シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • マティスの作品が教えてくれたこと。ATELIER DES LUMIèRESでひさしぶりのアート鑑賞

PARIS

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

Pocket

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

はじめまして。パリでイラストレーターとして活動している十河藍子です。これからパリの暮らしを写真やイラストと共にご紹介していければと思っています!

さて、長い外出禁止令が段階的に緩和され、パリの街は以前の賑わいを取り戻しつつあります。先日、マクロン大統領は演説中で「我々は、仕事をしたり、アートを満喫したり、フランスにおいて完全に生活を再開できる」と発言しました。「アートを満喫すること」が日常生活に溶け込んでいることがとてもフランスらしいなと思い、この言葉を受けて私もパリで人気の美術館『Atelier des Lumières(アトリエ・デ・リュミエール)』へ行って来ました!

 

仕事終わりに美術館へ行くことも日常なフランス

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

皆さんはどのくらいの頻度で美術館へ行きますか?フランス人の同僚に「仕事終わりってどう過ごしてる?」と聞いたところ、「美術館に行くか、友人とアペロ」という返事が多く、パリジャンは美術鑑賞をカジュアルに楽しんでいる姿が伺えます。

2018年、パリ11区にオープンしたデジタルアート美術館『アトリエ・デ・リュミエール』はかつて鋳造工場だった場所をリノベーションしてつくられました。作品を高さ10mの巨大スクリーンにデジタル投影し、その中を歩きながら鑑賞できます。作品への没入感が一番の魅力でシャガールの作品に一面囲まれたときは、まるで違う星に来てしまったのかと思うほど。

 

南フランスにインスパイアされた作家たち

現在開催中の展示テーマは「地中海への旅」。ルノワール、モネ、ピサロ、マティス、シニャック、ドラン、ヴラマンク、デュフィ、シャガールらが南フランスで残した作品たちが美しい音楽と共に勢揃いしています。

みなさんは“南フランス”と聞いて思い浮かべるのは、何でしょうか?美しいビーチや真っ青の空、色鮮やかな花…。これらは今も昔も変わらないフランスの宝です。当時のアーティストたちもそれらにインスパイアされ、どの作品も色彩豊かで彼らがそれらに癒されていたことが伝わります。

 

マティスの作品が今、教えてくれること

 

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

フランス出身のアンリ・マティスもそんな南フランスの自然に癒された画家のひとりです。マチスと聞いて思い浮かぶ色彩豊かな作品は、まさに南仏や地中海からインスパイアされたもの。マティスの作品はどれもカラフルでモチーフは女性や植物など、さぞ彼の人生は幸せでいっぱいだったのではと思いませんか?

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

実はマチスは戦争のショックから創作活動ができなくなったり、晩年は病気を患い、車椅子生活を余儀なくされていたのです。マティスの有名な作風である「カットアウト」は、そんな病床にいた時に、絵筆を握れなくなってしまった彼が編み出した新たな表現方法でした。

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

「今まで不自由なくできていたことが、できなくなる」ことがいかに辛いことか。

これは我々誰もが新型コロナウイルスによる規制で感じたことではないでしょうか。マティスはそんな、変わってしまった日常に絶望するのでなく、それを活力に変え、新たな表現方法へと昇華させたのです。こういったマティスのポジティブな考えは今の我々に対するメッセージなのかもと考えさせられる展示会でした。

 

美術鑑賞のあと、グルメとおしゃべりが決まり!

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

さて、アート鑑賞のあとは、おいしいものを食べながらゆっくりおしゃべりするのがパリ流。

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

会場近くの『MONOPRIX(モノプリ)』でサンドイッチを買って目の前のSquare Maurice Gardette公園でゆっくりするのもいいし、近所にはおいしいレストランもいっぱいあります。

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

先日、私が伺ったのは、『BALLS』。名の通り肉団子をメインにしたカジュアルな創作フレンチが楽しめます。

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

肉団子はたこ焼きをひとまわり大きくしたくらいの大きさでジューシー。緑のシミシュリソースとよく合います!サイドメニューはフムスをたっぷりとバケットにつけて。ボリューム満点でお腹いっぱいになりました。

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

これからもずっとパリがアートと愛でいっぱいの街であり続けて欲しいと思わされるそんな1日でした!

 

  • ■施設情報
  • Atelier des Lumières(アトリエ・デ・リュミエール)
  • 住所:38, rue Saint-Maur 75011 Paris(地図
  • 営業時間:10:00~18:00 (金土〜22:00)
  • 休館日:なし
  • 公式HP:www.atelier-lumieres.com
  • ※チケットは、サイトで事前購入可能
  • Square Maurice Gardette
  • 住所:2 Rue du Général Blaise, 75011 Paris(地図
  • 営業時間:08:00~21:30
  • BALLS
  • 住所:47 Rue St Maur, 75011 Paris(地図
  • 営業時間:12:00~15:00,19:00~22:30
  • 公式HP:http://www.ballsrestaurant.fr

 

■一緒に読みたい記事

パリ初のデジタルアートの美術館『アトリエ・デ・リュミエール』が誕生!

日本人初!キングコング西野亮廣さんの個展がエッフェル塔で開催!

ファッションの都パリならでは!パリ装飾芸術美術館

マティスの作品が教えてくれたこと。Atelier des Lumièresでひさしぶりのアート鑑賞

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
PAGE TOP