シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • BREAD
  • 隠れたパンの激戦区!?東京駅で買いたいパンまとめ

BREAD

隠れたパンの激戦区!?東京駅で買いたいパンまとめ

Pocket

隠れたパンの激戦区!?東京駅で買いたいパンまとめ

帰省に冬休みの旅行。この時期、東京駅を訪れる人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、東京駅で買いたいおすすめのパンをご紹介します。ほとんどが駅構内(改札内)で買えるものなので、お土産や移動中の軽食にもぴったりですよ。さっそく見てみましょう!

【目次】

手土産にもぴったり!

旅のお供にサンドイッチ

モーニングをゆっくり過ごす

 
 

手土産にもぴったり!

まずは、手土産にもおすすめしたいパンが買えるお店を3つご紹介します。東京駅でしか購入できない商品もあるので、この機会にぜひお試しくださいね。

『東京あんぱん 豆一豆』の東京あんぱんケーキ

訪れたのは東京駅エキュート内にあるあんぱん専門店『東京 豆一豆』。

あんぱん専門店『東京あんぱん 豆一豆』の「東京あんぱんケーキ」

まずご紹介するのは、あんぱん専門店『東京あんぱん 豆一豆』から「東京あんぱんケーキ」です。見た目のインパクト大なこの1品。なんとあんこを120g使用し、さらにその周りには大納言かのこをたっぷりつけています。あんこの下には、有塩バターを。低糖で上品な味わいのあんこなので、このサイズでもペロリと食べられちゃいます。また、バターの塩気が甘みを引き立ててくれます。

あんぱん専門店『東京あんぱん 豆一豆』の「東京レンガぱん」

東京駅の赤レンガをイメージして作られた、名物「東京レンガぱん」もお忘れなく。こしあんとたっぷりのホイップクリームが包まれたふわっと優しい食感のパンです。東京駅と印されているので、東京土産としても喜ばれること間違いなし!

  • ■お店情報
  • 東京あんぱん 豆一豆
  • 場所:JR東京駅構内 エキュート東京 1F サウスコート
  • 営業時間:[月〜土]8:00〜22:00、[日・祝]8:00〜21:30
  • ※一部取扱いがない期間がございます

 

『デイジイ東京』の一番人気クロワッサンB.C.

『デイジイ東京』の店内

「美味しい食事パンの店」をコンセプトに埼玉県川口市を中心に展開するパン屋『Daisy』の姉妹ブランド『デイジイ東京』は、東京駅グランスタ内にあります。

『デイジイ東京』の「クロワッサンB.C.」

1番人気の「クロワッサンB.C.」は、見た目もコロンと丸く、想像していたクロワッサンとはまったく違う形!アーモンドケーキをクロワッサン生地で包み込み、クッキー生地をそぼろ上にしたものと砕いたアーモンドをトッピングして焼き上げた一品。

『デイジイ東京』の「クロワッサンB.C.」

B.C.の「B」はバター、「C」はクッキー、クロワッサン、ケーキを意味するそう。1個でなんとも贅沢なクロワッサンです。

『デイジイ東京』の「クロワッサンB.C.」の東京駅限定商品駅舎BOX

「クロワッサンB.C.」6個入りの東京駅限定商品駅舎BOXは、お土産にもぴったり。

『デイジイ東京』の「ブリオッシュ・トゥ・ショコラ」「ブリオッシュ・トゥ・ショコラ」

『デイジイ東京』の「しらすフランス」「しらすフランス」

そのほかにも、『デイジイ東京』と4人のシェフによるスペシャルコラボレーションパンも!とくに人気は「ブリオッシュ・トゥ・ショコラ」と「しらすフランス」。ユニークなパンもたくさんあるので、きっと目移りしてしまうはず。店内にはイートインスペースもあるので、クロワッサンをお土産に、気になるパンはお店で味わう…など、楽しみ方もさまざまです。

  • ■お店情報
  • デイジイ東京
  • 場所:JR東京駅構内 改札内 グランスタ 1F
  • 営業時間:7:00〜22:00

 

『神戸牛のミートパイ』の人気のパイ3種!

『神戸牛のミートパイ』の店頭

こちらは駅構内にあるグランスタ内にある『神戸牛のミートパイ』はバウムクーヘンで有名な神戸の名店・ユーハイムが手がけるパイ専門店。実は、『神戸牛のミートパイ』の店舗は東京に2店舗、千葉に1店舗の3店舗のみ。定番のミートパイのほか、季節限定のメニューなど5〜6種類のパイが並びます。

『神戸牛のミートパイ』の「神戸牛のミートパイ」

人気ナンバー1は、お店の名を冠した「神戸牛のミートパイ」。神戸牛を贅沢に使用した肉汁あふれるジューシーなミートパイです。

『神戸牛のミートパイ』の「神戸牛のミートパイ」

お家でいただくときは、電子レンジで少し温めてからトースターで軽く焼くのがおすすめだそう。焼きたてのようなサクサクのパイ生地を楽しめます!また、粒マスタードとケチャップを半々で混ぜたソースをつけてもおいしいのだとか。

東京駅限定の「北海道産チーズといわて牛のミートパイ」

「北海道産チーズといわて牛のミートパイ」は東京駅限定のメニュー。これはぜひゲットしたいもの。

「紅玉りんごのアップルパイ」

デザート感覚で味わえる「紅玉りんごのアップルパイ」も人気ナンバー2。紅玉りんごをたっぷり使用したパイの中には、ユーハイムならではのバウムクーヘンも!

  • ■お店情報
  • 神戸牛のミートパイ
  • 場所:JR東京駅構内 改札内 グランスタ B1F
  • 営業時間:[月〜土・祝]8:00〜22:00、[日・連休最終日の祝日]8:00〜21:00

 
 

旅のお供にサンドイッチ

続いてご紹介するパンは、旅のお供におすすめのサンドイッチ。パクっと食べられるその手軽さとは裏腹にこだわりがいっぱい詰まっています。

『とんかつ まい泉』のサンドイッチ

東京駅グランスタ内にある『とんかつ まい泉』

やってきたのは東京駅グランスタ内にある『とんかつ まい泉』。お弁当も気になりますが、今回の目的はサンドイッチ!ヒレかつサンドはもちろん、さまざまなサンドメニューが豊富なんです。

『とんかつ まい泉』の「ヒレかつサンド」ヒレかつサンド

定番の「ヒレかつサンド」に、「エビかつサンド」は誰しもが1度は目にしたことがあるのではないでしょうか?こだわり抜いたヒレかつにパン、差し入れとしてもうれしい1品です。食べやすい大きさにカットされたサンドイッチは、3切れ入り・6切れ入り・9切れ入りから選べます。

東京駅グランスタ店限定の「ヒレかつとたまごのポケットサンド」

こちらは東京駅グランスタ店限定の「ヒレかつとたまごのポケットサンド」。1日に約400個も売れるという人気商品です。この鈴の焼き印は、グランスタ内にある東京駅の待ち合わせスポットとして親しまれてきた「銀の鈴」をイメージしたもの!

とろりとした卵とソースのしみたかつが絶妙にマッチ。縁がプレスされているので中身もこぼれにくいので、ちょっと小腹が空いてしまう旅のお供にもぴったり。

『とんかつ まい泉』のミニバーガー手のひらサイズのミニバーガーも!

ミニバーガーの種類もいろいろ!中でも人気は「黒豚ミニメンチかつバーガー」だそうです。風味の良いゴマのバンズに、『まい泉』人気のメンチかつとソースをサンド。黒豚の旨味が詰まった贅沢なミニバーガーです。ちょっと気の利いた差し入れに◎。

  • ■お店情報
  • とんかつ まい泉
  • 場所:JR東京駅構内 改札内 グランスタ B1F
  • 営業時間:[月〜土・祝]8:00〜22:00、[日・連休最終日の祝日]8:00〜21:00

 

