シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • BREAD
  • おいしい朝食から始まる1日。NYからやってきた卵料理専門店『EGG』

BREAD

おいしい朝食から始まる1日。NYからやってきた卵料理専門店『egg』

Pocket

おいしい朝食から始まる1日。NYからやってきた卵料理専門店『egg』

池袋のメトロポリタン口にある『egg東京』は、ニューヨークのブルックリンからやってきたオールデイブレックファーストレストラン。オーガニックなど体に優しい素材にこだわったメニューが楽しめるお店です。朝8時にオープンするということで、ランチやディナーはもちろん、朝食を食べに来店するお客さんも多く見られます。

 

地域密着型のお店として池袋にオープン

池袋『egg東京』の外観

池袋駅のメトロポリタン口を出て、お店が集まる繁華街から離れるように歩くこと約6分。レンガ調の壁に「egg」と書かれた白い看板を見つけました。入り口の黒い壁には「109A NEW YORK」と番地のようなプレートが取り付けられており、この場所だけ日本であることを忘れそうな雰囲気です。

地元のお客さんに愛されるお店でありたい、というオーナーの思いから、観光客に人気の商業施設でもなく、駅前の繁華街でもないこの場所に海外初出店。今年の4月でオープン1年目を迎えます。

池袋『egg東京』の内観

白と木の風合いを生かしたインテリアが印象的な、外光が差し込む明るい店内。椅子やテーブルの配置もゆとりがあり、ゆったりとくつろげる空間です。

池袋『egg東京』にはクレヨンが置かれています。

各テーブルにはカラフルなクレヨンが置かれ、テーブルクロスのように白い画用紙が敷かれていました。

池袋『egg東京』では、テーブルクロスのように敷かれた画用紙にお絵かきできます。

「自由に落書きOK」という待ち時間さえも楽しくなるようなお店側からの遊び心溢れるサービスが。お子さん連れのお客さんも多く利用するそうなので、ママたちにとってもうれしいサービスですね。

池袋『egg東京』の内観

入り口近くのカウンター席には電源もありました。お子さん連れでの朝食にも、仕事の合間のランチやコーヒーブレイクでも、どんなシーンでも利用できそうです。

 

チーズと卵がとろり〜り! 絶品「エッグロスコ」で朝ごはん

朝食メニューはアメリカ南部の代表的な料理・ビスケット&グレイビーや、オムレツ、パンケーキ、自家製グラノーラなど10種類。どれにしようか迷いましたが、看板メニューの「エッグ ロスコ」を注文することにしました。

池袋『egg東京』の看板メニュー「エッグ ロスコ」

エッグ ロスコは、ブリオッシュの中央をくり抜いて卵を落とし、ホワイトチェダーチーズをかけて焼き上げたもの。オーダーが入ると、まずは澄ましバターをひいた鉄板で中央をくり抜いたブリオッシュを焼きます。そこに卵を落としてこんがり両面が焼けたら、最後にチーズをたっぷりかけてオーブンで焼いて完成です! 澄ましバターは、通常のバターよりも軽やかなバターの風味になるそう。

「ロスコ」の由来を聞いてみると、「ブルックリン店で働いていたスタッフの叔父さん」とのこと。画家であるマーク・ロスコさんの大好物の朝食の組み合わせが、まさにパンと卵とチーズ。この3つの組み合わせはよくある朝食のスタイルで、現在の「エッグロスコ」に似た料理がロスコさんの大好物だったのだとか。そして偶然にも出来上がった商品がロスコさんの描く絵の色合いに似ていたことで、「エッグ ロスコ」と名付けられたのだそうです。

池袋『egg東京』の看板メニュー「エッグ ロスコ」

運ばれてきた瞬間から、香ばしいチーズとバターの香りで食欲を刺激されます。4種類から選べるサイドディッシュには、ケールと青野菜のソテーをチョイス。

池袋『egg東京』の「エッグ ロスコ」

真ん中にザクっとナイフを入れると、想像よりも軽い感触。ブリオッシュならではの柔らかさと軽さです。左右に割れば、半熟の卵が溶けたチーズと一緒にとろ〜りとあふれ出しました。嗅覚だけでなく視覚にも「おいしい!」を訴えかけてきます。たまらずひと口頬張ると、口いっぱいに広がる濃厚なチーズとバター、風味豊かな卵の味わい…そして、ふんわりと柔らかなブリオッシュの食感。

ブリオッシュとバター、卵、チーズというシンプルな素材で作られた「エッグ ロスコ」は、朝ごはんとしてもちょうど良い軽さ。搾りたてのフレッシュオレンジジュースと一緒に、ぺろりと1皿完食しました。

サイドに添えられたケールと青野菜のシャキシャキとした歯ごたえ、グリルトマトも素材本来の風味を引き立てる味付けで、アメリカの油っぽいジャンクなイメージを覆してくれました。

お店で提供している卵料理に使用されるのは、平飼いの有精卵のみ。だからこその、しっかりとした旨味を味わうことができます。

池袋『egg東京』の内観

ニューヨークでは朝ごはんを外で食べることも多いと聞きます。店内の黒板には「Breakfast was about the best part of the day.(朝食は1日の中で最も重要な部分)」の文字が書かれていました。

何かと忙しい朝は、朝食を片手間にすませてしまいがちです。それでも、いつもより少し早起きした朝は、出来立てのおいしい朝ごはんを食べに出かけてみてはいかがでしょうか。きっと1日の活力が湧いてくるはずです。

 

  • ■お店情報
  • 「egg東京」
  • 住所:東京都豊島区西池袋2-37-4 としま産業振興プラザ IKE・Biz 1F
  • TEL:03-5957-7115
  • 営業時間:8:00〜21:00 (L.O 20:00)
  • 定休日:毎月最終月曜日(祝日の場合、前週の月曜日)
  • ※「エッグ ロスコ」を含む朝食メニューは終日注文可能

 

■一緒に読みたい記事

フランス式のモーニングをいただきます!渋谷『VIRON』のプチ・デジュネ

中はとろーり、外はカリッ!神楽坂『SHIMADA CAFE』の絶品フレンチトースト

「変わらない」がそこにある。神楽坂『トンボロ』のトースト

14243
おいしい朝食から始まる1日。NYからやってきた卵料理専門店『egg』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP