シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • BREAD
  • 本格派フレンチサンドをカフェで気軽に。原宿『レフェクトワール』

BREAD

本格派フレンチサンドをカフェで気軽に。原宿『レフェクトワール』

tags : ,
Pocket

本格派フレンチサンドをカフェで気軽に。原宿『レフェクトワール』

明治通り沿い、1階にメンズブランド『タケオキクチ』の入ったビルの階段を上がると現れる、静かな空間。

01

オーナーが海外から取り寄せたアンティークの家具が並び、パリの食堂を思わせます。

03

座席からは清潔に整えられた厨房が見え、ホワイトのユニフォームがまぶしいスタッフさんがキビキビ働く様子が伺えます。

02

京都の人気ブーランジュリー『ル・プチメック』のパンを使ったサンドイッチが食べられる“食堂”として2012年にオープン。元フレンチシェフだったオーナー・西山逸成さんの夢であった「フレンチを気軽に楽しめるファミレスを開きたい」を形にしたお店だそうです。

 

具材によってふさわしいパンを選ぶこだわり

04

フレッシュな野菜たっぷりのニース風サラダが花畑のように盛られた、彩り豊かな「タルティーヌ・ニソワーズ」。乙女心がくすぐられてしまう愛らしい見た目に反して、ベースのパンはどっしりした食感が楽しめるセレアル。ほのかに酸味の効いた生地が、強い存在感を放ちつつも、サラダの魅力を引き立てています。
供されるナイフは刃先が波型になったパンナイフなのも魅力。ハード系のパンでも小さく切りやすいので、女性も楽に食べられます。

05

「アボカド・オマールエビ・カニ・ブロッコリーの冷製サンドイッチ」や、「タルティーヌ・ローストビーフ・フルムダンベールソース」も人気なのだとか。

「アボカド・オマールエビ・カニ・ブロッコリーの冷製サンドイッチ」は「パン・ド・ミ」、「タルティーヌ・ローストビーフ・フルムダンベールソース」は、「パン・オ・ルヴァン」など、それぞれの具材にふさわしいパンを選んで提供しているのも、パン屋さんならではのこだわり。

06

サンドイッチとして食べた時に具と馴染み、独特の“サクみ”のあるパンは、「ル・プチメック」のレシピにアレンジを加え、サクッとした歯切れの良いパンに仕上げたオリジナル。他ではお目にかかれないほど完成度が高いメニューを気軽に楽しめるのはカフェならでは。「作り置きのサンドイッチだとお肉やパンが硬くなってしまったり、水分が抜けたりしますが、当店ではフレッシュな状態で楽しんでいただけます」と店長。作りたてのおいしさをそのまま味わえるのもうれしいですね。

 

カフェとしての居心地の良さも

07

カフェタイムにコーヒーと一緒に楽しめるよう、フルーツが乗ったデニッシュや、タルト、クリームをたっぷり絞った「パン・ア・ラ・クレーム」など甘めのパンも充実。なかでも一番の人気は「フレンチトースト」。卵を吸ったふわふわの「パン・ド・ミ」の食感とほどよい甘みがウケているのだそう。ボリューミーなので少し遅めのランチにもおすすめです。

08

常連さんには、サンドイッチ片手に仕事の打ち合わせをする忙しいビジネスマンや、電源コンセント目当てのノマドワーカーも多数。素早く食べられるうえにおいしいので、舌の肥えたお客さんも満足して店を後にするのだそうです。

09

オーナー同士が仲が良いという、『Romi-Unie』のコンフィチュールも豊富に揃っています。パンはテイクアウトも可能なので、一緒に買って帰るお客さんも多いとか。
ワインやビールなどお酒も揃うので、昼下がりにサンドイッチやパンと味わう優雅な休日も叶います。

 

「ル・プチメック」のバゲットの味に惚れ込んで

店長の津田愛子さんは、シンプルな素材で作るのに「粉の甘み」を楽しめる『ル・プチメック』のバゲットの味に惚れ込み、職人として『ル・プチメック新宿店』を長年支えて来ました。そのキャリアが認められ、オーナーから新しくオープンする『レフェクトワール』の店長を任されたのだそう。

010店長の津田愛子さん(左)スタッフさんも一緒に

津田さんは、『ル・プチメック』が東京に進出してからずっと勤めているそうで、それでもその実力に溺れずものづくりに真摯に向き合う姿にスタッフさんたちも刺激を受けているのだとか。

「フレンチの味をリーズナブルに楽しんで欲しい」
というオーナーの思いを受け継ぎ、今日も絵画のように美しいサンドイッチを作り上げています。

本格派フレンチサンドをカフェで気軽に。原宿『レフェクトワール』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PAGE TOP