玉子焼専門店『つきぢ松露』のタマゴサンド

玉子焼専門店『つきぢ松露』

『つきぢ松露(しょうろ)』は言わずと知れた、老舗の玉子焼専門店。ダシの風味を生かした、さっぱりとした後味の玉子焼きの味を守り続けています。

人気の「松露サンド」と「SHOUROキューブ」

人気の「松露サンド」と「SHOUROキューブ」をご紹介します。

看板商品の玉子焼「松露」が贅沢にサンドされたタマゴサンド。具材はマヨネーズと玉子焼のみとシンプルですが、ダシの風味を生かした玉子焼の旨味を存分に味わえます。

パンは神戸発の老舗ベーカリー『ドンク』の食パンを使用していて、ふわふわの食パンとジューシーな玉子焼との相性も抜群。

また、毎週土曜はうなぎを巻き込んだ玉子焼を挟んだ「う巻きサンド」などのメニューも。サンドは数量限定ですので気になる方はお早めに。

『つきぢ松露』の「SHOUROキューブ」

「SHOUROキューブ」の青のり入り。こちらは玉子焼「松露」を食べやすいひと口サイズにカット。食べ歩きをするときにもパクッと食べられる便利な1品です。青のり入り、プレーン、一味唐辛子入りなどのラインナップ。缶ビールのお供にいかがですか?

  • ■お店情報
  • つきぢ松露
  • 場所:JR東京駅構内 改札内 グランスタ B1F
  • 営業時間:[月〜土・祝]8:00〜22:00、[日・連休最終日の祝日]8:00〜21:00
  • 定休日:土曜日
  • ※「松露サンド」は2018年12月26日〜2019年1月4日はお休みです。ご注意ください。

 

『サンドイッチハウスメルヘン』のフルーツサンドイッチ

『サンドイッチハウス メルヘン』

続いてやってきたのは『サンドイッチハウス メルヘン』。

『サンドイッチハウス メルヘン』のサンドイッチ

サンドイッチは、なんと30〜40種類ほども!フルーツをたっぷり使ったスイーツサンドから、惣菜や揚げ物系のサンドまでバラエティ豊か。

作りたてにこだわり、1つ1つ厨房で手作りしているというサンドイッチ。素材の風味と後味のよさにこだわったおいしさを大切にしているのだそう。

『サンドイッチハウス メルヘン』のフルーツサンド

人気のスイーツ系フルーツサンドから、3種類をご紹介します。

『サンドイッチハウス メルヘン』の「フルーツスペシャル(いちご)」

「フルーツスペシャル(いちご)」は夕方ごろからの限定商品。いちご、黄桃、キウイを大きく挟んだうれしいサンドイッチ。王道のフルーツサンドはついつい恋しくなりますよね。

『サンドイッチハウス メルヘン』のフルーツサンド

季節メニューからは「熊本産デコポン生クリーム」「ショコラいちごバナナ生クリーム」を。

ジューシーでさっぱりとしたデコポンの酸味と、生クリームの軽やかな甘みがたまりません。チョコといちごとバナナという最強の組み合わせは、もはやデザート。

季節によって旬の食材を使うので、メニューもそのときどきで変わるので、何度も訪れたくなる楽しみがあります。

  • ■お店情報
  • サンドイッチハウス メルヘン
  • 場所:東京駅構内 エキュート東京 1F サウスコート
  • 営業時間:[月〜土]8:00〜22:00、[日]8:00〜21:30

 
 

モーニングをゆっくり過ごす

最後にご紹介するのは、ゆっくりとカフェタイムやモーニングを楽しみたい人にもおすすめの2店舗。たくさんの人が行き交う東京駅のなかで、ほっとするひとときをくれるはず。バタバタしがちな帰省シーズンですが、少し早く到着してモーニングを過ごすのもよいでしょう。

『ブランジェ浅野屋』のクロックムッシュ

『ブランジェ浅野屋』

『ブランジェ浅野屋』は軽井沢に本店を構える、1933年から続く老舗ベーカリーです。

『ブランジェ浅野屋』のパン充実の品揃えがうれしい!

