シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • BREAD
  • 当日を待ちながら楽しむ!パレスホテル東京『SWEETS & DELI』のクリスマスブレッド

BREAD

当日を待ちながら楽しむ!パレスホテル東京『Sweets & Deli』のクリスマスブレッド

Pocket

当日を待ちながら楽しむ!パレスホテル東京『Sweets & Deli』のクリスマスブレッド

12月になると、街は緑と赤に彩られて一気にクリスマスモード。聞こえてくる音楽やイルミネーション、ショーウィンドウの装飾など、ワクワク気分が高まってきます。みなさんもクリスマスに向けてパーティやディナーの計画を考え始めている頃でしょうか。

パレスホテル東京のペストリーショップ『Sweets & Deli(スイーツアンドデリ)』

「クリスマスにはどんなケーキにしようかな」なんて楽しみは膨らむばかりですが、ヨーロッパには、伝統的なクリスマスの焼き菓子があるのをご存知でしょうか?

そこで、パレスホテル東京のペストリーショップ『Sweets & Deli(スイーツアンドデリ)』から素敵なクリスマスブレッドをご紹介します!

 

ドイツの伝統菓子シュトーレン

ドイツのドレスデンが発祥とされるシュトーレンは、日本でも12月が近づくと作り始めるパン屋さんやお菓子やさんが増え、目にすることも。でも意外と食べた事がない人も多いのではないでしょうか?

シュトーレンは、ドライフルーツを洋酒に漬け、ナッツなどと一緒に生地に練りこみ焼き上げるパンです。仕上げにはたっぷりのバターを染み込ませ粉砂糖がかけられます。もともとは司教様にクリスマスの贈り物として献上されていたそうですが、今ではクリスマス前4週間のアドヴェントという期間(キリストの降誕を待つ期間)に、少しずつスライスして食べていくのが主流なのだとか。

パレスホテル東京『Sweets & Deli(スイーツアンドデリ)』のシュトーレンシュトーレン/Sweets & Deli

真っ白な粉砂糖が雪を連想させます。こちらは8種類のドライフルーツが入った、定番の「シュトーレン」です。オレンジピール、レーズン、アップル、レモンピール、クランベリー、イチジク、グレープフルーツピールとたっぷりのフルーツが!ぽこっと山のようになっているのは、作るときに折りたたむようにして焼いているからなんです。

実は「Stollen」という言葉はトンネルを意味します。言われてみれば、形も山のようですし納得です。たっぷりの粉砂糖で包まれたその様子は、幼子イエスが産着で包まれた様を表しているとも言われているのだそう。

パレスホテル東京『Sweets & Deli(スイーツアンドデリ)』のシュトーレンと一緒に楽しむコーヒー

中心にはマジパンが包まれていてしっとりとした食感。生地にはホイップバターを練り込み、仕上げには焦がしバターをしみ込ませているのだそう!

中のしっとりとした食感と、外側の少しサクっとした食感の違いも楽しいシュトーレン。ドライフルーツがたっぷりで甘いので、コーヒーと相性ぴったりです。

 

和のテイスト“ほうじ茶”のシュトーレン

『Sweets & Deli』で毎年人気を集めているシュトーレンから、初登場のフレーバーをご紹介します。

パレスホテル東京『Sweets & Deli(スイーツアンドデリ)』の加賀ほうじ茶のシュトーレン加賀ほうじ茶のシュトーレン/Sweets & Deli

こちらが「加賀ほうじ茶のシュトーレン」。ドイツの伝統ブレッドであるシュトーレンに、和のテイストを散りばめた1品です。定番のシュトーレンとは異なり、うぐいすきな粉で仕上げたという若草色がきれいですよね。

パレスホテル東京『Sweets & Deli(スイーツアンドデリ)』の加賀ほうじ茶のシュトーレンを切ったところ

生地には、ほうじ茶に大納言、ホワイトチョコレート、フランボワーズが練りこまれています。大納言やホワイトチョコレートのやさしい甘さに、フランボワーズの酸味がアクセントに。

お店で購入できるシュトーレンは、3種類。定番の「シュトーレン」、初登場の「加賀ほうじ茶のシュトーレン」のほか、和三盆や渋皮栗、数種類の豆を入れ、たっぷりのきな粉と柚子の香りで仕上げた、こちらも和テイストの「ボーネン・シュトーレン」も。

お好みのシュトーレンを見つければ、クリスマスまでの時間がより楽しくなりそう。

 

洋梨のパン!?ベラヴェッカ

フランスのクリスマスケーキといえば、まず初めにブッシュ・ド・ノエルが思い浮かびますよね。あまり馴染みがないかもしれませんが、フランスのアルザス地方に古くから伝わる冬に食べられる焼き菓子があります。その名もベラヴェッカ。

