シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • PARIS
  • パリの空に気球!?上空300Mから街を一望できる穴場アトラクション

PARIS

パリの空に気球!?上空300mから街を一望できる穴場アトラクション

Pocket

パリの空に気球!?上空300mから街を一望できる穴場アトラクション

みなさん、パリに気球があるということをご存知でしょうか?

__01

その気球は、パリ15区の端の方にある地元パリっ子が集まる憩いの場所「アンドレ・シトロエン公園」にあります。パリを360度見渡せる気球です。

 

穴場エリアパリ15区にある気球

__02

パリ15区というのは、エッフェル塔がある区の南側に広がる大きな区。日本人のパリ在住者が最も多い区のひとつでもあるのですが、観光に訪れるようなモニュメントはないためガイドブックなどで取り上げられることはあまりありません。

__03

だけど、そんな15区にある気球は、パリの景色が一望できる空中散歩が楽しめ、パリっ子にも愛されている人気のアトラクションなのです。

__04

「Ballon de Paris(バロン・ドゥ・パリ)」という名前で、1999年のスタート以来、これまで50万人以上を乗せてきています。

__04+

気球は地上とワイヤーでつながれていて、通常は150mの高さまで上がり、お天気のいい日の朝はなんと300mまで上がるのです。

 

パリの空の状況によって色が変化!?

__05

パリの空の汚染状況によって、気球に描かれたモニュメントと車のイラストの色が変わるようになっていて、一番きれいなときは緑、汚染状況がひどいときは赤、その中間が黄色に変わります。上の写真でパリのモニュメントのイラストが緑色になっているのがわかりますよね。ただいま夏休みバカンスまっただ中のパリは、人も車も少なくなっていることもあり毎日きれいな空。というわけで、緑の日が続いています♪(できれば赤いときは乗りたくないのだけれど…!)

__06

この気球、私が住んでいるアパルトマンのテラスから見えるので、我が家からも毎日パリの空の汚染状況がわかるのです♪

 

狙い目は風の穏やかな日

ちなみに、ちょっとの風でも運行中止になってしまう気球なので、チケット売り場に並んでいても、風が吹き始めると長い間待たされるということもしばしば。できる限り穏やかな日に行くのがおすすめです。

__07

普段は割と空いている穴場スポットですが、混雑時はディズニーランドのアトラクションのように並ぶので、朝早めとか、夕方以降とか時間をずらしていくのがいいですよ!(ちなみについ先日行った時は2時間待ちでした!)

 

  • ■アトラクション情報
  • Ballon de Paris(バロン・ドゥ・パリ)
  • 住所:Parc André Citroen/Quai Andre Citroen 75015(地図
  • 電話:01 4426 2000
  • 休日:天候による
  • 営業時間:9時〜閉園30分前まで
  • 料金:大人12ユーロ、こども(11歳以下)6ユーロ

 

■一緒に読みたい記事

今年は9月まで!コンコルド広場の観覧車から季節の移り変わりを一望!:【とのまりこのパリライフ!】

夏だけの風物詩!パリの真ん中に現れる巨大移動遊園地:【とのまりこのパリライフ!】

パリの町並みを360°一望!凱旋門は隠れた穴場展望台:【とのまりこのパリライフ!】

パリの空に気球!?上空300mから街を一望できる穴場アトラクション

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
PAGE TOP