「ロイヤルブレッド 軽井沢ハムのクロックムッシュ」と「トマトモッツァレラ」

おすすめの「ロイヤルブレッド 軽井沢ハムのクロックムッシュ」と「トマトモッツァレラ」を購入。軽井沢デリカテッセンの厚切りロースハムとスイスグリエールチーズを贅沢に使用したクロックムッシュです。

「トマトモッツァレラ」

「トマトモッツァレラ」は食べてびっくり!中にはたっぷりのモッツァレラチーズと、プチトマトが入っていました。

『ブランジェ浅野屋』の店内

イートインスペースも広く、落ち着いて過ごせる店内。『ブランジェ浅野屋』は朝7時からオープンするので、少し時間にゆとりをもって出かけて、のんびりモーニングを過ごしてみてはいかがでしょう?

  • ■店舗情報
  • ブランジェ浅野屋
  • 場所:JR東京駅構内 改札内 グランスタ B1F
  • 営業時間:[月〜土・祝]7:00〜22:00、[日・連休最終日の祝日]7:00〜21:00

 

パンのセレクトショップ!?『GARDEN HOUSE CAFE』

『GARDEN HOUSE CAFE』

さて、最後にご紹介するのは『GARDEN HOUSE CAFE』。今回ご紹介する中で、唯一改札外ということもあって、近隣で働く方たちも多く利用しているお店です。

『GARDEN HOUSE CAFE』

姉妹店であるベーカリー『GARDEN HOUSE CRAFTS』で焼き上げるパンをはじめ、都内のベーカリーショップからさまざまなパンが並ぶ“セレクトベーカリーショップ”という新業態!『シニフィアン・シニフィエ(世田谷)』、『haluta(上田)』、『空と麦と(恵比寿)』、『馬場FLAT(高田馬場)』…など、ここに訪れると1度にたくさんのパン屋さんのパンと出会うことができます。

「全粒まるぱん 千葉県産クランチピーナッツ」

おすすめは、全粒まるぱんでサンドした「全粒まるぱん 千葉県産クランチピーナッツ」。香り抜群のピーナツクランチがたっぷり入った、オリジナルのピーナッツペーストをサンドしています。もちっとした食感の全粒まるぱんは、香ばしく甘みもあり奥深い味わい!

『GARDEN HOUSE CAFE』

甘すぎない絶妙なピーナツペーストは、写真の「BOCCHI」をベースに作られたそう。このパンでしか味わうことのできない特別なピーナツペーストなんです!ほどよい甘さであっという間に完食してしまいました。

『GARDEN HOUSE CAFE』の「栗とジンジャー」

冬季限定のメニューの「栗とジンジャー」もおすすめです。栗が丸々どーんと入ったパンで、ひと口食べてみると想像以上に生姜の香りが広がります!生姜とゆずのピールを練りこんだしっとりとしたパンは栗との相性も◎。

また、『GARDEN HOUSE CAFE』の名の通り、カフェメニューも充実。60席もある広々としたイートインエリアにはWi-Fiも完備されているとあって、出張などの仕事で訪れる人にもうれしいお店です。

  • ■お店情報
  • GARDEN HOUSE CAFÉ
  • 場所:JR東京駅構内 改札外 グランスタ丸の内 B1F
  • 営業時間:[月〜土・祝]7:00〜22:00、[日・連休最終日の祝日] 7:00〜21:00

 

東京駅舎

東京駅を訪れるだけで、これほどたくさんのパンと出会えるなんて驚きですよね。旅や出張のお供に、手土産に、そしてモーニングにも。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

  • ■掲載協力
  • 東京ステーションシティ運営協議会
  • 東京都千代田区丸の内1丁目

 

■一緒に読みたい記事

キラリとセンスが光る!東京のお土産7選

最新刊では東京を大冒険!「リサとガスパールとうきょうへいく」!

バターが主役!『エシレ・メゾン デュ ブール』の究極のクロワッサン

隠れたパンの激戦区!?東京駅で買いたいパンまとめ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PAGE TOP