シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • 萌え断サンドをパリで!ボリューミーな『SANDO CLUB』でお腹いっぱいになろう♪

PARIS

萌え断サンドをパリで!ボリューミーな『sando club』でお腹いっぱいになろう♪

Pocket

萌え断サンドをパリで!ボリューミーな『sando club』でお腹いっぱいになろう♪

こんにちは♪パンが大好きなパン野ゆりです。さて、日本でも『POTASTA』等で人気の萌え断サンド。あまりにも贅沢なボリュームで食べづらさもご愛嬌。そんな見るだけでおいしいスペシャルサンドがパリでも楽しめるんです!

 

日本好きのオーナーが営む『sando club』

『sando club(サンドクラブ)』のテラス

オープンテラスも気持ちいい!萌え断を楽しむならここ!『sando club(サンドクラブ)』。

バスティーユ広場からぷらぷらとお散歩したらすぐ♪私がお店に伺ったのは、少し遅めのモーニング。この日は偶然にも人がいなくてラッキー!

ゆっくりしちゃおっと。

『sando club(サンドクラブ)』の店内

お店に入るとすぐ目に飛び込んできたのは、招き猫の暖簾。なんでもここのオーナーさんは大の親日家らしく、お店のあちこちに日本への愛情を感じられます。異国の地パリで日本がフィーチャーされているのは、日本人としてすごくうれしいですね♪

『sando club(サンドクラブ)』の店内に飾られた、平仮名・片仮名の表記

突き当たりの壁には“東京”の文字。反対の壁には…ん??なんだろう??

目を凝らして見てみると、平仮名、片仮名表記が額に飾ってある!

それにしてもフォントがおしゃれに見える…(笑)。これもパリマジック??

パン粉

床に目をやると…パン粉に「日本の品質」って書いてある!(笑)

(せっかくならこのパン粉を使ったメニューを食べよう♪)

 

店員さんの対応もどこか柔らかい印象だし、これほど全力で日本推ししてくれる『sando club』をこちら側も全力で応援しよう。

 

バラエティ豊かなサンドイッチ!メニューに悩む。

『sando club(サンドクラブ)』のメニュー表

トリカツに……エビフライ!?

「エビフライ…食べたい…かも!!」パリでエビフライを食べたことがない私はエビフライにかなり心がゆれ動く!が!

エビフライがあまり得意じゃない私はトリカツをチョイス(笑)。一緒にいた友人はアボカドが食べたいということでブレックファーストをチョイス。

『sando club(サンドクラブ)』のサンドイッチ

これぞ写真映え♪

きたー!!すごいボリューム!!おいしそうおいしそうおいしそう♪呪文のように早口でおいしそうを連呼してしまう(笑)。

この厚み…この彩り…!

お皿もかわいく「HELLO SANDO」だって♪写真を撮る手が止まりません。

『sando club(サンドクラブ)』のトリカツサンド

トリカツサンド。どーーーーーん!

パンの2倍はある具の量。どんな大男でもひと口で食べきれないであろうボリューム。

(カメラロールを見返しているだけでお腹いっぱいになりそう)

『sando club(サンドクラブ)』のトリカツサンド

ひと切れのボリュームはこのくらい♪さっそくかぶりついてみました。

 

「わ!!!」

 

想像している通り、すごく食べにくい(笑)。

ボロボロと中身の具が溢れ落ちてしまうので、お皿の上でしっかりと受け止めながら食べることをおすすめします(笑)。

フォークとナイフも付いてくるので、お上品にサンドイッチを切り分けて中身とパンを別々で食べるのもいいかもしれませんね。

 

暴れ出すトリカツ

『sando club(サンドクラブ)』のトリカツサンド

ひと口食べると「おおー!おいしい!!」見た目以上にしっかりと味付けされたトリカツ。なんでもブルドックソースで味付けされているそう!我々日本人はソースの味にめっぽう弱い。パリに来てから味わっていなかった“懐かしい日本の味”に遭遇♪

厚みのある鶏肉も胸肉でしょうか?断面がきれいで、サッパリ、シットリしたお肉もおいしい!エンドレスモグモグ。トマラナイモグモグ。

トリカツサンドの断面

紫キャベツやにんじんの千切りはピリ辛万能調味料のシラチャーソースで別に味付けされています(日本でもカルディで取り扱い有りとの情報)。お肉と別で野菜もしっかりと味付けされています。お野菜がこんなにたくさん入っているのもうれしいですね♪

 

一方、パン

サンドイッチのパン

ほんのりと黄色く色味がかったパンはトーストされたブリオッシュ。サクッと歯切れの良い耳がとってもおいしいんです♪パン生地もしっとり柔らか。濃いめの味付けのトリカツたちをそっと支える縁の下の力持ち。

『sando club(サンドクラブ)』のサンドイッチ

友達のオーダーしたサンドイッチも食べさせてもらうことに!

こちら、ブレックファースト。アボカド、卵、ベーコン、お野菜…緑が多い、理想的な具材の朝ごパン♪

サンドイッチから溢れ出すたまご

わ!わ!わ!わ!た!ま!ご!

とろ~ん!おいしそう♪卵がトロトロ。

こちらもかなりしっかりとした味付け。ベーコンの塩味もありますが…ん…お醤油の味もする…?こちらもトリカツと同じく、間違いなく日本人が好きな味。

 

トリカツよりもサッパリと食べられて、ブリオッシュ生地のほんのりした甘さが具材と合わさって“あまじょっぱさ”を感じます。ペーストされたアボカドもみずみずしく新鮮で、朝から身体に良いものを食べている気分♪

『sando club(サンドクラブ)』のサンドイッチ

パリで食べるお寿司やラーメンはちょっとイマイチ…でも日本食が恋しい!!そんな気持ちになったら食べるべきサンドイッチはここ『sando club』!サイドメニューでお味噌汁もオーダーできますよ♪

見た目以上!満足度1000%な萌え断サンドイッチはオススメ度も1000%!

 

  • ■お店情報
  • sando club(サンドクラブ)
  • 住所:1-3 Passage Thiéré, 75011 Paris(地図
  • 営業時間:[月〜金]9:00〜16:00、[土]11:00〜16:00、[日]10:00〜16:00
  • 定休日:不定休
  • https://www.instagram.com/sandoclub/

 

■一緒に読みたい記事

週末のパリジャンが集う『Les Grands Voisins』の中にあるパン屋さん♪

パリっ子たちにも大人気!『PAPERBOY』のサンドイッチ

Tokyo/Paris『CENTRE THE BAKERY』タマゴサンドと、カツサンドと。【Paris編】

萌え断サンドをパリで!ボリューミーな『sando club』でお腹いっぱいになろう♪

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
PAGE TOP