シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • GOODS
  • 『SIO』鳥羽シェフ初のレシピ本『#おうちでSIO』のやさしいレシピ

GOODS

『sio』鳥羽シェフ初のレシピ本『#おうちでsio』のやさしいレシピ

Pocket

『sio』鳥羽シェフ初のレシピ本『#おうちでsio』のやさしいレシピ

代々木上原にあるフレンチレストラン『sio』のオーナーシェフ鳥羽周作さんがWebで発信している家庭料理レシピ『#おうちでsio』。料理初心者でも簡単に作れると話題になりました。そんなレシピの数々が、この度レシピ本となり発売。レシピ本に込めた鳥羽シェフの思い、そしてレシピ本の内容をご紹介します。

 

料理界のKING OF POPがシェアした絶品レシピ

#おうちでsio』は新型コロナウィルスによる自粛期間の直前3月末に鳥羽さんがnoteで発信した簡単に作れる家庭料理レシピ。テレビ等でも話題になったので、目にした方も多いのではないでしょうか?

レシピ本やWebで紹介されているレシピは、ナポリタンや唐揚げなど、どれも無性に食べたくなる懐かしいものばかり。なぜなら、鳥羽シェフには「料理界のKING OF POPでありたい」という思いがあるから。『sio』はミシュランガイドのひとつ星を獲得するほどハイエンドなレストランであるにもかかわらず、鳥羽シェフ自身はカジュアルに料理を楽しむ方法を提案しています。

冷凍シーフードミックスを使った見た目も華やかな『黄金チヂミ』

「やさしいレシピのおすそわけ」をコンセプトにしている『#おうちでsio』のレシピは、料理が苦手な人でも簡単に作りはじめられるよう、手軽に買える材料ばかり。なんとコンビニのお惣菜も活用するのです!また、ステーキといったメイン料理、サラダなどの副菜、パスタやチャーハン、ペアリング用のドリンク、食後のデザートのレシピまで紹介されているので、自宅でプチsioを再現する、なんて楽しみ方も可能です。

なぜ気鋭のフレンチシェフである鳥羽さんは、無料でレシピを公開するようになったのでしょうか?その理由を伺いました。

 

「自炊の役に立てば」というシンプルな思いからスタート

―鳥羽さんはコロナ禍で『#おうちでsio』を始められたましたが、どんなきっかけがあったのですか?

「在宅時間が増える中で自炊の機会が増えると思い、料理人としてできることはないか?と考えました。その結果、レシピを公開したら少しでも自炊する方の役に立てるのではないかと思ったのがきっかけです」

『#おうちでsio』の初公開レシピ『o/sioの唐揚げ』

―『#おうちでsio』をスタートして、周りではどんな変化がありましたか?

「『#おうちでsio』公開以前のTwitterフォロワー数は6,000人ほどでしたが、投稿のたびに大きな反響がありテレビやWebメディアなど複数出演させていただいた結果、9月時点で58,000人までに増えました!また、“味の答え合わせ”というコンセプトで僕たちが運営する『sio(代々木上原)』、『o/sio(丸の内)』、『パーラー大箸(渋谷)』に来店されるお客様も非常に増えましたね」

―『#おうちでsio』以降、お客様からの声、また新しいファンの方も増えたと思います。実際にどんなご意見がありましたか?

「お客様からは以下のようなお声をいただきました。

・簡単に作れて本当に美味しいレシピなのでありがたい。

・料理が好きになった。

・自分史上最高の料理ができた。お店にも食べに行きたいと思った。

これはほんの一部。こういったお声をいただくと、僕たちも本当に嬉しいですね」

 

sioに関わる人たちによる“愛のデリバリー”

―鳥羽さんにとって初めてのレシピ本ですが、どのような経緯があったのですか?

「『sio』のオープン時から色々と懇意にしてくれている小学館の編集者さんからお声をかけていただいたことからスタートしました。『絶対に良いものを作れる!』という信頼関係があったので、企画が立ち上がってすぐに制作に取り掛かり半年で出版することができました」

―書籍は『#おうちでsio』がベースになっていますが、裏テーマのようなものはありますか?

「これはレシピ本ではなく、“愛のデリバリー”だと思っています。これまでお店に足を運んでくれるお客様がいたからこそ僕たちは料理を作ることができました。また編集の方をはじめライターさんの言葉選び、3日間ずっと撮影してくださったカメラマンさん、お皿ひとつひとつにこだわってくれたフードスタイリストさん、一緒に考え動いてくれた『sio』のスタッフたち……。さまざまな人の思いが詰まった、“愛の塊”を少しでも多くの人に届けたいと考えています」

―紹介されている料理はどれも美味しそうですが、掲載するレシピはどのように決めていったのですか?

「簡単でおいしくなるように考えたレシピは自宅で奥さんにも試作してもらい、再現性を重要視して、上手くいったレシピだけを掲載しています」

―どれもおすすめしたいレシピかと思いますが、その中でも特におすすめのレシピを教えてください。

塩昆布が味の決め手『無限パスタ1』

・無限パスタ1

「Twitterでも一番反響があったのがこのレシピです。きのこ、バター、麺つゆ、身近な食材を組み合わせた簡単なレシピですが、劇的においしいですよ!」

・激うま10分ハヤシライス

「市販のデミグラスソースを使うので本当に簡単。お家に帰ってすぐできるけど味は本格的で、家族みんなが喜ぶレシピです。一度にたくさん調理でき、ストックしておけるのもうれしいポイント」

・o/sioの唐揚げ

「『#おうちでsio』をスタートして一番初めに公開した、メモリアルレシピ。たくさんの方が作ってくださって大人気でした。ちょっとしたコツでジューシーに仕上がるので、驚かれます(笑)」

―『#おうちでsio』によって、読者の食卓や料理がどのようになればいいと思いますか?

「料理への苦手意識が少しでも和らいだり、おいしい料理で食卓が彩られ、食事の時間が少しでも安らぐ空気になればうれしいですね」

 

「“おいしい”を通して、幸せの分母を増やすためにこれからも『#おうちでsio』は続けていきますし、料理人としてできることを全力でやっていきます」と語る鳥羽さん。sioの哲学である「幸せの分母を増やす」を具現化した『#おうちでsio』は、料理が苦手な人にこそ手に取っていただきたい1冊です!

 

 

 

■一緒に読みたい記事

おこもり中にジャム作りはいかが?『ムラヨシマサユキのジャムの本』

飯島奈美さんに聞く、日々の食卓を味わうということ

旅の思い出も反映された果物を使ったレシピ集。細川亜衣さんの『果実』

『sio』鳥羽シェフ初のレシピ本『#おうちでsio』のやさしいレシピ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PAGE TOP