シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • FOOD
  • レーズンとシナモンが大人味!食事にぴったりなりんごのソテー

FOOD

レーズンとシナモンが大人味!食事にぴったりなりんごのソテー

Pocket

レーズンとシナモンが大人味!食事にぴったりなりんごのソテー

秋から春頃までスーパーでよく見かけるりんご。私たち日本人にとって身近な果物ですが、フランスでも人気とのこと。フランスで一番消費されている果物なんて言われているそうです。フランス人の大好きなスイーツであるタルト・タタンやタルト・オ・ポムもりんごを使ったものですし、シードルやカルヴァドスもりんごのお酒です。フランス料理でお肉の付け合わせでりんごのソテーが添えてあることも。

日本ではデザートとして生で食べることの多いりんごですが、フランスでは手を加えることでスイーツや料理、お酒など様々なかたちで食卓にりんごが登場するのです。

これはぜひ我が家の食卓にもりんごを!と思い、料理研究家の口尾さんに、りんごのレシピをお願いしました。今回は付け合せにもぴったりなりんごのソテーを教えてもらいました。

 

レーズンとシナモン風味のりんごソテーの作り方

01 - コピー

  • 【材料】(2人分)
  • りんご:1個
    レーズン:大さじ1~2 ※事前に水に漬けてふやかしておくと、さらにひと手間で◎。
  • バター:15g
  • 砂糖:大さじ2~3
    レモン汁:大さじ1/2
  • シナモンパウダー(仕上げ用):適量

【作り方】

1.りんごを切ります。

02 - コピー

03 - コピーリンゴは皮をむき、食べやすい大きさに切ります。あまり細かすぎるとすぐにジャム状になってしまうので、大きめの乱切りにします。

 

2. フライパンにバターを溶かします。

04 - コピー

3.切ったりんごをフライパンに入れ、炒めます。

05 - コピー

4.残りの材料を入れ、さらに炒めます。

07 - コピー

5.りんごに火が通ってきたら、火を止めます。

08 - コピー
りんごの角が丸くなり、半透明になってきたところが火を止めるタイミングです。

6.器に盛り、シナモンパウダーをふれば完成です。

09 - コピーシナモンパウダーではなくシナモンスティックを使う場合は、一緒に炒めてください。お皿に盛った後、レモンをしぼってもおいしいですよ。

 

そのまま食べてもよし、付け合わせや具材にしても!

フランス風にポークやチキンのソテーの付け合わせにすれば、グンとおしゃれなディナーになります。グラノーラやヨーグルト、アイスクリームなどとも相性抜群ですのでスイーツとしても◎。パイ生地に載せて焼けばアップルパイになりますし、春巻きの皮に巻いて揚げてもおいしいですよ。レーズンを入れてちょっと大人の味付けにしているので、チーズとワインともぴったり。

010 - コピー

ソテーにすればちょっと古くなったりんごでもOKなので、たくさんもらって飽きてきたなという時にもいいですね。

デザートとしても、食事の付け合わせにしても、お酒とも合うという、まさに万能なりんごのソテーです。

レーズンとシナモンが大人味!食事にぴったりなりんごのソテー

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
Gaspard et Lisa COLLECTION 毎日の暮らしを彩る、おしゃれかわいいグッズをご紹介します。
PAGE TOP