シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • BREAD
  • ジャンクなイメージを覆す!“ホームメイド”と“国産”にこだわった『コーラとハンバーガー』

BREAD

ジャンクなイメージを覆す!“ホームメイド”と“国産”にこだわった『コーラとハンバーガー』

Pocket

ジャンクなイメージを覆す!“ホームメイド”と“国産”にこだわった『コーラとハンバーガー』

ハンバーガー好きのオーナーの「素材にこだわり、安心して食べられるハンバーガーを作りたい」というからスタートした『自由が丘バーガー』。その4店舗目となる『コーラとハンバーガー』が、2020年11月に西小山にオープンしました。

「国産素材を仕入れ、パテもソースもドリンクもすべて店内で手作りする」というこだわりを持ち、さらに食品ロスを減らすなど、サステナブルへの取り組みにも力を入れています。厳選&安心素材で作られる、優しい味わいが魅力です!

 

素材の仕入れ先も国内から厳選。すべて「店内手作り」にこだわった安心・安全なハンバーガー

東急目黒線西小山駅から徒歩1分のところにある商業施設「クラフトヴィレッジ西小山」の一角に、今回ご紹介する『コーラとハンバーガー』があります。

東急目黒線西小山駅から徒歩1分のところにある商業施設「クラフトヴィレッジ西小山」の一角に、今回ご紹介する『コーラとハンバーガー』があります。お店の看板メニューはもちろん、コーラとハンバーガー。ただし「体に優しくておいしい」が前提です。

こちらのお店では“ジャンクフード”というイメージが強いコーラとハンバーガーを、「お子さまにもお腹いっぱい食べてもらいたい」と、無添加、国産素材にこだわり、牛肉や玉ねぎなど、日本各地の生産者さんから直送で仕入れています。さらにはハンバーガーに使用しているパテやソースもすべて店内で手作りされるというから驚きです。

バンズに使うパン生地は、仕入先から半生状態で届き、注文が入ってから店内に設置されたスチームオーブンで焼き上げています。

バンズに使うパン生地は、仕入先から半生状態で届き、注文が入ってから店内に設置されたスチームオーブンで焼き上げています。

「甘くてみずみずしい玉ねぎが、本当においしい!」と話してくれた渡邉さん「甘くてみずみずしい玉ねぎが、本当においしい!」と話してくれた渡邉さん

「当店では、パンをスチームオーブンで焼いています。水分が加わることでふんわりと仕上げることができるんです。ハンバーガーに使う玉ねぎやパテも同様です。フライパンで加熱するよりもジューシーな味わいが楽しめます」と話してくれたのは、店長の渡邉英理さん。アレルギーのある人にも広く手にとってもらいたいと、パンやパテには卵を使用せず、パテのつなぎにはとろろを使っているそうです。

厚めの輪切りにカットされた玉ねぎは、パテと同じくらいの存在感!厚めの輪切りにカットされた玉ねぎは、パテと同じくらいの存在感!

「当店の2大人気メニューは『チーズバーガー』と『西小山バーガー』。ハンバーガーにサンドしている玉ねぎは、淡路島にある玉ねぎ農家の今井ファームさんから取り寄せています。今井ファームさんの玉ねぎは通常よりも土の上に寝かせる時間を長く取っているため、甘みを強く感じられはずです」。

同店限定の西小山バーガーは野菜たっぷり同店限定の西小山バーガーは野菜たっぷり

西小山バーガーを頬張ると、北海道産ビーフ100%のジューシーな肉汁と、ローストオニオンの優しい甘みが口いっぱいに広がります。自家製オーロラソースは、パテやお肉、野菜の味や風味を邪魔しないマイルドな味付け。なるほど、これは確かに「体に優しい」ハンバーガー!店内でふっくらと焼き上げられたパンもふんわりと具材を包み、すべての素材が互いを引き立て合っています。

とろけたチーズがたまらないチーズバーガーとろけたチーズがたまらないチーズバーガー

ハンバーガーには、目玉焼きやベーコン、はちみつ、ハラペーニョなどのトッピングも可能。オーダーメイド感覚でアレンジを楽しめるのもご常連のお客さまを飽きさせない工夫です。

