなるようなアイテムを探しにいきましょう♪

 

■一緒に読みたい記事

『東京蚤の市』で見つける一期一会のブロカント

お散歩気分でブロカント探し!ヴァンブの蚤の市

アート感のある暮らしを実現するインテリアショップ『H.P.DECO』

フランスを探してみよう!東京インテリア&雑貨ショップ案内

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP