シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • PARIS
  • ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

PARIS

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

Pocket

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

ヴァッシュ・ノワール(Vache noir)で拾った貝などが入った石を家に持って帰ったところ、祖父が「これは、化石だよ。博物館に行ってみればよくわかるよ」と教えてくれました。ちょうどヴァッシュ・ノワールの隣町に『PALEOSPACE(パレオスパス)』という恐竜博物館があるということでさっそく行くことに。

 

ノルマンディーで見つかった化石が展示!

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

『PALEOSPACE』では、ノルマンディーで発見された恐竜の化石を中心に展示しています。

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

恐竜の骨の化石も展示されていて、臨場感あります。

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

このエリアで発掘されたいろいろな化石を知ることができる展示もありました。私が見つけたような化石の群生も!同じ地層の深い場所ではアンモナイトも発見されているんですね。

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

同じく、私も見つけたひだがいっぱいある貝の形の化石も。ヴァッシュ・ノワールは粘土質で石灰質の土層もあるので、保存状態がいいようです。

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

1億6500万年前、この辺りは海に覆われていて、水中にはアンモナイトをはじめ、貝類が多く生息していたそうです。さらに、その沿岸には恐竜が住んでいたのだとか!

 

迫力満点!恐竜の化石

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

巨大なオルタルモザウルス(Ophthalmosaurus)、通称アンナ(Anna)の化石です。この化石はアメリカで発見されたものですが、このヴァッシュ・ノワールでも生息していたことが確認されているそうです。

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へオルタルモザウルスのイメージ画

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

鋭い牙をもつリオプルロドン フェロックス。プリオザウルスの一種で、このエリアで最も凶暴で恐れられていた水中の生物だったのだそう(ちなみに…私はあまり恐竜には詳しくないので、読み方は少しフランス語風になっているかもしれませんが、どうぞお許しを)。

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

地質年代表は体感しながら学べるパネルです。

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

レバーを回していくと、現代からどんどん恐竜時代(ジュラ紀時代)までさかのぼれる仕組みになっています。氷河期にはマンモスが絶滅した映像があったり、爬虫類系恐竜も海から陸地へ上がっていった様子や、鳥類系恐竜が空を飛ぶ時代があったり。化石だけでは想像できない部分を、わかりやすく説明していてとても親切!恐竜のことを詳しくなかった私も、ずいぶん理解が深まりました。

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

外に出ると、博物館裏手には、こんな沼地が。恐竜でも出てきそうな大自然ですね。

ノルマンディーの恐竜に出会いにぜひ、立ち寄ってみてください。

 

 

■一緒に読みたい記事

食べ放題で動物園なイベント!?「農業見本市」

乗馬体験がきっかけで馬主に!?フランスの馬とのつきあい方

120年前から変わらぬ大迫力!建物も展示も楽しめるパリの恐竜博物館

ノルマンディーには恐竜がいた!?恐竜博物館『PALEOSPACE』へ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
キャラWalker
PAGE TOP