シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • BREAD
  • 相性抜群!揚げたてドーナツと、自家焙煎コーヒー。京都・東山『LOOSE KYOTO』

BREAD

相性抜群!揚げたてドーナツと、自家焙煎コーヒー。京都・東山『loose kyoto』

Pocket

相性抜群!揚げたてドーナツと、自家焙煎コーヒー。京都・東山『loose kyoto』

有名な寺社仏閣が立ち並ぶ、京都の人気観光地・東山エリア。市バスの停留所『清水道』を降りて、清水寺へと続く坂道を登ること5分。額に少し汗をかき始めたころ、今回の目的地を見つけました。

古い建物との融合で京都らしい佇まい古い建物との融合で京都らしい佇まい

道に面した窓を覗き込むと、トレーに並んだ黄金色のドーナツが、早速目に飛び込んできます。

ここ『loose kyoto(ルースキョウト)』は、ご兄弟が営む、ドーナツとコーヒーを楽しめるお店。道に面した窓を覗き込むと、トレーに並んだ黄金色のドーナツが、早速目に飛び込んできます。

「こんにちは!」と、にこやかに出迎えてくださったのは、オーナーの梅田考也さん。

「こんにちは!」と、にこやかに出迎えてくださったのは、オーナーの梅田考也さん。京都出身の梅田さんは、東京や京都の有名店で修行を積み重ね、2020年9月にお店をオープンしました。「また来たいなと、お客様に思ってもらえる場所を作りたい」。そう語る梅田さんから、お店や商品へのこだわりを伺いました。

 

京町家を改装した、スタイリッシュで温かな店内空間

古くからある京町家をリノベーションし、完成させた『loose kyoto』。梁や柱は残しつつ、ライトグレーとシルバーでまとめられた、モダンな雰囲気です。

古くからある京町家をリノベーションし、完成させた『loose kyoto』。梁や柱は残しつつ、ライトグレーとシルバーでまとめられた、モダンな雰囲気です。

「かっこいいけれど、かっこよすぎず。無機質だけれど、温かみがあるような。そんな空間を目指しました」。

梅田さんが案内する店内には、廃材を利用したカウンターや、looseの「L」をかたどったテーブル、コーヒーの粉を混ぜ込んだ床など、随所にこだわりが光ります。

天窓から差し込む優しい光を浴びながら、レコードの音楽に耳を傾けていると、時間の流れを忘れてしまいそう。壁際に並んだベンチに腰掛けて、ドーナツとコーヒーを注文しました。

 

テイクアウトもOK!店頭で揚げる、シンプルドーナツ

まずは、定番のプレーンドーナツ。きび砂糖が振りかかった、シンプルな見た目です。

まずは、定番のプレーンドーナツ。きび砂糖が振りかかった、シンプルな見た目です。

「2個3個と、たくさん食べてもらいたい」というように、パクパク口に運べる、ほどよいサイズ。北海道産の小麦を使った香ばしい生地の香りを、ほんのり感じます。サクッとかじってみると、もっちりした食感の後に、優しく素朴な甘さが口いっぱいにふわっと広がりました。

「味付けや盛り付けでごまかすような、ごちゃっとしたものは、なるべく作りたくありませんでした」。シンプルだからこそ、ドーナツ本来の味わいを、そのまま楽しむことができます。

ドーナツの調理を担当しているのは、弟の旭也さん。「なるべく揚げたてを楽しんでもらえるように」と、少量ずつ、こまめにつくっています。

ドーナツの調理を担当しているのは、弟の旭也さん。「なるべく揚げたてを楽しんでもらえるように」と、少量ずつ、こまめにつくっています。確実に揚げたてのドーナツを食べたければ、開店時間の9時に合わせて訪れるがおすすめとのこと。テイクアウトもできるので、そのままドーナツを片手に、清水寺まで散歩するのも楽しそうです。

プレーンドーナツの他にも、きなこや、イートイン限定のトッピング・カスタードクリームが用意されています。

プレーンドーナツの他にも、きなこや、イートイン限定のトッピング・カスタードクリームが用意されています。

また時期によっては、フルーツサンドなどの限定商品が店頭に並ぶことも。

また時期によっては、フルーツサンドなどの限定商品が店頭に並ぶことも。定期的に通って、お気に入りを探してみてもいいかもしれませんね。

 

