シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • 【パリからのお手紙】パリ在住アーティスト アルバン・ドゥ・ラ・シモーヌさん

PARIS

【パリからのお手紙】パリ在住アーティスト アルバン・ドゥ・ラ・シモーヌさん

Pocket

【パリからのお手紙】パリ在住アーティスト アルバン・ドゥ・ラ・シモーヌさん

フランスと日本のライフスタイルを紹介するPARISmagに、素敵なお手紙が届きました。

パリでミュージシャン、そして絵描きとして活動するアーティストのAlbin de la Simone(アルバン・ドゥ・ラ・シモーヌ)さんからのお手紙です。

 

アルバンさんからのお手紙

【日本語訳】

日本の皆さん、こんにちは!

僕の名前はアルバン・ドゥ・ラ・シモーヌです。

ラ・シモーヌとは、僕の先祖が住んでいた小さな川の名前なのです。

【パリからのお手紙】パリ在住アーティスト アルバン・ドゥ・ラ・シモーヌさん

はじめての方も多いと思うので、僕の自己紹介を少しさせていただきますね!

デッサンを学び、思春期の終わりには、イラストレーターになると思っていましたが、音楽が好きで音楽を選びました。割と若い頃にプロのミュージシャンになりました。

ジャズピアニストとして活動して、それから伴奏者となり、フランスだけでなくアフリカのたくさんのアーティストたちと共演したのです。2000年には、南青山のブルーノート東京でマリのアーティスト、サリフ・ケイタのミュージシャンとして日本に行ったこともあります。僕が共演した中で一番有名な人は、イギー・ポップだと思います。他には、100枚以上のフレンチ・ポップスのアルバムに参加しました。スタジオに行って音楽についてのアイデアを出し合う、というこの仕事が大好きなのです。

しばらく音楽の活動が中心となり、30年近く絵は描いていませんでした(あれ?そう言えば!ちょっとしたイラストは描きました。2002年、日本の雑誌『ベーネ・ベーネ』のクレモンティーヌについてのコラムに挿絵をいくつか描いていました!)。

【パリからのお手紙】パリ在住アーティスト アルバン・ドゥ・ラ・シモーヌさん

30歳のとき、自分で作詞作曲をやってみようと思いました。やってみたら、楽しくて楽しくて!!1曲書いて、また1曲、と作り溜めていきました。そして、2003年にファースト・アルバムをリリースしました。他のアーティストとの共演や伴奏も続けていますが、自分自身の作品にも力を入れています。作詞作曲して、自分の曲を自分のコンサートで歌い、新しい曲を作り、レコーディングして…と続けていたら、本当にシンガーになってしまいました。そうしているうちに、5枚のアルバムができあがり、5枚目のアルバム『僕たちの中のひとり』は日本でもリリースされました。このアルバムは、さまざまな愛についての作品です。日本盤には、カヒミ・カリィとのデュエットも収録されています。

【パリからのお手紙】パリ在住アーティスト アルバン・ドゥ・ラ・シモーヌさん

ちなみに、僕がどれだけ日本のことが大好きか、皆さんに伝わっていますか?本当に大好きな国で、何回でも訪ねたい国なのです。この2年で、なんと5回も日本に行っているんですよ。

日本には、大切な友人もたくさんいます。フランスの音楽家であり俳優でもあるピエール・バルーが亡くなる前、新宿御苑にほど近い彼の家で彼の家族と過ごしたことは、大切な思い出です。

そして、日本は何を食べてもおいしくて、世界一だと思っています!!(イタリアやタイ、そして…フランスももちろんおいしいのですが!)

【パリからのお手紙】パリ在住アーティスト アルバン・ドゥ・ラ・シモーヌさん

この2年間、またイラストを描くようになりました。今は、描くことが楽しくて仕方がなくて、また夢中になっています。そして、個展も開催しています。

これで、皆さんに僕のほとんどすべてを知っていただけたかな。いえいえ!まだまだお知らせしていないこともありますね。

【パリからのお手紙】パリ在住アーティスト アルバン・ドゥ・ラ・シモーヌさん

僕はパリ20区の、アパルトマンの1階に住んでいて、ラッキーなことに小さなお庭がついているんですよ。あ、それから、僕の80%は柚子胡椒でできているということもお知らせしておきますね。

 

それでは、また!

アルバンでした。

 

Albin de la Simone(アルバン・ドゥ・ラ・シモーヌ)

1970年フランス北部ピカルディ地方の中心都市アミアン生まれ。数多くのアーティストに愛され引っ張りだこの音の魔術師。90年代前半からアレンジャー及びミュージシャン(ピアノ、キーボード、ベース)として、多数のコンサートツアーやレコーディングに参加。2003年に自分の名前をタイトルに冠したファーストアルバムをようやくリリース。そののち数年のインターバルを挟みつつ、現在までに5枚のオリジナルアルバムを発表。

2014年にはヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュージックの「最優秀コンサート賞」にノミネート。

日本との関わりも深く、カヒミ・カリィなどとのコラボあり。2000年にはクレモンティーヌの前座として来日、2016年にもサラヴァ50周年アルバムに参加し来日を果たす。

ヴァネッサ・パラディとも関わりが深く、2006年のオペレッタ「Le soldat rose”(バラ色の兵士)」での共演以来、スタジオ録音、ツアー、そしてアコースティックツアーの音楽監督&バンマスを担当。他にはサリフ・ケイタ、アルチュール・アッシュ、イギー・ポップ、アンジェリック・キジョ、マチュー・ボガーツ、ケレン・アンなど多数のアーティストと共演。自身のコンサートや、他アーティストとのコラボレーションでのライブ本数は年間200本。

HP : http://www.albindelasimone.com/

Instagram:@ albindelasimone

 

■一緒に読みたい記事

フランス人ミュージシャン クレモンティーヌさんに聞く、音楽と日々の暮らし

アンナ・カリーナ、クレモンティーヌが来日!FESTIVAL TANDEM -MUSIC & FOOD-

ロックにシャンソンにビートルズ!?パリが音楽に染まる日

 

【パリからのお手紙】パリ在住アーティスト アルバン・ドゥ・ラ・シモーヌさん

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP