シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • GOODS
  • 本棚をもっと自分らしく。SEE OH! RIBBONが彩る本のある生活

GOODS

本棚をもっと自分らしく。SEE OH! Ribbonが彩る本のある生活

Pocket

本棚をもっと自分らしく。SEE OH! Ribbonが彩る本のある生活

みなさんは最近、紙の本を買っていますか?

電子書籍などが広く普及したこともあり、紙の本を買う機会が以前より減ってしまったという方もいるのではないでしょうか。電子書籍ならいくら本を買ってもタブレット端末1つあればOKなので、「本が増えて本棚に入りきらない!」と困ることもありません。
しかし、ずっしり重みのある背表紙が並ぶ本棚にときめいてしまうのは私だけではないはず。

shio_read

今回は、読書中はもちろん、読書後の本棚でも背表紙に華を添えてくれるアイテム『SEE OH! Ribbon(しおりぼん)』を紹介いたします。

 

ラッピング用リボンの新しい形。SEE OH! Ribbon

「!」が絶妙に効いているネーミングのSEE OH! Ribbon。こちらはみなさんもよく知っているラッピング用リボンの素材を使って作られているんです。

04

元々ラッピング用として使われることがほとんどだったリボンを、「今までとは違った形で使ってもらえるものを作りたい」という思いから出発したSEE OH! Ribbon。

福井のリボンメーカーと大阪・東京を拠点にグラフィックなどのデザインを手掛けている有限会社セメントプロデュースデザイン。2つ会社のコラボレーションによって、リボンが本来持っているシルクのような滑らかさ・光沢感・繊細な色合いを保ちながら、新しい姿に生まれ変わりました。かわいいだけじゃなく、作り手さんの高い技術力や熱い心意気が伝わってくる繊細できめ細やかな作り。なんだかシートから切り離すのがもったいないくらいです。

05

作り方はミシン線に沿ってハサミでちょきちょきと切り込みを入れるだけ。とても簡単に1枚のシートから様々な模様のしおりが姿を現します。しおりを切り出す時間も、これから読む本の内容を想像しながらだと楽しくなりそう。

 

“しおり”と“リボン”が出会ったら

03

しおりは本来、読みかけの本や書きかけの手帳などでページがすぐにわかるように挟んで使用するもの。SEE OH! Ribbonはそんなしおりの役割に、リボンの華やかさや飾りとしての存在感、おめかしの要素がプラスされます。読み終わった後はお気に入りのページにおまじないのように挟んで、そのまま本棚に差せば華やかなインテリアに。

10451909_776541105742182_1353779291037259953_n

繊細なしおりなので持ち運びが不安…という方は、ブックカバーにクリップで固定して、模様の部分を本に挟んでしまえば、安心して持ち運ぶことができそうです。

 

SEE OH! Ribbonで本棚をもっと自分らしく

02

初めて行くお家やカフェの本棚にあるラインナップや並べ方などを見ると、直接話したことがなくてもその人やお店のことをちょっとうかがい知れるような気がします。

本の中に書かれていることを知りたいのであれば、わざわざ紙の本を選ばなくてもいい時代。だからこそ自分の手元に残しておきたいと感じる本というのは、今まで以上に意味があるのではないでしょうか。
手元に残しておきたいその1冊を、気分や自分なりのルールで本棚に並べていく。本棚にはそういった個人の思いや個性が反映されているからこそ、心惹かれるのかもしれませんね。SEE OH! Ribbonがあれば、本棚にさらに自分らしさをプラスすることができそうです。

01

読書のひとときも読み終わった後の本棚も彩ってくれるSEE OH! Ribbon。紙の本ならではの楽しみを改めて教えてくれるアイテムです。

本棚をもっと自分らしく。SEE OH! Ribbonが彩る本のある生活

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP