シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”
  • HOME
  • BREAD
  • 昭和な食パン専門店、西荻窪『進藤製パン』の毎日食べたくなる絶品食パン

BREAD

昭和な食パン専門店、西荻窪『進藤製パン』の毎日食べたくなる絶品食パン

Pocket

昭和な食パン専門店、西荻窪『進藤製パン』の毎日食べたくなる絶品食パン

2018年5月、中央線のパン激戦区・西荻窪に新しいパン屋さんが登場しました。その名も『進藤製パン』。昭和から続く老舗かと思ったら、実は若き店主が初めてオープンした食パン専門店なのです。オープンして1年が経ち、すでに街に溶け込んでいるというこちらのお店では、どんなパンがいただけるのでしょうか?店主の進藤さんにお話を伺ってきました!

 

カメラ屋さんからクラフトビール店、そしてパン職人へ!

西荻窪『進藤製パン』の外観赤白のオーニングがかわいい

西荻窪駅を出て、メインストリートの通称「バス通り」を北へ数分、人気の精肉店やハム専門店を通り過ぎると赤と白のひさしが見えてきます。そこが今回の目的地『進藤製パン』。

どこかノスタルジックな佇まいのお店に入ると、食パンのよい香りがスッと鼻を抜けていきました。目の前には、数種類の食パンにジャムなどが所狭しと並んでいます。取材中もひっきりなしにお客さんが訪れていました。

西荻窪『進藤瀬パン』の店主・進藤さん店主の進藤恵介さん

西荻窪は、雑誌でも特集が組まれるほどパンの名店ぞろい。なぜ、わざわざこの土地にお店をオープンしようと思ったのでしょうか?

「僕の地元も近く、好きな街であることはもちろん、西荻窪はちょうどよい場所なんですよね。各駅停車しか止まらない小さな街ながら、人口も多く住宅街として成熟しています。だからこそパンが売れる街だと思ったんです」と語る店主の進藤さんは、もともとカメラ屋やクラフトビールのお店をやっていたという異色の経歴の持ち主。

ビールが大好きでクラフトビールを提供するお店に転職した進藤さん。そこで「専門性の高い分野はやっぱり強い」と感じ、毎日の食卓に欠かせないパン、その中でも朝食の定番食パンにフォーカスしたお店をオープンすることを決意します。大好きなビールと食パン、どちらも小麦と酵母から作られるもの…。これは偶然なのでしょうか!?

 

子どもも虜になる耳まで柔らかい食パン

西荻窪『進藤瀬パン』の店内に並ぶジャムやタパス産地に関係なく、おいしいジャムやオーガニックソーダが勢ぞろい

それまでは全くパン作りをしたことがなかった進藤さん。パン屋をオープンするにあたり、パンプロデューサーの岸本拓也さんの門を叩きます。岸本さんといえば、PARISmagでもご紹介した『考えた人すごいわ』など、数々の名店をプロデュースしてきた手腕の持ち主。

西荻窪『進藤瀬パン』の食パンレーズン食パン(上左)、フランス食パン(上右)、進藤食パン(中)、バナナ食パン(下)

岸本さんとともに試行錯誤して作り上げたシンボル的食パン「進藤食パン」は耳まで柔らかく、ミルキーな口どけが特徴です。低温でじっくりと発酵させた生地を、低温でじっくりと焼き上げます。高温で焼くと水分は保てますが耳にしっかりと焼き目がついてしまいますし、低温すぎると生地の水分が抜けてしまいしっとり感がなくなってしまいます。耳も柔らかく、しっとり感を保つためには絶妙な温度と時間のバランスが必要なのです。その割合はもちろん企業秘密!

食パンをスライスしている様子食パンは購入時にスライスしてもらえます

「うちのパンはお子さんが食べやすいパンを目指しています。安心して食べていただけるよう食材にもこだわって作っています。子どもはお腹が空くと機嫌が悪くなったり、我慢ができなかったりするじゃないですか(笑)。そんなときに、さっと食パンを食べてもらえたらいいかなと思って、子どもが食べやすいよう耳を柔らかくしたんです。親御さんにちょっと楽をしてもらえたらうれしいですね」と進藤さん。

実際にお店にいらっしゃったお客さんにお話を聞いてみると、「子どもがこのパンじゃないと嫌だ」と言うようになったとのこと。もちろん大人にも大人気の「進藤食パン」。なんとパン嫌いだったという男性が常連さんになってくれたのだそう!『進藤製パン』のファンは、性別年齢問わず幅広いのです。

 

シーンに合わせて食べ方を変える食卓の名バイプレーヤー

西荻窪『進藤製パン』の食パン

お店の人気ベスト3は、1位「進藤食パン」、2位「レーズン食パン」、3位「フランス食パン」。

「進藤食パン」は生で食べるのが一番おいしいもちもち食感のいわゆる生食パン。トーストすると甘みが増して、バターとの相性が抜群です。「レーズン食パン」はブドウ本来の酸味や香りが楽しめるサルタナレーズンを使った芳醇な味わい。そのままでも、トーストしてもそれぞれ異なった風味と食感を楽しむことができます。

「フランス食パン」はリスドールというフランスパンでよく使われる小麦粉を使った食パン。「進藤食パン」に比べ、香ばしく軽い味わいが特徴です。朝はトースト、昼はサンドウィッチ、夜は料理のお供にオリーブ油を添えて、お食事パンとして1日中活躍してくれます。フランス食パンは意外にも女性に人気なのだそうですよ。

限定食パンこの日は「サンマスカットレーズン食パン」も限定販売していました

店内に並ぶワインの相棒・メゾンヴォワールの商品ワインの相棒・メゾンヴォワールの商品がこんなに!

そして『進藤製パン』にはジャムやタパスなど、パンのお供も豊富。「ビール好きだからおつまみ系を置きたくなっちゃうんです(笑)」という進藤さんですが、物産展などで試食して納得した商品を取り寄せているのだそう。

西荻窪『進藤製パン』のミルククリーム懐かしい味わいのミルククリーム

また、『進藤製パン』で人気なのが自家製の「ミルククリーム」。もともとプレオープン時のノベルティとして作ったクリームですが、お客さんから「商品化してほしい!」とたくさんの声があったので定番商品として発売されたのです。ミルクのコクと、香りがトーストしたパンにベストマッチ。

西荻窪『進藤製パン』の外観

懐かしい雰囲気の『進藤製パン』。「最近のパン屋さんはおしゃれ過ぎませんか?もっと敷居を低くして誰でも入りやすいお店にしたかったので『進藤製パン』と昔ながらの名前にしました」と進藤さん。

フレンドリーな人柄でありながら、店名の「製」に職人ならではの頑固さも感じます。オープンして1年と少しですが、すでに西荻窪の皆さんにとってなくてはならない存在になっているようです。ぜひ、『進藤製パン』の食パンで毎日の食卓を彩ってみませんか?

 

  • ■お店情報
  • 進藤製パンhttps://www.instagram.com/shindo.seipan/
  • 住所:東京都杉並区西荻北2-26-4 1F
  • 営業時間:10:00〜20:00(水曜日のみ13:00〜)※食パンが売り切れ次第閉店
  • 定休日:日・月曜日

 

■一緒に読みたい記事

ビストロから始まったベーグルのお店・西荻窪『ポム・ド・テール』

パリにいても食べたくなる!西荻窪『オーケストラ』のカレーライス

並んででも食べたいパンがある。『考えた人すごいわ』の絶品食パン

21783
昭和な食パン専門店、西荻窪『進藤製パン』の毎日食べたくなる絶品食パン

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PAGE TOP