ハンドドリップで丁寧に。バリスタの腕が光る、自家製コーヒー

そして、ドーナツと合わせて楽しみたいのが、自慢のコーヒー。

そして、ドーナツと合わせて楽しみたいのが、自慢のコーヒー。バリスタとして10年以上の経験を積んだ梅田さんが、一杯一杯、ハンドドリップで淹れています。

「ドーナツのレシピを決めてから、ぴったりのものを考えました」というコーヒー豆は、すべてこだわりの自家焙煎。

「ドーナツのレシピを決めてから、ぴったりのものを考えました」というコーヒー豆は、すべてこだわりの自家焙煎。

酸味とコクのバランスがいい、中煎りのオリジナルブレンド「loose blend」。トロピカルな印象と爽やかなフレーバー、キャラメルのような甘さのハーモニーを感じる、浅煎りの「Colombia Yorleny Sanchez Gesha Washed」。まろやかな口当たりで、上品な余韻を楽しめる、深煎りの「Mexico Cristal」。梅田さん選りすぐりの3種類が用意されています。

そのほか、ドリンクとしてメニューに並んでいるのは、ラテやアメリカーノ、京都宇治のお茶を使った抹茶・ほうじ茶ラテなど。

そのほか、ドリンクとしてメニューに並んでいるのは、ラテやアメリカーノ、京都宇治のお茶を使った抹茶・ほうじ茶ラテなど。

「はじめての方には、まずドーナツとコーヒーの、王道の組み合わせを楽しんでもらいたいです。ただお客様には、本当に食べたいものを食べてほしいし、飲みたいものを飲んでほしい。僕たちがおすすめするというよりは、『おいしそう!』と思ったものを選んでいただきたいですね」。

「どれを注文しても大丈夫ですよ。僕たちが本当においしいと思えるものしか、お店に置いていませんから」。そう言って、梅田さんはにっこりと笑いました。

 

人を大切に、『また来たいね』と選んでもらえるお店づくりを

人を大切に、『また来たいね』と選んでもらえるお店づくりを

「こだわりといえば…」と、梅田さんは続けました。

「細かい部分のこだわりは、僕たちだけにしか分からないようなものもあります。当然、そのすべてをお客様に伝えているわけではありません」。

例えば、コーヒーカップやドリッパーは、岐阜県の多治見市まで行って、職人さんと話し合いながらつくったもの。その他の食器も、内装の雰囲気に合わせて色が統一されています。

「伝える、伝わるに関わらず、こだわり抜かないと僕自身が嫌なんですよ。自信を持ったお店で、自信を持ったメニューをお客様に提供する。そうやって、妥協せずにやり抜くことが大切だと思っています」。

京都は、パンとコーヒーの消費量が日本一の街。道を歩けば、たくさんのお店に次々と出会えます。

京都は、パンとコーヒーの消費量が日本一の街。道を歩けば、たくさんのお店に次々と出会えます。

消費者にとってはうれしいですが、経営者からすれば、超がつくほどの激戦区。そんな中、清水寺の近くという観光地にオープンした『loose kyoto』は、観光客だけでなく、多くの常連さんで賑わいます。

「僕たちの付加価値、それは人だと思います」。真っすぐな目で、梅田さんは話してくれました。

「僕は以前、他のコーヒー店で店長を務めていました。コーヒー店は、どのお店も本当にこだわりを持っていますし、おいしいものを出せて当たり前の場所。だからこそ、そこにどんな付加価値をつけられるかで、きっとコーヒーの味も変わってくると考えているんです」。

「僕たちの付加価値、それは人だと思います」。真っすぐな目で、梅田さんは話してくれました。

「僕たちが言われたらうれしいな、やってもらったらありがたいな、ということを実践するようにしています。お客様への元気な挨拶は、そのひとつですね。もちろん一番は『おいしいね』と喜んでいただくこと。ただ、おいしいドーナツとコーヒーを提供するのは大前提として、『また来たいな』と言っていただける場所にしていきたいです」。

「観光のついでに立ち寄ろう」ではなく、「コーヒーとドーナツがおいしい『loose kyoto』に行こう!」と、お客様に選んでいただけるように。

「観光のついでに立ち寄ろう」ではなく、「コーヒーとドーナツがおいしい『loose kyoto』に行こう!」と、お客様に選んでいただけるように。そしていずれは、二号店、三号店と、お店を拡大していきたいと梅田さん。

「こんにちは!」「今日も良い日を!」そんな気持ちのいい挨拶が、京都中に響く日も、きっと近いかもしれませんね。

 

  • ■お店情報
  • loose kyoto(ルースキョウト)
  • 住所:京都府京都市東山区清水4丁目163-6
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 定休日:不定休
  • Instagram:https://www.instagram.com/loosekyoto/

 

■一緒に読みたい記事

前日の23時から仕込み開始!自由でこだわりが詰まった京都東寺『KANOA bakery』

メニューはドリンクとカヌレのみ。コーヒーバリスタが開いたカフェ 京都『here』

三姉妹で亡き父のお店をリニューアルオープン!毎日通いたくなるパン屋さん。京都『Nitta Bakery』

相性抜群!揚げたてドーナツと、自家焙煎コーヒー。京都・東山『loose kyoto』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
PAGE TOP