「熟成 みつ星フライドポテト」はおつまみにもぴったり「熟成 みつ星フライドポテト」はおつまみにもぴったり

また、すべてのハンバーガーにセットで付いてくる「熟成 みつ星フライドポテト」は、北海道から直送されたお店オリジナルブランド「きたあかり みつ星」を使用。ふかしたジャガイモを手割りして素揚げするそうで、カリカリ、ホクホクの食感がやみつきに。ハンバーガーの「付け合わせ」とは言い難い、主役級のおいしさです。

 

無農薬の柑橘を使った、“旬を楽しむ”クラフトコーラ

クラフトコーラのシロップは、半日以上じっくり煮詰めて作られるクラフトコーラのシロップは、半日以上じっくり煮詰めて作られる

ハンバーガーと一緒に注文したいのは、やっぱり自家製のクラフトコーラ。シナモンや山椒などのスパイスと、その時季に収穫される無農薬の柑橘を使用して作るコーラは、さっぱりとした爽やかな甘みを感じることができます。漢方薬のような飲みにくさはなく、お子さまでもごくごく飲めてしまいそう。

「無農薬にこだわっているので、その時々で入手できる柑橘が変わるんです。今月はミカン、その前はポンカンを使っていました。基本的なレシピは同じですが、微調整を繰り返して、その時に『一番おいしい!』と感じるもの作りを大切にしています」と渡邉さん。コーラだけでなくハンバーガーも「昨日よりもっとおいしいものを」と追及しているそうです。

アイスとホットから選べる「ミルクコーラ」。チャイのようなまろやかな味わいが人気アイスとホットから選べる「ミルクコーラ」。チャイのようなまろやかな味わいが人気

ちなみに、コーラだけでなくジンジャーエールやレモネードも手作り。その日の気分によってドリンクを選べるのもうれしいポイントですね。

 

フードロスの軽減や環境を意識したカトラリーなど、サステナブルへの取り組みも

玉ねぎの端材も無駄にはせず、飴色に炒めてオーロラソースに使用玉ねぎの端材も無駄にはせず、飴色に炒めてオーロラソースに使用

「クラフトヴィレッジ西小山」にお店を構えた理由の1つに、「地球や環境保護にも配慮したサステナブルの試みが施設全体のコンセプトでもあったから」と答えてくれた渡邉さん。

「自由が丘の本店でも『今の子どもたちに明るい未来が残るように』と、サステナブルに力を入れており、小さくてもコツコツとした取り組みが大切という思いでいます」。

ハンバーガーにはさむ玉ねぎの端材も捨てずにソースに使用したり、カトラリーやコップ、皿も土に還る素材のものを使っているほか、スタッフのユニフォームもリサイクル100%の素材で作ってもらったとのこと。

「エコの観点から、ドリンク類にはストローをつけずに提供していますが、ご希望があればサトウキビで作られたストローをお渡ししています」。

店内もグリーンや流木をインテリアに使うなど、ナチュラルでエコな印象です。ジャンクフードのイメージを覆してくれる、体に優しい素材を使ったボリューミーなハンバーガーとクラフトコーラ。罪悪感は一切感じないままに、お腹と心を満たしてくれました。

施設内にはテントやベンチも設置されているので、天気のいい日は、青空の下で食べるのも気持ち良さそうです。

施設内にはテントやベンチも設置されているので、天気のいい日は、青空の下で食べるのも気持ち良さそうです。テイクアウトもできるので、おうちでも楽しんでくださいね。

 

  • ■お店情報
  • コーラとハンバーガー
  • 住所:東京都目黒区原町1-7-8
  • 営業時間:11:00-19:00(店内は14:30ラストオーダー、テイクアウトは19:00まで)
  • 定休日:年末年始
  • http://www.cola-and-hamburger.com/

 

■一緒に読みたい記事

上質なファストフード?九段下のチリビーンズ専門店『Chili Parlor9』

話題のフードコートで味わう懐かしいお菓子。日本橋『Chigaya Bakery』のドーナツ

ノンアルコールで盛り上がろう!お酒以上に楽しめる『のん』のノンアルカクテル

ジャンクなイメージを覆す!“ホームメイド”と“国産”にこだわった『コーラとハンバーガー』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram

POPULAR POST

人気の記事

PAGE TOP