「Pain de poire(パンドポワール)=洋梨のパン」という意味を持つクリスマスブレッドで、洋梨のドライフルーツが使われているものがスタンダード。ドイツのシュトーレン同様、クリスマスを待ち望みながら少しずつスライスして食べていくのだとか。

また、生地の量は全体の10%ほどと少なく、ドライフルーツやナッツがふんだんに使われているものがほとんど。さらにスパイスが香るのも特徴です。

パレスホテル東京『Sweets & Deli(スイーツアンドデリ)』のベラヴェッカ・アン・ソシソンベラヴェッカ・アン・ソシソン/Sweets & Deli

『Sweets & Deli』からは見た目もユニークな「ベラヴェッカ・アン・ソシソン」が登場。ソシソンとは、サラミのような乾燥ソーセージのことで、フランスではおつまみとして親しまれているそう。そのサラミを模したラッピングに遊び心があって、なんとも可愛らしいですね。

パレスホテル東京『Sweets & Deli(スイーツアンドデリ)』のベラヴェッカ・アン・ソシソンはナッツやフルーツがきっしり!

封を開けると、ふわっとシナモンが香ります。カットするとナッツやフルーツが贅沢にぎゅっとつまっていて驚きました。セミドライポワールはもちろん、パイナップルやバナナ、アプリコット、オレンジピールなど様々な種類のフルーツが入っています。

くるみのザクっとした歯ごたえがあって、アーモンドやパンプキンシードも入っていて、食感も楽しいクリスマスブレッドです。

パレスホテル東京『Sweets & Deli(スイーツアンドデリ)』のベラヴェッカ・アン・ソシソンとワインを一緒に楽しむのも◎

ティータイムにもぴったりですが、シナモン、クローブといった数種類のスパイスも効いており、ほどよい甘さでたっぷりのナッツが入っているので、ワインなどお好みでお酒と一緒に味わってみるのもおすすめです。

 

その大きさに驚き!イタリアはパネトーネ

パネトーネは、イタリアのミラノ発祥のクリスマス菓子。その名の由来は諸説ありますが、アントニオというパン職人が作り出したからという説も。アントニーの愛称が「トニー」であり、「トニーのパン=pan de Toni」とされ、少しずつ呼び方が変化していき、イタリア語の「Panettone(パネトーネ)」になったとも言われています。

パネトーネ種を使った発酵菓子で、ドーム型に大きく膨らんだ形が特徴的です。クリスマスの時期の手土産としても喜ばれそうですね。

パレスホテル東京『Sweets & Deli(スイーツアンドデリ)』のクリスマスブレッドパネトーネ(右奥)/ボーネン・シュトーレン(左奥)/加賀ほうじ茶のシュトーレン(左前)/シュトーレン(左中)/ベラヴェッカ・アン・ソシソン(右前)

お店で購入できる「パネトーネ」には、スカッシュ、チェリー、レーズン、アップルなど6種類のフルーツを使用。トッピングのドレンチェリーの赤と緑が、クリスマスを感じさせますね。

そのほか、『Sweets & Deli』では、クリスマスーキも8種類と豊富にあるのだとか!家族で楽しめるユーモアあふれるケーキから大人のクリスマスパーティにおすすめのものなど様々なシーンで選ぶ楽しみがあります。

クリスマスまではその日を待ちながら伝統のブレッドを、当日はクリスマスケーキを食べて、なんだか2度クリスマスを楽しめるような気分!今年は、いつもと少し違った12月の過ごし方を味わってみてはいかがでしょうか?Bon Noël (ボン ノエル=よいクリスマスを)!

 

  • ■商品情報
  • 『Sweets & Deli』クリスマスブレッド・クリスマスケーキ
  • 販売期間:クリスマスブレッド 2016年12月1日(木)〜12月25日(日)までの期間限定
  • ※ご予約をおすすめいたします。
  • クリスマスケーキ 2016年12月20日(火)〜12月25日(日)までの期間限定
  • ※クリスマスケーキの予約受付はご購入日の3日前まで

 

 

■一緒に読みたい記事

雷鳥、イノシシ、野ウサギを堪能!フランスの秋の味覚ジビエを味わおう:【とのまりこのパリライフ!】

ボジョレーヌーヴォーで楽しむ、大人のおやつの時間

年賀状もクリスマスカードも!スタンプで作る年末年始のグリーティングカード

9014
当日を待ちながら楽しむ!パレスホテル東京『Sweets & Deli』のクリスマスブレッド

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP