シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • FOOD
  • #萌え断フレンチメニュー!ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ

FOOD

#萌え断フレンチメニュー!ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ

Pocket

#萌え断フレンチメニュー!ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ

ここ数年、instagramなどでたびたび話題になる「#萌え断」というキーワード。料理を切り分けたときの断面の美しい写真などに使われるハッシュタグです。美食大国であり、芸術的センスのキラリと光るフランスにも「#萌え断」料理はもちろんあります。

フランス・ブルゴーニュ地方の伝統料理「ジャンボン・ペルシエ」がそのひとつです。「ジャンボン」とはハム、「ペルシエ」とはパセリを細かく切ってまぶすという意味のフランス語。ハムとみじん切りにしたパセリをブイヨンのゼリーで固めたもので、イースター(復活祭)などに食べられる料理です。

今回は「ジャンボン・ペルシエ」をさらに「#萌え断」アレンジしたハムとパセリといちごのテリーヌのレシピを紹介したいと思います。

 

ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ

ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ

  • 【材料】(4人分/10×15cmのテリーヌ型1台分)
  • ハム:200g
  • イタリアンパセリ(みじん切り):大さじ4
  • [A]
  • マスタード:小さじ2
  • おろしにんにく:小さじ1/2
  • 赤ワインビネガー:大さじ1
  • 塩:小さじ1/2
  • オリーブオイル‥大さじ2
  • いちご(へたを取る):3個
  • アスパラ(茹でて適当な長さに切る):1~2本
  • [ゼラチン液]
  • 水:300ml
  • 固形ブイヨン:1個
  • ゼラチン:10~15g

 

【作り方】

1.ゼラチン液を作ります。

ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ鍋に水と固形ブイヨンを入れ、沸いたら火を止めます。ゼラチンを入れて、混ぜます。

 

2.ハムと調味料を和えます。

ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピゼラチン液の粗熱を取っている間に、具材を準備します。ボウルに[A]入れ混ぜ合わせます。適当な大きさに切ったハムとみじん切りにしたパセリを入れ、和えます。

 

3.型に入れます。

ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ型に[2]を入れ、途中にいちごとアスパラを詰めます。このとき、カットするおおよその位置をイメージし、いちごの断面がきれいに見えるように並べるとより「#萌え断」に。

ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ[2]のゼラチン液を流し入れ、ラップをして冷蔵庫に入れ冷やし固めます。

 

4.固まったら切って盛り付けます。

ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ固まったら取り出し、適当な大きさにカットして、皿に盛り付けます。

ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ型から取り出しにくい場合はお湯を張ったボウルに少し沈め、ナイフなどで型とゼラチンの隙間をなぞると取り出せます。

ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ

マスタードを添えてできあがりです。マスタードで有名なディジョン地方も「ジャンボン・ペルシエ」と同じブルゴーニュ地方ということで、相性はばっちり。

今回はハムといちご、アスパラで作りましたが、ハムの代わりにサーモン、いちごをトマトにしてもおいしいです。夏はさっぱりグレープフルーツとサーモンなどの組み合わせもおすすめ。お好みの具材でアレンジしてみてくださいね。

ハムとブイヨンの旨味とマスタードやパセリのアクセント、そしていちごのさっぱりとした酸味が食欲をそそります。しっかり冷やしたテリーヌは白ワインやスパークリングとも相性◎。Instagram映えもばっちりな夏のアペロのお供です。

 

■一緒に読みたい記事

伊藤まさこさんに聞く!夕方5時からのアペロの楽しみ【前編】

リサとガスパールワインと一緒に、初夏の楽しみアペロピクニックへ

アペロのお供に!お家で簡単に作れるレバーパテと豚肉のリエットのレシピ

#萌え断フレンチメニュー!ハムとパセリといちごのテリーヌのレシピ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP