シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • GOODS
  • 自分だけの香りをカスタマイズ!中目黒『THE FLAVOR DESIGN』で香りのDIYを体験!

GOODS

自分だけの香りをカスタマイズ!中目黒『THE FLAVOR DESIGN』で香りのDIYを体験!

Pocket

自分だけの香りをカスタマイズ!中目黒『THE FLAVOR DESIGN』で香りのDIYを体験!

香りのアイテムを選ぶとき、なんとなくいつも同じようなタイプの香りを手に取っていませんか?東京、大阪、兵庫にある香りの専門店『THE FLAVOR DESIGN(ザ フレイバー デザイン)』なら、約170種類の中から好みで調合して、オリジナルの香りがするファブリックミストを作ることができます。今回は東京・中目黒の店舗に伺い、“香りのDIY”の様子をレポート。季節やそのときの気分にしっくりくる香りで、暮らしをちょっと豊かにしてみませんか?

 

大阪発!香りの専門店『THE FLAVOR DESIGN』とは

中目黒『THE FLAVOR DESIGN(ザ フレイバー デザイン)』の外観

大阪・南堀江に本店を構える香りの専門店『THE FLAVOR DESIGN』。2019年には兵庫・城崎にコンセプトショップ、中目黒に東京店をオープンしました。

今回ご紹介する東京店は、中目黒駅から目黒川沿いを歩き、道を1本中へ入ったところにあります。ガラス張りのスタイリッシュな外観に、青いネオンの店名が印象的。おしゃれな雰囲気に胸を高鳴らせながら、店内へ足を踏み入れました。

中目黒『THE FLAVOR DESIGN(ザ フレイバー デザイン)』の内観

中へ入ってぐるりと見渡すと、そこはまるで実験室のよう!白を基調とした無機質な空間に商品のボトルがディスプレイされ、ステンレスのテーブルには注射器やメスシリンダー、スポイトが並びます。

中目黒『THE FLAVOR DESIGN(ザ フレイバー デザイン)』の宮田さん

非日常な光景に圧倒されていると、スタッフの宮田百華さんが笑顔で出迎えてくれました。「実験室みたいな店内で、ちょっとドキドキするかもしれません。でも、身構えなくて大丈夫。私たちスタッフと友達感覚でおしゃべりしながら、自分好みの香りを選んでくださいね」と明るく話しかけてくれ、一気に和みます。

東京店は実験室をイメージしていますが、大阪はブルックリンの倉庫をモチーフにしたレンガ調、温泉街である城崎は木を基調としたナチュラルテイスト。空間はもちろん、扱っている香りも店舗によって異なるものもあります。3店舗それぞれが個性を持ちながら、丁寧に作られた上質な香りで、暮らしの中に本当の贅沢を提案しています。

 

上質な香りを楽しめるアイテムの数々

中目黒『THE FLAVOR DESIGN(ザ フレイバー デザイン)』の商品

大阪にあるファクトリーで職人の手によって丁寧に作られる香りは、約170種類。そのうち定番は20種類で、それ以外は季節などその時々で入れ替わります。オーナーがハワイやサーフカルチャーから受けたインスピレーションをもとに、多彩な香りを生み出しているそう。

そして、そんな上質な香りを暮らしに寄り添うアイテムに落とし込んでいます。東京店には、ファブリックミスト、ディフューザー、エアフレッシュナー、パフュームオイルなど4種類が並びます。

中目黒『THE FLAVOR DESIGN(ザ フレイバー デザイン)』のパフュームオイル

7月、新たに登場したパフュームオイルは、ボトルに付いたローラーボールで塗布するロールオンタイプの香水。カラフルなパッケージと持ち運びに便利なサイズで人気を集めています。

 

直感で選び職人がブラッシュアップ!香りのDIYとは?

既成のアイテムを求めるのももちろん魅力的ですが、DIYならオリジナルの香りを楽しめるファブリックミストを作ることができます。そこで今回は、香りのDIYを実際に体験しました!

中目黒『THE FLAVOR DESIGN(ザ フレイバー デザイン)』で香りのDIY

まずは、棚に並んだテスターを嗅ぎ、直感で2~3種類の香りを選びます。棚には季節ごとにスタッフの方がおすすめの香りをピックアップして並べています。でも、先入観を持たずに選べるよう、あえてそれぞれに説明書きを付けていないそう。

取材時は夏をテーマに、柑橘系など爽やかな香りがたくさん! その中でも人気は、ユリのような香りのNo.115「Pacific Park」、ホワイトティーやグリーンティー系のNo.65「Holiday」、オレンジのようなNo.35「Cool Crash」。

中目黒『THE FLAVOR DESIGN(ザ フレイバー デザイン)』で香りのDIY

香りを選んだら実験台のようなテーブルへ移動して、ボトルとキャップをどれにするか決めます。ボトルは遮光性があり品質が劣化しにくい茶色と、液体の鮮やかな色が映えるクリアタイプの2種類。キャップはゴールドかシルバーを選べます。

香りを調合している様子

ボトルとキャップが決まれば、「どんなイメージの香りを作りたいですか?」と丁寧にヒアリングしてくれます。今回は、爽やかで上品な香りをイメージして作ることに。

ここからは、直感で良いと思った香りを本当に気に入っているか、改めて確認していきます。このときは選んだのは、No.100「SUNNY」、No.84「Delicious」、No.10「California Love」の3種類。

香りを試している様子

No.100「SUNNY」は、青い花を連想させるすっきりとした香り。No.84「Delicious」は、花のような香りと石鹸のような香りが合わさり上品な印象。No.10「California Love」は、フルーツ系のベリーが引き立った甘い香り。

「SUNNYとDeliciousの組み合わせなら、ナチュラルテイストにもっていけます。一方で、California Loveは甘みが濃厚なので、これをムスク系や石鹸系のほんのりとした甘みに替えるのもいいかもしれません」と、宮田さん。

ぶつかり合ったりかき消し合ったりと、相性の良くない香りもあるので、作りたい香りのイメージをふまえてバランスを調整してくれます。

香りを調合する様子

スタッフの方が経験から培った感覚で、「この香りを入れるのはどう?」と提案しながら、どれくらいの爽やかさや甘みが好みなのかを細かくヒアリングしてくれます。いくつか香りを確かめ、最初に選んでいたNo.10「California Love」を柑橘系のNo.65「Holiday」に変更。3種類の香りを微調整して、自分だけの香りが完成!

クリアボトルを選ぶと、仕上げに液体を色付けすることもできます。人気は紫、ピンク、水色で、色の濃淡も調整可能。爽やかな香りに合わせて淡い水色にしました。

ラベルに入れる名前を書いている様子

さらに、ラベルに入れる名前を考えるのも楽しみのひとつ!お店を訪れた日付、誕生日、お気に入りの曲のタイトル、思い入れのある言葉など、何でもOKです。

完成したファブリックミスト

選んだ香りの名前やイメージから、陽気な休日を思い浮かべて「sunny side」と名付けてみました。フォントは筆記体とタイプライターフォントのどちらかを選ぶことができます。

完成したファブリックミスト

できあがったファブリックミストを手にすると、オリジナルの香り、ボトル、ラベルに、いっそう愛しさがこみ上げます。

170種類の中から組み合わせるので、選ぶ香りはもちろん微妙な配合バランスも被ることがほとんどないそう。世界でひとつの香りを作れるのがDIYの面白さ。商品を持ち帰る際に香りのレシピもくれるので、再びお店に持ってくると同じ香りを作ることもできます。

悩みながら、そして楽しくおしゃべりしながら作った香りは、暮らしに瑞々しい潤いをもたらしてくれるはず。季節や気分に合わせて、香りを作ってみてはいかがでしょうか。

 

  • ■お店情報
  • THE FLAVOR DESIGN(ザ フレイバー デザイン)
  • 住所:東京都目黒区上目黒1-15-1 金子ビル1階2号
  • 営業時間:12:00~19:00、[土日祝]12:00~20:00
  • 定休日:水曜
  • HP:https://www.theflavordesign.com/fragrances/
  • ※DIYは2日前までにWEBで事前予約、または来店時に当日予約を
  • ※クレジットカード、PayPayでの支払い可
  • ※新型コロナウィルスへの対策として店内の換気を行い、来店時の消毒を呼びかけています。入店は1度につき8人まで

 

■一緒に読みたい記事

パンライターが選ぶ牛乳3選!パン×牛乳のおすすめの組み合わせをお届け

気分はパン旅!いつか行きたい全国の名店お取り寄せ4選

アツアツサクサク!三軒茶屋『ブーランジュリー シマ』の揚げたてカレーパン

自分だけの香りをカスタマイズ!中目黒『THE FLAVOR DESIGN』で香りのDIYを体験!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram

POPULAR POST

人気の記事

PAGE TOP